デカチン男相手に絶叫している妻の痴態が収められたDVD

妻の浮気を告白します。

私は38歳、妻は35歳で、結婚10年目になります。

妻は背が小さくぽっちゃりタイプですが、目が大きく幼い顔立ちです。

性格は控えめで、とても優しい人です。

出逢った時、妻は処女で、キスはおろか男と手を繋いだ事もありませんでした。

全て私が初めての男。

処女膜を貫いた時の征服感は今でも忘れません。

結婚しセックスの快楽を覚え、徐々に淫らになっていく妻を見て「こんな妻の姿は誰も知らない。知っているのは俺だけだ」と嬉しくてたまりませんでした。

しかし昨年あたりから妻の様子が変わってきました。

まずメールしている事が多くなりました。

私や子供が寝た後も、布団の中でメールをしています。

下着の趣味も変わり、以前は木綿で無地のパンツ、色も白や水色でしたが、レースのついたエッチなデザインで、ピンクや紺のものを穿くようになりました。

セックスの時も、恥ずかしがりながら受身な感じだった妻が、積極的に私の乳首や陰茎をしゃぶってきます。

そのテクニックも以前とは比べ物になりません。

ちなみに私は恥ずかしながら、ブルマーフェチです。

結婚後、カミングアウトしてからは妻に体操服とブルマーを着てもらいエッチする事もありました。

体操服越しに揉む巨乳、ブルマーに包まれた大きなお尻を撫でるのは最高でした。

しかし、その頃からブルマープレイも断られるようになり、私の不安は膨らんでいきました。

ある日、我慢出来なくなり、こっそり妻の携帯メールをチェックしました。

Nという妻の勤め先の同僚からの受信メールを開くと『ちんちんしゃぶって』の文字が飛び込んできました。

私は全身の血の気が引いていくのを感じながら、他のメールも読みました。

Nと妻のやり取りの一部は、こんな感じでした。

妻「寒いです。もう主人も子供も寝てるんですけど、寒くて寝付けません。今度、主人が仕事の日に会いたいです」

N「いいですよ。また、はめましょう」

妻「嬉しいです。その時はNさんの体で暖めてください」

私は茫然自失となり、その夜は寝付けませんでした。

妻はパート勤務で平日休みがあります。

以前も「仕事で使う道具をNさんと買いに行く」と言って休日に出掛ける事もありました。

翌日、思いきって妻にこの事を問いただすと、少し動揺しながらも「Nさんは下ネタが好きで冗談でメールしてたらエスカレートしちゃっただけ、何もないよ」と言いました。

ただポツリと「あの頃、◯ちゃん(私の事)忙しくて構ってくれなかったから・・」と言ったのが気になりました。

しかしメールを盗み見した負い目があり、それ以上追求する事はできませんでした。

数日後、どうしても納得できない私は妻の携帯を見たとき控えたNのアドレスにメールしました。

以下は私とNのやり取りの大まかな内容です。

私「妻には内緒にしておくから真実を教えてください」

N「すみませんでした。奥さんとは何もありません」

私「信じられません。頼むから教えてください」

N「そこまで言うなら・・」

惨めに懇願する私に対し、いつの間にかNは優越感を抱き始めているようでした。

そして「僕とKさん(妻)の真実をお見せします」というメールには画像が添付されていました。

ドキドキしながら添付ファイルを開くと、それは紺のブルマーと白の体操服を着た妻がベッドに横たわっている画像でした。

ブルマーはサイズが小さいものらしく妻の豊満な体のラインがはっきりわかります。

続いて送られてきた画像では、緑のブルマーに着替えた妻が、四つ這いで男根を咥えながら、上目使いにカメラを見上げています。

頭が真っ白になりながら、「妻を抱いたんですか」と送ると、「DVDに収めた映像があるので今度渡します」という返事。

Nは異常な興奮を覚えているようでした。

詳細は省きますが、妻に内緒でNと会った私はDVDを受け取りました。

そこには私だけの清楚で可愛らしい妻ではなく、淫らな快感に溺れるもう一人の妻の姿がありました。

私は妻の姿に興奮し、自分で果ててしまいました。

とても複雑な気持ちでした。

私は妻に内緒で、妻の同僚Nと会いました。

