【NTR漫画】窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 【サゲジョー】

窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像1
窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像2
窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像3
窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像4
窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像5
窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像6
窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像7
窓の椿-保護者だったはずの私はいま隣の子とスケベに身体を重ね合っている- 画像8

「ゆうとくん、ちゃんとご飯食べてる?お弁当作ってあげようか?」 18歳の『ゆうと』と人妻『水野つばき』 二人の家の窓はとても『密接』しており、二人はいつも窓越しに会話していた 子供がいない『つばき』にとって父子家庭の『ゆうと』は無垢でかわいい自分の子供のような存在 一方、『ゆうと』は優しい彼女が時折見せる無防備な一面に密かに欲情をつのらせていた ある日…また無防備な姿を見せられた『ゆうと』の我慢が限界に達する 『つばき』は断り切れず、彼に見せつけられた大きなモノに驚きながら、そのなめらかな口で『ゆうと』の性処理をしてしまう 「一回だけだよ…」 その後、艶めかしい舌使いを思い出しては気持ちがおさまらない『ゆうと』… そんな深夜、隣の家から聞こえてきたのは彼女のいやらしい喘ぎ声だった… 「お願い…カーテン閉めて…見られちゃう…」 「みないで…ゆうとくんっ…」 そして翌日の夕暮れ時…『ゆうと』は夫とのSEXを結果的に見せつけてしまった『つばき』の罪悪感を利用し 半ば強引に『つばき』の唇を奪い、ついにそのまま一線を超えてしまう 『つばき』は一度きりだと言い聞かせるが、夫より若くて大きい『ゆうと』の執着と身体が忘れられない 葛藤がありながらも『ゆうと』のオスとしての魅力に徐々に取り憑かれ、スケベなメスへと堕ちていく… 子供だったはず『ゆうと』と 保護者だったはずの『つばき』 二人の激しくドスケベな秘密の中出しSEXが始まる… 「ゆうとくん…もう子供じゃないんだ」 「私…保護者なんかじゃなかった…ゆうと専用の『メス』なんだ」 ※本作品は人妻との浮気・寝取りからの『いちゃラブ』ものです 「竿役がヒロインを脅す、邪険に扱う」「夫側が寝取られるのを目撃する」などのいわゆる『寝取られ』シーンはありません ———————— ■表紙の文字あり、文字なしVer. ■本文 29P ■画像サイズ:1033×1600 ■ファイル形式 ・JPEG版2種 ⇒PC表示に便利な見開きVer.、スマホ、タブレットに便利な単一ページVer.) ・PDF(単一ページVer) ■パイパン差分+眼鏡差分付 ・各JPEG版2種、PDF同梱 ———————— 著者Twitter:@sagejoh

FANZA

WEB SERVICE BY FANZA