巨根で人妻を孕ませ堕胎させる男と妻の食事会

午後8時から11時までの3時間。

妻とKがホテルに入っていた時間です。

出張中、ということになっていた私は、ホテルのそばの喫茶店でまんじりともせず、妻達が出てくるのを待っていたのでした。

手を引かれ、妻がホテルに入ったとき、あんな約束をするのではなかったと後悔しましたが、後の祭りでした。

3時間は気が遠くなるほど長い時間でした。

待っている間中、妻が蹂躙される姿が浮かんできて胸が苦しくなりました。

同時に興奮している自分がいました。

身長が190センチ近く、アメリカンフットボールをやっていた筋肉質のKの体に押しつぶされそうになって犯される華奢な妻。

「子持ちの人妻でないと入らない」と豪語していた巨大なペニスが妻の膣を貫きえぐる。

「人の奥さんを貪り尽くすのがたまらん」

彼から何度も聞いた武勇伝と同じように私の妻が貪られているのか・・・

「一度ホテルに連れ込んだら穴という穴を楽しむんだよ」

「人妻とのディープキス、唾液交換がたまらんよ。俺の唾液を口に、精液を膣に送り込むと征服欲が満たされるんだよな」

「気持ちいいのはローションプレイ。夫とはほとんど経験ない人妻ばかりだしね。恥ずかしがりながらすごい興奮してるんだよね」

「中出ししたあとは必ずひざを抱えて鏡の前で開帳させるんだよ。我ながらものすごい量のザーメンが奥さんの膣から流れ出てくるのは興奮するぜ。奥さん達にも牝が牡にやられた痕跡をハッキリ見せて、お前は俺のものだ、と分からせることができるしね」

「ホテルにあるゴムは俺のには入らんし、生が好きなんだよね。しかしそろそろ考えないと孕ませたのもとうとう二桁になったよ。産んでくれる分にはいいけど、たいがい中絶だし、あまり気持ちいいもんではないよな」

「一度寝た女はだいたいモノになるね」

日頃聞いていたKの言葉が頭をぐるぐるとよぎっていました。

「奥さんを食事に誘ってホテルについてきたら好きにしていいよな」

「秋絵はそんな女じゃないよ。やれるもんならやってみな」

「よし、俺は本気だからな。知らないぞ、奥さんが俺の子を孕んでも。じゃぁ、今度の金曜日、お前は出張ということにしてもらおう。木曜日に奥さんに電話してお前に渡したいものがあるから、と会う約束を取るからそれは許可してやってくれ」

「ああ、いいよ。食事ぐらいは付き合うかもしれんが、それから先はありえないから」

「成功したら中出しを拭かせないまま家に帰すから」

「何言ってんだ」

売り言葉に買い言葉であんなことを言ったために妻がけだものに犯されてしまった。

心配なのは、身も心も奪われてないかということだ・・・

ビジネスホテルにいた私にKから連絡が入ったのは0時前でした。

「・・・・俺だけど。お前、予定どおり待ち合わせ場所から監視してたの?」

「・・・・」

実際は一部始終を見届けていました。

しかし、妻がKに陥落した事実はショックで、悔しくて、悔しい思いを見透かされたくない気持ちもあり、Kに正直に話ができなかった。

「いや、結局、行かなかったんだよ」

「そうか。じゃぁ俺も細かいことは話しないよ。奥さんとは会ったけど。

まぁ、一言だけ言えば、奥さんのおかげで、最高の「ディナー」が楽しめたよ」

「そうか。それだけで終わったのか?」

「ああ。その代わり、フルコースに3時間以上付き合ってもらったよ。いやぁ、ほんと、うまかったよ。もう最高。奥さんもすごく喜んでいたしね。お前には申し訳ないと言っていたがね。でも俺はまた食べたいなぁ。奥さんにそう伝えておいてくれ」

Kは本気で私が知らないと思ったのか、そんな言い方をした。

いや、もしかして私が監視していたのを知っていて、わざとそんな言い方をしたのか?

事実を知っている私には、余計にこたえるKの言葉だった。奥さんも喜んでいた、だって?

