スナックを手伝う妻が客に寝取られた

妻28歳が友人の経営するスナックに手伝いに行っていたのでふらりと飲みに行きました。

かなり広い店で、私が行った事を妻は気付きませんでした。

隣のBOXに座って接客をしている妻の声が聞こえてきました。

そして、衣装は大きな乳房の谷間がくっきり。

乳首まで見えそうな衣装で、対面した客からはパンティーも見えていたはず。

客A「おねいさん、セクシーだなぁ、俺チンチン立ちそう」

妻「立つのは自由ですよ」

客B「Dカップ?」

妻「何でわかるのぉー」

客B「やっぱり?形のいいおっぱいしてるよね」

妻「でも、感度が悪そうでしょ?」

客C(40代後半のリーダー格)「マイちゃんは年下はダメなんだってさ、残念だな。チンポのカリがでかい中年好みなんだって」

妻「そんな事無いですよ」

客C「商売上手だなぁー、この前の会合はご苦労さん」

妻「その話はしないでって言ったでしょ」

客A「部長、何ですかそれ?」

妻「話を変えましょ」

客C「いいじゃないか言ってしまおうよ、目撃者は多いんだし」

妻「いやん」

客B「ここまで来て言わないのはルール違反だよ」

妻「恥かしいからやめてってば、私トイレに行ってきます」

妻が席を離れた後

客C「この前の温泉旅行にここの女の子4人に来てもらってさ、夜中にマイちゃんが家族風呂に入ったから、K専務と俺と三人で混浴したのよ、あの子のスタイルといい、肌の綺麗さは半端じゃなくて、俺たち二人ともチンポがビンビンで、マイちゃんの前で立ったチンポ見せたら興奮してメロメロになってさ、セックスはしなかったけど三人で風呂の中でもみくちゃになって結局専務がチンポ入れようとしたら、手でして上げるから勘弁してくださいって」

客B「抜いてもらったんですか?」

客C「あの子、旦那がいるんだよ。しかし、好きモノだぜ。おっぱい吸ったり穴に指入れてキスしたらものすごい声で喘ぐのよ。今度三人で誘うか?」

客A「いいですねぇー」

客C「専務のチンポがこれまたでかいのよ。あの後絶対に専務とやってるよ。チンポこすりながら専務が指入れて口説いてるのにのけぞって答えていたからな。その後、部屋に戻っても専務の横にべったりだったからな」

妻がトイレから出たときに私に気付いて、ママにコソコソと話をした後、そのまま妻は隣の客には付きませんでした。

深夜に妻が家に帰ってきて私の顔を見たとたんキスしてきてそのまま押し倒されてエッチしました。

その後

「ごめんなさい」

と頭を付いてあやまり始めました。

「浮気したのか?」

「して無い」

「したのと同じだろ」

「して無い」

「許すから正直に言えよ」

「した、ごめんなさい」

「別れる」

「許すって言ったじゃない!」

「イヤだ別れる」

「私別れる気はないわよ」

妻は泣き出しました。

「二人ともとしたのか?」

「部長とだけ」

「えっ?専務は?」

「何か言ってたの?」

「部長は専務とやってたって言ってたぞ」

「違うわよ、次の日から毎日部長からメールが来て、食事に行こうって言うから一緒に行ったら、部長の隠れアパートに連れて行かれて」

「やられたのか?」

「うん」

「無理やりか?」

「ていうか、エッチなビデオ見せられて」

「それで興奮したのか?」

「ていうか、そのビデオ、部長と愛人のエッチビデオだったの」

「それに興奮したのか?」

「うん」

「モロ?」

「ていうか、愛人に目隠しして専務さんともう一人の男の人と三人でちんちんをあそこに入れて誰が入れたか当てさせたり、ベットに縛り付けて三人で体中嘗め回したりして、三人で口とか、あそこに精液を流し込んでるの。すごかった」

「それ見て興奮してやらせたのか?」

「気が付いたら部長、チンチン出してシコシコ始めて」

「それで」

「見てるだけでいいからて言うから見るだけならって」

「しなかったのか?」

「ううん、部長が私の中に出したい出したいって言いながら近づいてきて」

「犯されたのか」

「そうじゃなくて、テレビ画面には部長さんが愛人の中に出してるのが写ってるし、舐めるだけでいいからって言うからちょっとだけ舐めてあげたら、すごい声で気持ち良さそうに腰振るからつい」

「それでやられたのか?」

「だって、あそこに指入れられて私もすごく興奮してたから、気持ち良くなって」

「中に出されたのか」

「うん」

「お前、できてたらどうすんだよ」

「安全日だったけど、中には出さないでって言ったのよ。そしたら中に出さないでって、もっと叫べって言いながら、あの大きな身体に押さえつけられて抜こうにも奥まで入れたまま離してくれなくて」

