人妻受付嬢を巨根で調教して寝取った

私は結婚して妻と子ども二人がいる某地方公務員です。

あれは7年前になります。

清楚な美人が庁舎の受付嬢として新しく入りました。

派遣で来たのですが美人に加え、その服装や身のこなしもあまりに優雅で清楚、接客も気品があり完成度の高い女性です。

ほんとに偶然だったんですが、彼女と二人で昼食を摂る幸運にめぐりあえました。

私が昼食をとろうと一人で歩いていると、彼女の方から話しかけてきました。

彼女はいつも弁当を持参していたらしいのですが、たまたまその日は持ってきていなくて、仕方なく外食をとろうとしていたのです。

「この近くに食べるとこありますか?」と尋ねられました。

彼女にしてみれば、特に私である必要はなかったのでしょうが、私の顔を見知っていたこともあり聞いてきたようです。

私は「蕎麦屋ならすぐ近くにありますよ。私もこれから行くとこですけど一緒に行きますか?」と聞き返しました。

「蕎麦屋」という響きが気楽で警戒心を感じさせなかったのか一瞬考えたような間がありましたが、「それじゃお願いします」と返事が返ってきました。

私は偶然にせよ評判の美人と昼食を一緒にできることで少し舞い上がりました。

会話から彼女は元大手保険会社の本社に正社員として勤務していて、そこで知り合った現在の夫と昨年結婚。

自分は寿退職し専業主婦になったが、夫の帰りも遅く時間を持て余し気味なので、また、パートで仕事を始めたとのこと。

ちなみに夫は企画部在籍のエリート社員である様子。

どおりで…というのが感想でした。

それから、庁舎で顔を合わせると言葉を一言二言交わすようになり、飲みに行く約束をする事ができました。

二人でパブに入りお酒を交わしました。

とても楽しいひとときでしたが、彼女は夫の話になると、表情が翳るのです。

夫は仕事で連日深夜にしか帰ってこず、土日も不在のことが多くすれ違いになっているとのことでした。

彼女にしてみればこんなはずではなかったということなのでしょう。

私は帰り道、寂しそうな彼女の肩をそっと抱きました。

彼女は最初驚いて「この手なんですか?」と聞き返してきたので「なんとなく寂しそうだから、嫌ならどけるよ」というと彼女はそれ以上何も言いませんでした。

一緒にタクシーに乗り彼女の自宅まで送りました。

タクシーの中で自然に私と彼女はキスをしていました。

それから数日後、再び彼女と今度はホテルのラウンジで酒を飲みました。

私はホテルの部屋を予約しており、店を出ると彼女にそのことを告げました。

彼女は「心の整理がつかない」と最初悩んでいたのですが、諦めと踏ん切りから、承諾しました。

その夜私は彼女をはじめて抱きました。

彼女の肌は白く、胸はロケット型の美乳に加えバレエをやっていたとのことで足も長く、柔らかい体の持ち主でした。

彼女に夫とはセックスしてるの?ときくと、「結婚してから数回しかしたことないし、自分もあんまりセックスは好きじゃない」と話してくれました。

どうやら夫のセックスは淡白な様で、彼女もセックスの悦びをまだ知らない事が、結果として救いになっているようでした。

後から聞いてしったのですが彼女の男性経験は現在の夫を含めて2人で私が3人目とのことでした。

私はその夜彼女の体を念入りに優しく愛撫し、抱きました。

彼女は感じてくれて、終わった後、ひとこと「幸せ」といって私の胸の中で眠りました。

私はこのときから彼女にセックスの悦びを教えようと決めました。

私はそれから自分の中にある性獣の本性を少しずつ出していきました。

自慢になりますが、私のいちもつは日本のLサイズスキンではまだ収まらず、欧米のビッグサイズスキンが必要な巨根です。

巨根といっても病的なサイズではありません。

硬く、エラもしっかりはっていて、勃起時は天井に向かって反り返っている理想形だと自負しています。

セックスの時には必ずローションを使用します。

それから私たちは逢瀬を重ねるようになりました。

最初は彼女も罪悪感からセックスには躊躇して断られました。

私も無理はせず待ちました。

少ししてから、彼女にセックスへの抵抗が無くなってくると、彼女が目覚めるのにそれほど時間はかかりませんでした。

毎回彼女の背中から尻、足を丹念に舐め、うなじ、乳房、乳首、臍、割れ目をよけて内股、からつま先まで愛撫し、最後にクレバスを噛み、クリトリスを舌でなめ上げ、口に含んで軽くんだり、吸ったりと時間をかけて弄びました。