秋絵も喜んでいた?私に申し訳ない、だって?私の脳裏には背徳行為に罪悪感を抱きながらも、Kに体を捧げ、蹂躙される妻の姿が浮かんだ。

狂おしくなり、今すぐにも妻に確認したい衝動に駆られたが、電話するには不自然な時間であり断念した。明日の夜、帰宅したら、今日のことを妻に聞いてみよう。

どんな答えが返ってくるだろうか?

そして秋絵にとってKはどういう存在になってしまったのか・・・・?

やりきれない思いと、歪んだ興奮が収まらなかった。

カラカラになった喉を水でうるおしたあと、とても眠れなかったので、気を紛らわそうとホテルのテレビをつけた。

すると、アダルトチャンネルでさわりの試聴だけ無料のチャンネルがついた。

よりによって人妻もの、しかも「旦那以外に中出しされて悶絶する人妻達?」というフレーズに、思わずビデオカードを買ってきて続きを見た。

そしてKに犯される妻の姿を重ねながら3時間ほど見入って3度も自分を慰めた。

朝方にようやく眠ったが眠りが浅く、夢にまで妻とKが出てきた。

浴室で恋人同士のようにいちゃいちゃしながら女らしいくびれた体をKに手洗いされる妻。

乳首を立たせて色白の体をピンクに紅潮させ、顔を上に上げて長身のKに口を吸われている。

Kは妻にディープキスしながら、ぬるぬると妻をなでている。

片手は乳房を持ち上げるように、もう片手は妻の恥丘をいやらしくなでている。

妻がすっかりKに心許している様子に、悔しい思いと敗北感がいっぱいになる。

そして妻はひざまづいて、いとおしそうにKの巨大なペニスを舐める。

小さな口を精一杯あけて、ペニスを咥える。

最も太いカリの部分は入らないのではないかと思うぐらい太い。

それでもなんとか咥えてのど奥まで入れる。

その必死さは強い牡に奉仕する牝そのものだ。

いつまでも射精しないKにあきれるような目をした妻がペニスから口を離したシーンで目が覚めた。

「夢か・・・・」

はっきりしている事実は妻とKがホテルに入ったということ。

その中で何があったのか聞いたわけではない。

しかし何かあったのか、分からないところがいろんな妄想を掻き立てる。

10時にチェックアウトした。

しかし出張から帰る予定は夕方といってあったので時間があった。

今頃妻はどうしているだろう?

