温泉旅行で巨根の先輩夫婦とスワッピングした

数か月前に体験した出来事です。

子供が寮のある学校に進学し、妻と2人自由な時間が増えました。

家では2人だけの生活が続き、エッチの回数も増え以前より盛り上がる様になった気がします。

そんな時、前に働いていた職場の先輩と偶然出会い酒を飲んだんです。

先輩も子供が大きくなり、奥さんと2人で住んでいると聞き何度か一緒に食事をする様になりました。

そして数か月前に先輩がある旅館の宿泊チケットを貰ったとかで、一緒に泊まりで旅行に行く事になったんです。

車で小2時間程走った温泉地で、古く小さな旅館でしたが露天風呂もあり良い所でした。

何よりタダだった事が一番良かったかなぁ。

部屋に案内されると4人部屋で、景色も抜群な上にバルコニーまでありました。

夕食まで時間もあったので、露天風呂でも浸かろうと、先輩と向かうと人気も無く貸切を思わせる雰囲気です。

露天風呂に浸かりながら目を瞑っていると「おい女風呂見えるぞ」と先輩が手招きしていたんです。

先輩が居る傍に行くと塀に隙間があって隣の女風呂が見えます。

良く見れば妻と先輩の奥さん2人で、タオルも巻かない状態で胸も陰部も全て見えていました。

「お前の奥さん巨乳だな!幾つあるんだよ!」

「えっ・・・・確かEカップだったと思いますが・・・」

「俺のカミさんペチャだから羨ましいよ」

確かに先輩の奥さんはAかBと言った感じで、細身の体付きです。

先輩は俺の5つ年上で現在44歳、奥さんは2つ下と言ってたので42歳です。

先輩を見ると股間が半立ち状態にも関わらず、カリ首が凄く太さ・・・長さは半端無いと感じました。

それに比べ俺は平均サイズ以下で勃起状態でも10cmに満たない長さです・・・

先輩の一物を見ながら「こんな太い物を妻が受け入れたら・・・」

そんな事を想像してしまう内に自分の物も大きくなり変に興奮してしまっていました。

「お前!そんなにジロジロ見るなよ!男に興味があるんじゃないよな」

「違いますよ!立派ですね。羨ましいです」

「そうか!まぁちょっと自慢でもあるんだが・・・勃起するともっと大きくなるぞ」

「そうなんですか!奥さんこんなに凄い物を咥え込むんですね」

「あいつ!大き過ぎるって嫌がってるんだよ」

「確かに大きいですからね!」

「お前の奥さんをこれでヒィヒィ言わせてみたいよ」

「先輩の物入れられたら直ぐに逝っちゃいますよ」

「逝かせてるのか?」

「俺のじゃ全然だめです。多分満足していないと思いますよ」

「なぁ!今晩奥さん交換しないか?」

「面白いですけど無理でしょう!」

「酒飲ませればヤれるって!」

冗談だと思いながらも妻が先輩の一物を咥え込む姿を想像し、興奮を抑えるのが大変でした。

風呂から上がり夕食を済ませた先輩が売店から酒を買って来て、妻達を誘い酒を飲ませ始めました。

先輩の勢いは止まる事を知らず、妻達にも容赦なく酒を注ぎ2時間も過ぎると、女性達は目が虚ろで視線が留まっていません。

しかも浴衣も乱れ、胸元が大きく開いている状態にも関わらず気にする事すら出来ない様子でした。

先輩の奥さんは既に壁にもたれた状態で泥酔状態でした。

先輩が「いいよな!」と言いながら妻の横に座り、グタグタで動く事すらままならない妻にキスを始めたんです。

「お前、何やってるんだよ!いいぞあいつを好きにして」

「でも・・・良いんですか!」

「いいって約束だろう!お前やらないなら俺は好きにさせて貰うからな」

そう言うと先輩は妻の浴衣を大きく肌蹴させ、大きな胸を鷲掴みしながら乳首を口に含ませていました。

「やっぱデカい乳は最高だな」

そんな間にも先輩は妻の浴衣を脱がせパンティを引き下ろすと、おまんこに口を付け激しく舐め回し、クリトリスを弄っていました。

酔った妻も微かに「あ~ダメ」って喘ぎ声を上げながら先輩に身体を弄ばれていました。

そんな姿を見ているだけで、股間は破裂しそうでしたが、このままでは勿体ない様な気がしたので、先輩の奥さんの元へ行き、浴衣を脱がせ下着を剥ぎ取ったんです。

もう熟睡の奥さんはマグロ状態で、俺は小さな胸を舐め襞の大きな黒ずんだおまんこを舐めました。

使い込まれたおまんこはクリトリスも大きく、お尻の穴も締りが無く先輩の物を受け入れている感じがしました。

もう我慢の限界で、俺は先輩の奥さんのおまんこに小さな肉棒を差し込むと腰を動かしていました。

「中に出してもいいぞ!多分大丈夫な日だったから」

先輩が俺を横目にニヤニヤしながら言ってきたんです。

入れて数分、俺は限界の末に奥さんの中へ吐き出しました。

ティッシュで拭きながら浴衣を直すと「お前もう終わりかよ」と先輩が笑っています。

先輩が肉棒を取り出すと、風呂で見た時より大きくなっていて、その巨根を妻の口元へ運ぶと同時に口に押し込んだんです。