彼女のヴァギナは愛液が涎のように出るようになりました。

「あ~、だめ、いっちゃう!またいっちゃうの!」と前戯で腰をガクガクさせて、私の頭を自分のヴァギナに押し付けるまでになりました。

私は指を彼女のGスポットに挿入してさらにじらしながら攻めます。

彼女はいつのまにか「お願い、もうお願い」と精いっぱいの自制で私を求めてくるようになりました。

最初は彼女の受け入れタイミングに合わせて挿入してしたのですが、彼女の体が目覚めが加速するに従い、私は彼女のプライドを崩壊させていきました。

彼女を一匹のメスに変えたかったのです。

もうひとつ覚醒していったのが彼女のマゾの本性でした。

私はすばらしい女性を手に入れたとか思いました。

私はだんだんとペニスの挿入を遅らせるようになりました。

彼女のクレバスが洪水状態で指を挿入すると腰を激しく振り「もう、お願い、もう、お願い」を連呼するのをみてサディスティックに彼女の体を弄びました。

私が「お願いって何?こんなに腰振って」というと「いじわる、わかってるくせに」と限界寸前です。

「わからないよ、はっきり言ってごらん、言わないとこのままだよ」というと、

彼女は「いや、いじわる、お願い..もうお願い…勝手に腰が動くの、気が変になりそう..あああ」と腰のふりが一層激しさをましました。

私は指を止め、彼女をイカせません。

そしてとうとう彼女の自我が決壊して私のペニスに屈服する時がきました。

それまでいつも受け身で、そうすることがたしなみであると信じていたお嬢様の彼女が、決して口にしてはいけないことを叫びました…。

断末魔気のように気が付くと彼女は私のイチモツをしっかりと握りしめ、「これが欲しいのです!これが、この太いのが」私はまだ許しません。

「これって何?何を握ってるの?」

「おちんちんです。太いおちんちんです。どうか入れてください」

「どこに入れるの?」

「私のおまんこです」

「じゃあ最初からいってごらん」

私は彼女に恥ずかしいセリフをたくさん復唱させました。

「ご主人様の黒光りするりっぱなチンポを私のおまんこにぶちこんでください!」

「私はご主人様の奴隷になります」

「ご主人様のチンポなしでは生きていけません」

私は彼女を鏡のまえに四つん這いにさせ「尻をつきだして、欲しかったご褒美をあげるから」と言い、ペニスを彼女の中にゆっくりと挿入していきました。

彼女は「あああー」と叫びひとつきで昇天しました。

その夜、私は彼女を何度も何度も激しく突き上げメス奴隷に貶めました。

20回以上彼女はイッたと思います。

その間メスと化した彼女に後戻り出来ないようなありとあらゆるセリフを言わせました。

バックで突き上げながら彼女の口から彼女の夫を辱めさせました。

「あなたごめんなさい。でもあなたのチンポはつまようじです。ご主人様のは太くて奥まであたって全部こすれるの」

「私は後ろからぶちこまれて涎をたらしてます。生まれて初めて女の悦びをしりました」

もうあの清楚な受付嬢とは別人です。

それからしばらくして彼女は夫と別居しました。

彼女は夫を裏切り続ける事の罪悪感にたえられなくなったと言いました。

彼女はひとり暮らしを始めたので、それからは彼女の部屋で彼女をむさぼりました。

彼女が別居して約2ヶ月が過ぎたころ、私が彼女を訪ねると、夫からなんとかやり直したいと電話があったといつになく思い悩んでいました。

どうしたらいいのか…でも私のセックス奴隷となっている彼女はもう体が戻らないことも知っています。

この日、私は彼女を騎乗位にして責めようと思いました。

この体位は女性が主導権を握って動くため「いいわけできない」体位なのです。

いつものようにクレバスが洪水で溢れたのを確認すると、私は正常位でペニスの亀頭部分だけを出し入れして彼女を極限までじらしました。

彼女はたまらず「奥まで、奥まで入れてください」と懇願しました。

私はペニスを引き抜くと、「今日は好きにしなさい」と言い仰向けになりました。

彼女は私に跨り「あああー」といいながら腰を沈めました。

同時に私は彼女の腰を動けないようしっかり両手でつかみました。

彼女は腰が振れませんので、どうして?といった顔をしています。

そうこの蛇の生殺し状態でまた彼女を辱めました。

「旦那さんとやりなおしたいの?」

彼女は「わからない、ウッ…迷ってる、ハアハア..もっと大事にするって…ハアハア..言ってくれて、早く帰るよう頑張るし..ハアハア アア」

「ところで今何してるんだっけ?これはなんて体位か言ってごらん」

「あの、ご主人様に跨ってます。ああ..体位は巨根の田楽刺しです。ハアハアハア」

私は彼女の腰を抑え込んだまま時折突き上げます。

そのたび「あああ」「ウッ」と小刻みに彼女の体が痙攣しているのがわかります。

「どうする?もとに戻るなら腰振ったら駄目でしょ。だからしっかり押さえとくから」

「ダメ…いじわる..こんな体にしちゃって…ああ..」

「腰振りたいの?」

「ハイ」

「じゃ懇願しなさい」

「腰を振らせてくださいご主人様..あああ」

「では振ってもかまわないけど、旦那さんに謝りなさい」

彼女の腰から手を離すと彼女は堰を切ったようにペニスを加えこんだまま、腰を激しく振って、絶叫しました。

「あああああー、駄目!こんな体じゃ戻れない。ごめんなさい。気持ちいいの。あああ….」

その後、彼女は離婚を決意しました。