電話してみようか・・・・

しかし仕事をしているはずの時間に電話するのもおかしいので、12時すぎてから電話をすることにした・・・

喫茶店で妻のことを考えながら待ち、ようやく12時になったので、妻に電話をしようとした、その時、逆に妻から電話があった。

秋絵「秋絵です。今、電話大丈夫?」

私「ああ」

秋絵「今日は何時ごろに帰ってくるの?夕食は用意していいんだよね?」

私「そうだね。7時ごろになるかな」

秋絵「分かりました。じゃぁ夕食作って待ってるから」

私「うん。ところで・・・・昨日はKと会えたって?」

秋絵「えっ、あっ、はい、予定どおり・・・・」

妻が動揺しているのが分かった。

私「Kから連絡があったよ。夕食に付き合ってもらった、ってね。お前に付き合ってもらってすごく喜んでいたよ。お前も喜んでたとか言ってたけど」

秋絵「えっ、そんなこと・・・・でも、夕食にお付き合いした。ごめんね」

私「夕食だけだったらいいけど・・・・口説かれたとか?」

秋絵「いえっ、そんなことは・・・・」

私「でも何か動揺してるんじゃない?それに遅くなったんだって?」

秋絵「ごめんね。心配しちゃうよね。でも大丈夫だから。お食事しただけよ。変なこと言わないで。午後もお仕事でしょ?東京に着いたころ電話してね」

私「分かった」

妻はそそくさと電話を切った。突っ込んで聞けなかった。

帰宅して探るしかない。

でも妻はきっと隠すだろう。

ホテルで何があったのか、知りたければ、やはり、Kに聞くしかない。

確信に触れるのが怖くて、昨日は聞けなかったが、やはり聞いてみようと、Kに電話することにした。

私「今、電話いい?」

K「いいよ」

私「昨日のこと、やっぱり気になってさ。夕方ちょっと会えないか?」

K「仕方ないな。じゃぁ、お前のうちの最寄り駅でいいよ。6時でどうだ」

私「わかった」

Kと約束したあと、私はビデオボックスに入り、また人妻物を借りて自分を慰めてしまった。

子持ちの美人妻が、セックスレスからナンパ男に口説かれて、最期は中出しされる、という内容に、またも妻を重ねていた。

確かに私も妻とはセックスレスだった。

子供がいてそういう行為をしにくいというのもあるし、いつのまにか子供の母親としてしか見なくなっていたのかもしれない。

妻は30半ばだが、今でも綺麗にしていて大学生ぐらいからナンパもされるぐらいだ。

今思えば、妻は女を捨てたくない、というオーラを出していたと思う。

そこにKの魔の手が伸びたのだ。

6時になり、Kに会った。

改札で待っていると、先に来ていたのか、後ろから声をかけられた。

K「よう」

私「先に来てたのか?」

K「そうね。実はさっきまでこの近くの人妻の自宅でねっとりとしたプレイを楽しんでたんだよ。えーっと・・・・5時間ぐらいね」

私「この駅にもお前の餌食になっている人妻がいるんだ」

K「そうね。どんなプレイか、教えてやろうか」

昨日の話を聞きたかったが、興味もあってKの話を聞くことにした。

内容は・・・さっき見たAVの比ではない、ディープな内容だった。

唾液フェチのKらしく、最初の1時間は人妻の体を触りながら、ひたすらディープキスと唾液交換をする。

ディープキスというのは人妻にとって、かなり背徳感を伴うものらしく、夫や子供に後ろめたい思いを引きずりながら溶けていく人妻の姿がたまらないらしい。

夫とはきっと、淡白なセックスだろう。

それが夫でもない男の、唾液という体液を自分の体に受け入れて沁み込ませてゆく。

心まで犯されるという点で、人妻の夫にとっては、こんな屈辱的なことはないだろう。

そして次の1時間はひたすら彼のペニスをなめさせ、奉仕を求める。

Kはそれを、本当の主人は誰かを分からせる行為だ、という。

夫とは比較にならない巨根をなめさせることで、本物のオスはどんなものかを知らしめるという。

その後は人妻の穴という穴を蹂躙し、何度も人妻をいかせ、愛液と、汗と、涙でぐちゃぐちゃになった最後の仕上げに、安全日であろうが、なかろうが、人妻の承諾を得た上で膣内射精する。

人の数倍の量と濃度だという濃い牡汁を、ペニスで子宮をこじあけるようにして射出するという。

今日は特に元気だったとかで、さらにその後、浣腸できれいにしてある人妻のアナル奥で射精し、終えたという。

子供の母親でもある人妻が、失神し、無残にも膣とアナルからおびただしい量の、夫以外の子種を太ももに垂らす姿が最高だった、と自慢げに言った。

・・・もし秋絵がそんな目にあったら・・・・しゃれにならないと思いながら、興奮を覚えている自分がいた。

K「・・・・旦那への置き土産として、寝室に干してあった奥さんのパンティで奥さんの中から出てきた俺の体液を拭いて、また戻しておいたよ。そういうわけで俺は今、心地よい満足に包まれているというわけだ。それで、昨日の夜のこと聞きたいって?」