待ち合わせのファミレス駐車場に着くと、30代前半くらいの、浅黒い顔をした男が「Kさん(妻の名前)のご主人ですか」と話し掛けてきました。

Nは、「僕とKさんの関係は、これを見ていただけば分かります」とDVDを渡してきました。

全く悪びれず、余裕すら感じさせるN。

私は何も言えず、黙ってDVDを受け取りました。

最後にNは「一応、メールでもご説明しますから」と言い残して去りました。

胸が締め付けられるような不安と複雑な期待を感じながら、帰宅しました。

今日は夕方まで誰も帰ってきません。

気がつくと、Nから早速メールが来ています。

『先程のDVDは、このメールを読みながら、ご覧ください』という冒頭のメッセージの下は、私を焦らすように余白になり、すぐには文章が読めないようになっています。

渡されたDVDを、震える手でセットすると、画面に妻の姿が映し出されました。

妻はベッドに横たわり、恥ずかしそうな表情でカメラを見つめています。

妻は紺色のブルマーと、袖と襟にえんじ色の縁取りがある体操服を着ていました。

カメラはズームになり、妻の表情をアップにします。

セミロングの髪を後ろで一本に束ね、大きな瞳を伏せています。

色白の頬はピンクに染まり、唇をきゅっと結んでいます。

カメラは、下に移動し体操服をこんもりと押し上げる豊満なバストを映します。

さらにカメラ越しにNの視線はブルマーに包まれた肉付きの良い下半身へと移動します。

紺色の恥丘がアップになると、ブルマーが肉の合わせ目に食い込んでいるのが分かります。

俺しか触れた事のない、俺のモノしか挿入された事がない、あの割れ目。

一体これから何をされるんだろう。

Nはカメラを置いて固定したようです。

画面にNが映り、ベッド上の妻に近づいて行きます。

私が一番恐れていた瞬間がやってきました。

Nは、ゆっくりと妻の唇に唇を重ねていきます。

最初はそっと、次第に濃厚に唇を吸い始めました。

妻は抵抗するどころか、Nの背中に手を回しています。

よく見えませんが二人は舌を絡めているようです。

Nの手が体操服の上から巨乳を揉むと、「はあーっ」と甘い喘ぎが妻の口から洩れました。

Nは体操服を捲るとピンクのブラのホックを手早く外しました。

妻の豊満な乳房が露わになると、Nは妻の乳首を口に含みました。

指や舌での愛撫を受けるたびに「くうっ」と押し殺した声を漏らす妻。

Nは、乳房を揉みしだいていた右手を下へ滑らせていきます。

「ああんっ!」

妻がビクッと体を震わせ声を上げました。

ついにブルマー越しに秘裂への攻撃を開始したのです。

Nの手が妻の、むっちりした太ももの間で、いやらしく動いています。

画面では見えませんが、指先で妻の割れ目を責めているのでしょう。

妻は最初、「駄目・・・駄目・・・!お願いです!もう許して・・」と喘いでいました。

しかしNは舌で、首筋を、左手で乳首を、右手で秘裂を、同時に責め立てます。

妻は腰をくねらせNにしがみつくと、「はああっ!恥ずかしい・・・恥ずかしいけど、気持ちいいっ!Nさん、もっと、もっと!」と声を上げました。

Nが耳元で何か囁くと妻は起き上がり、Nの顔を跨ぐように四つ這いになりました。

Nがブリーフを脱ぐと赤黒い男根が飛びだしました。

私のモノとは比べものにならない巨根です。

妻は愛おしそうにNの陰茎を小さな手で包みます。

そしてシックスナインの姿勢で、口と指で奉仕を始めたのです。

Nは、妻の股間を下から覗きながら、指先でブルマーに包まれた秘部を撫でています。

「柔らかいなあ、Kさんのココ・・・プクプクしてるよ・・」

「きっと学生の頃、Kさんのブルマー姿でオナニーした奴たくさん、いますよ・・」

「あれ?ブルマが濡れてきましたよ」

ビデオに収めたいのか、Nはわざと大きな声で妻を甚振っているようです。

次第にNが妻の局部を責める動きが早くなっていきます。

妻も、「うーん、くうっ、はうう・・」と甘い声を上げながらNのモノを一心不乱に舐め、シゴきます。

Nは、妻の膨らみの一点に狙いを定め、指で集中的に責め立てます。