「俺のチンポどうにかなりそう」

私のペニスはギンギンにはちきれそうに勃起しました。

「嫌いになった?」

「嫌いになったのはお前なんだろ?」

「違うわよ、だってあなた半年の間に2回しかしてくれてないのよ、私だって悶々とするわよ。まさかあんな事になるとは思わなかったけど、あんな世界が現実にあるなんて目の前で見たらどうにかなるわよ」

「あいつらお前の身体でイイ思いしたんだろうな」

「そんなぁ」

「お前もイイ思いしたんだよな」

「そんなぁ」

「だってそうだろ、何度もイカされたんだろ?」

「イッてない」

「ウソ言うなよ、すぐイク体質なくせに」

「イったけど、少しだけよ」

「少しだけイったってどんなのよ?もう、正直に言えよ。ここまできたら俺も正直に言うけどお前が他の男にチンポ入れられたら絶対に別れようって思ってたけど、チンポが興奮してどうしようもないんだ。見てみろよ」

「すごい、さっきしたのよ、こんなに立ってる」

「部長のチンポってどんなだった?」

「普通より少し太目かな」

「専務のほうがすごかったんだろ?」

「でも、部長って感じやすいのよ。男のくせに声出して悶える人ってはじめて見た」

「感じやすいのっていいのか?」

「だって、ビデオのときは半立ちくらいでエッチしてたのに、私が舐めてあげたらカチカチに上向いて、すごい声で悶えるし、ガマン汁がすごいの。この人を私の中でイカせて見たいって気持ちにさせられるの。それに太くて長い指ですごく器用にクチュクチュされてお尻に指入れたり、指を口でフェラみたいにさせるのよ。それで、鏡で自分の股の間を舐められてるところ見ろってすごく長い時間私のあそこを舐められてるところ見せられたの。あなた以外の人が裸の私の股の間にいるところ見せられて、やられてるって感じだった。それで、あそこにチンチン当てたまま10分くらい入れてくれないのよ。今から俺のチンポの精液を奥さんの中にいっぱい出すからね、どうする?旦那以外の精液、ドクドク出されるんだよ、奥さんビチョビチョに濡れてるよ。早く出されたいのか?って言葉攻めですごいの。ちんちんの先を当てられたままあんなのされたらどうにかなるわよ」

「そんなに良かったのか?」

「中年の味って感じかな、お願いだから入れてとか、部長の精液を出してくださいって何回も言わされた」

「本気で言ったのか?」

「だって、女はおちんちん入れられて精液を出されるのが仕事よあんなのされたらどんな男にだって出されてもいいって思うわよ」

「お前、またやられるぞ」

「やっぱりそうかなぁー」

「さっきも三人でその相談してたぞ」

「まじでぇー三人もしたら壊れるよ」

「おい、じゃあ一人だったらいいのか?」

「二人までならいけるかもしれないけど、三人はきついよ」

「お前、言ってしまったからまたやってもいいと思ってるだろ」

「うそよ、しないわよ」

「その言葉が軽薄に聞こえる」

「二度としちゃだめ?」

「俺が許したときならいいかもしれない」

「どういうときに許せるの?ていうか、私が他の人とエッチしたどういうところに興奮するの?」

「お前を他の男が全裸にしたんだろ?」

「うん」

「他の男の前で裸を見せるときってどんな気持ち?」

「うーん、若い子だと無理だけど中年のおじさんなら絶対に興奮させる自信があるかな?って私の裸でちんちん立たせてみたいなって」

「立たせるって事は、それを見るってことはイコールチンポを入れられるって事だろ?」

「そりゃそうね、でも、女はいつでもおおぜいの男を立たせてみたいって誰でも思うよ」

「そうかな?」

「だってあなただってイイ女が目の前で裸だったら入れたいって思うでしょ?」

「まあな」

「お前が他の男で濡れて他の男がお前の穴にチンポ入れて裸で絡み合って中に出されるなんて思っても無かったよ」

「ギンギン来てる?」

「なんかすごいよ」

「舐めてあげようか?」

「ああ」

「こうしてね、ディープスロート?こうすると部長さんとか専務さんとかすごく喜んだのよ」

「今日はチンポがかれるまでする」

「ほんと?」

「他の男の話もっとしてくれよ」

「浮気の話?」

「まだあるのか?」

「男ってどうして人妻に中出ししたがるの?」

「他にも出されたのか?」

「エロい話聞きたい?」