【NTR漫画】【BSS】隣から聞こえるあの子のえっちな接客 【こんがりオーブン】

【BSS】隣から聞こえるあの子のえっちな接客 画像1
【BSS】隣から聞こえるあの子のえっちな接客 画像2
【BSS】隣から聞こえるあの子のえっちな接客 画像3
【BSS】隣から聞こえるあの子のえっちな接客 画像4

とある学園の文化祭。クラスの出し物は「耳かき屋」に決まった。 教室の中をカーテンで区切って…男性客に女子生徒が一対一の接客。 いかがわしさの漂うその出し物は、 文化祭が始まると…風俗に変貌した。 「クラスの女子が盛り上がっちゃって…文化祭だし」 「密室に男女二人きりだから…しょうがないよね」 聞くと、いつも優しいあの子も接客当番があるという。 あの子はそんなことしない、ただ普通に耳かきするだけだ… 翌日。その子が接客を担当する日がやってきた。 その子の待つカーテンの向こうへ案内される知らない男性客と、あろうことかその隣の部屋へ案内される僕。 そして、隣の部屋から僕の耳に届いたのは、体液が跳ねる音、早い呼吸音、微かな喘ぎ声… 「あの子のこと好きなんだ?」 「隣は楽しそうだね、でもこっちも楽しいもんね?好きな子のあえぎ声聞きながらのおち○ぽシコシコ♪」 クラスメイトが、僕のチ○ポを上下に擦りながら、耳元で囁く。 カーテンの向こうで揺れる人影。あの子が他の男のチ○ポを口に咥える音が耳に届く。 その音を聞きながら、耳元でわざと欲情するような言葉を囁かれながら、僕は無様に射精する。 全33ページ (表紙1ページ、本文32ページ)

FANZA

WEB SERVICE BY FANZA