私「あぁ。食事だけじゃなかったんだろ?」

K「ふふっ。そんなに心配なら、奥さんに聞けば?俺は言わないよ」

もう7時をすぎたこともあり、Kから聞き出すことは断念し、帰宅することにした。

「ただいま」

「おかえりなさーい」

キッチンから妻の声。

いつもの玄関。

いつもの家のにおい。

平穏な土曜日の夕方、である。

リビングに入ると妻と目が合った。

少し疲れている様子だが、変わった様子はない。

ただ、男と寝た妻、と思うからか、いつもは気がつかない、女の、いや、牝の色気を感じた。

秋絵「ごめんね。作り始めるのが少し遅くなったから先にシャワーでも浴びててね」

私「うん。そうするよ」

普段と変わらない様子に、昨日の夜、妻がKと会い、Kとホテルに入ったことが錯覚か?とさえ思えてくる。

しかし、妻は確かにKとホテルに入ったのだ。

悶々とした気持ちのまま、浴室に向かった。

昨日の証拠がどこかにないか?考えながらシャワーを浴びた。

携帯電話の着信とか、メールが見たい。

しかし、妻に見つからないように見るチャンスがあるかどうか・・・・

シャワーを浴びた後、リビングのテーブルに座った。

私「悠斗は?」

秋絵「あの子はお友達のところ。その子のお父さんにドライブに連れていってもらっているの。もうすぐ帰ってくると思う」

私「そうか。ところで昨日、Kから預かった資料は?」

秋絵「リビングに置いてます」

私「ありがとう」

少し妻と私の間に緊張感が漂った。

妻はきっと昨日のことに触れて欲しくないのだ。

ここで問い詰めては、かえって隠してしまい、聞き出せないような気がした。

問い詰めたい気持ちいっぱいだったが冷静に聞きだす自信もなく、我慢して、もう少し様子を見ることにした。

私「今日はどうしてたの?」

食事をしながら妻に尋ねた。

秋絵「ちょっと体調が悪かったから、家のことをした後、休んでた」

私「そうか。大丈夫?」

秋絵「うん。心配かけてごめんね」

その後、子供が帰ってきた。

子供の世話をするときの妻は全く「ママ」の顔だ。

この「綺麗なママ」が他の男の肉棒に貫かれ、歓喜の声をあげて、男の体液が体内に注がれるのを許してしまったのだろうか?

それはあまりにも日常から想像しにくいが、背徳的で、妖しい興奮を誘うシーンだ。

結局その日は手がかりをつかめないまま、寝ることになった。

疲れているから、と妻はすぐに休んでしまい(休んだふりかもしれないが)、私自身も、昨日からの疲れですぐに眠りについた。

しかし、また夢を見た。

妻とKの夢だ。

・・・・・・妻とKがベッドの上でキスをしている。

しかも、妻が上になっており、妻がKの口を吸うようなキスだった。

妻がうっとりとした表情で、Kの舌に自分の舌をからめている。

しばらく妻にまかせてじっとしていたKが両手で妻の尻を掴み、妻の膣を開く。

そのすぐ下には貞淑な人妻達を淫乱な牝に狂わせてきた太い怒張が青筋をたてて妻の生殖器を狙っている。

許されない交わりなのに、妻のそこからは愛液がとめどなく流れ、迎え入れる準備を整えている。

Kは自分の生殖器を妻の入り口に当てる。

亀頭の先はすでに妻の粘膜に触れている妻「あっ、それは・・・・」

K「んっ?どうしたの?」

妻「やっぱりちょっと後ろめたい・・・・」

K「そうか。分かるよ。でもこんな魅力的な秋絵さんをほったらかしにするなんてひどい夫だよ。このまま女を閉じ込めて一生終わるの?」

妻「・・・子供にも後ろめたいし・・・・」

K「そういう貞淑なところがかわいいよね。でも今日は僕にまかせて。秋絵さんの女を思う存分出して応えて欲しい。それでもっと元気に、魅力的な秋絵さんになれば夫にも子供にも悪いことなんかないんだよ」

Kは妻の尻をがっちり掴んで固定したまま、一気に妻を貫いた。

妻「ああっ・・・・」

そしてゆっくりと上下に抽送すると、それにあわせて妻が声をあげた。

妻「あっ・・・・あっ・・・・いやっ・・・・あっ・・・・」

K「秋絵さん、繋がったよ。感激だよ・・・・柔らかく俺を包んでくれる・・・・」

それから相当長い時間、Kはいろいろな体位で妻を貫き、妻は何度も声をあげた。

私には見せたことのない姿でよがり狂っていた。

そして最後にKは妻を下にしてひざのあたりを手でつかみ、開脚させたスタイルで上から叩きつけるようなピストンを繰り返し、いよいよ射精の時を迎えた。

K「秋絵さん、いくよ。僕の精液を秋絵さんの膣の奥に注ぐからね」

妻「きてっ!きてっ!」

K「おおっ!」

Kの尻が何度も収縮した。

妻は足をKの腰に巻きつけ、一滴残らず精液を吸収するかに見えた。

そしてKが妻の上に倒れ込むようにおおいかぶさった。

二人は余韻を味わうようにキスをした。

まるで新婚夫婦の初夜のような甘いキスだった。

長いキスのあと、Kが巨大なペニスを妻から抜くと、とめどなく白濁した精液が妻のそこから流れ出てベッドを汚した。

・・・そこまで見て目が覚めた。

夢精をしていた。