「うっぐぉ」と言う妻が苦しそうに口いっぱいに巨根を咥え、舐めている様でした。

69の格好で、先輩は妻のおまんこを舐め続け、クリトリスと刺激しています。

そんな体制になって数分が過ぎ、先輩は妻の口から肉棒を取り出すと、妻の足を大きく広げおまんこに挿し込み始めたんです。

締まった妻のおまんこが先輩の巨根に押し広げられズルズルと中に呑み込まれていく姿は圧巻でした。

「あぁぁ~ん・・・ハァハァ」

酔った妻も余りの大きさに息を荒げ、先輩にしがみ付きながら大きな巨根を呑み込んでいました。

2/3程入った辺りで膣の奥に達した様で、先輩がゆっくりと出し入れを始めたんです。

大きく左右に開かれた小さな襞の中心に大きな肉棒が出入りし、その度に妻の口から喘ぎ声が漏れていました。

やがて先輩の腰の動きも激しくなると、妻の喘ぎ声も高まり、やがて「ダメ~逝っちゃう」と妻が絶頂を向かえヒクヒクと体を小刻みに動かしていました。

妻の逝き姿を横目に先輩は体制を替え、更なる刺激を与えた結果、妻と先輩の繋がった隙間からダラダラと透明な水が溢れ、妻が潮を噴いている事を知りました。

繋がった状況で、先輩が妻を抱きかかえベランダに向かうと外でも激しく腰を動かし、巨根を抜いた瞬間に妻のおまんこからは潮が高々と噴き上げたんです。

始めて見る妻の潮噴きでした。

その後も、何度も先輩は妻のおまんこに出し入れを繰り返し、限界が訪れた先輩が妻の中へ精液を吐き出しました。

精液と妻の愛液で汚れたチンポを丁寧に舐める妻がいました。

目の前で妻が玩具の様に扱われる姿は、余りの衝撃で今まで感じた事の無い興奮が股間を熱くさせていたんです。

体力のある先輩は、この一度で満足出来る筈も無く、妻を抱きかかえると露天風呂に行くと言い出したんです。

裸のまま連れ出された妻は露天風呂で先輩に抱かれ、更なる刺激を与えられたんです。

意識朦朧となる妻はその後先輩に中出しされ意識を失いました。

裸の妻は先輩におぶさり、部屋に向かう廊下を歩き出しましたが、後ろを歩く私には妻の白い大きなお尻と大きく開かれたおまんこからは先輩の精液が溢れ凄い光景です。

エレベーターの扉が開き、中には酔った中年男性が居ましたが先輩は妻の姿を見せつける様に乗り込み男性も驚きの表情を浮かべながら奥に除けると、目の前に妻のお尻を向ける様に先輩が入ったんです。

男性も驚きながらも目の前の妻に興奮し指をおまんこに挿し入れたのを目撃しました。

数十秒間と言う間だったと思いますが、妻は見知らぬ男性にまでおまんこを弄られ、見られたんです。

エレベーターの扉が開き、降りようとする俺に

「先、部屋戻って俺のカミさんで抜いて来いよ!もう溜まってるんだろう」

「まぁ・・・」

「俺が居ると気を使うだろうし・・・この辺で時間潰しているから」

強い押しと、興奮状態で俺自身股間がMAX状態だった事もあり、エレベーターを降りると部屋に戻り寝ている奥さんの元に向かったんです。

先輩も居ない2人だけの空間と妻の淫らな姿に興奮した俺は奥さんの浴衣を剥ぎ取り、勃起したチンチンを口に押し込み、胸を揉みおまんこへ挿入したんです。

先輩に散々可愛がられた妻の仕返しじゃありませんが、俺も先輩の奥さんを玩具の様に扱ってみたかったんです。

おまんこで一発終えた俺は、初めて経験するアナルへと挿し込んでみました。

奥さんのアナルは既に拡張されていて、俺の小さなチンチンをすんなり受け入れてくれました。

おまんこ以上の締め付けに、凄い刺激を受けながら腰を動かし、やがて腸内へ精液を吐き出したんです。

マグロの様に横たわる奥さんに浴衣を着せ、布団に横にさせてあげるとエレベーターへ向かったんですが先輩の姿はありません。

館内を探していると露天風呂に浴衣が数着・・・

中を見て唖然としたんです。

先輩と先程の男性、そしてもう一人の男性が妻を囲んでいたんです。

しかも先輩の巨根は妻のアナルに挿し込まれ、もう1人はおまんこに、そしてもう一人の男性は妻の口に挿入し3穴同時に犯されていました。

「早かったなぁ!もう終わったのか」

「先輩・・・これは・・・」

ただ茫然と見守るしか出来ませんでした。

意識を失っている妻はタダの玩具。

翌朝、妻は昨夜の記憶を失っていました。

しかし、体の異変には気付いている様子で、何度かアナルに手を回し違和感を感じている様でした。

先輩の奥さんはいつもと変わらぬ雰囲気で、アナルも俺の租チンでは痛みなど感じる筈もありませんね。

先輩は妻をえらく気に入った様子で、「また交換しようぜ」としつこく言われています。

妻の他人に抱かれる姿、先輩の巨根を受け入れる姿は確かに興奮します。

でも先輩の巨根を入れられ続けたら、俺の租チンは・・・

今は断っていますが、きっと近い内に・・・そうなる気がします。