妻は体を反らして、「ああっ!そこ、気持ちいいっ!」と身悶えます。

ブルマー越しにクリトリスを愛撫しているようです。

「いいんですか、Kさん。ここが、いいんですね」

Nの呼吸も乱れています。

妻が「はああ、もうだめっ!イッちゃう、Nさん、Nさん!!」言うと、Nも「俺もだ、イクよ、出すよっ!Kさん!」とうめき声を上げました。

妻がNの男根をしごきながら、「ああっ!もうだめ、イクっ!」と体を反らすと、Nは獣のような声を上げ、男根から精液を噴出しました。

妻は顔に白濁液を浴びながら、Nの上にうつ伏せで力尽きました。

Nも仰向けのまま、妻のブルマーに包まれたヒップを両手に抱え、股間に顔をうずめ、射精の余韻に浸っています。

結局、妻は着衣のままNに奉仕し、自分も絶頂を迎えたのです。

初めて妻の浮気現場を見たショック。

最後の挿入こそ許してないものの、私しか知らなかった妻の唇や体を汚された悔しさで、私は呆然としていました。

ふとメールの事を思い出し、携帯を見ました。

冒頭の文章に続く余白を進めると、再び文章が出てきました。

――――――――――――

このDVDを撮影したのは僕の部屋です。

最初は、二人で休日に、仕事関係の買い物に行った帰りでした。

Kさんが「最近、ご主人が忙しくて一緒にいてくれない。寂しい」と言うので、気晴らしにと僕の家に誘いました。

そこで話を聴いているうちに、Kさんが泣き始めたので僕は彼女を抱きしめ・・・

それから数回逢っています。

次第にエスカレートし、ついにコスプレで撮影まで許してくれました。

でも信じてください。

僕たちは、お互いを慰めあっただけで、最後の一線は越えていません。

Kさんに「それを許したら主人を完全に裏切る事になる」と拒まれたからです。

――――――――――――

再びメールは、余白になりました。

浮気はしたが、最後の一線は守ってくれた妻。

それを証明したくて、Nは私にこれを見せたのか・・・

確かに仕事や色々な付き合いに追われ、妻との時間をおろそかにしていた時期がありました。

反省と後悔が私を包みました。

妻を許せるだろうか。

でも私は妻が好きです。

私だけの大切なモノだけは守ってくれた妻。

やり直したい!

そう思った時でした。

画面の中の二人が再び動き始めました。

文才なくって上手くまとめられません。

続きます。

すみません。

シックスナインの状態のまま絶頂の余韻に浸っていた二人が動き始めました。

下にいるNが、右手を妻の股間に滑り込ませます。

グッタリしていた妻が「はああっ!」と仰け反りました。

私は、Nが再びブルマー越しに妻の恥部を愛撫し出したのか?と思いました。

しかし、妻の喘ぎ声に混じって、“ピチャッピチャッ”という音が聞こえてきます。

固定されたカメラのため、はっきり見えませんが、Nはブルマーの股布部分をずらし、妻の秘部を舌で味わっているようです。

「あっあっああーー!」

先程、指で責められていた時よりも激しい声を上げる妻。

私とのセックスでは聞いた事のない声です。

「すごいっ、Nさんっ、気持ちいいっ」

Nの舌技は相当なもののようです。

Nに促されて、妻が仰向けになりました。

Nが耳元で何か、囁くと妻は少し躊躇いながら自分の股間に手を伸ばしました。

Nが妻の股間に顔を埋めると、再び“ピチャッ”という音がして「はああん!ううっ、ああ!」と妻が体を反らしました。

妻はNが秘裂を舐めやすいように、自分でブルマーの股布部分をずらしているようです。

「はああっ、そこっ、そこ、気持ちいいっ!」

ブルマーに包まれた肉づきのいい下半身をくねらせる妻。

Nは秘裂をしゃぶりながら、両手も使って妻の局部を責め始めました。

「はううっ!だ、だめぇっ、あそこが、溶けちゃうっ!」

妻が身悶えます。

Nは、舌で花弁を舐め、片方の指でクリトリスを愛撫し、もう片方の指で膣口を掻き回しているのかもしれません。

妻はついに、「ああっ!もうだめぇ、入れて・・・入れてほしくなっちゃう・・」と声を上げました。

Nは、再び妻の股間にむしゃぶりつくと、両手を上に伸ばし体操服の中に滑りこませました。

今度は舌で秘裂を、指で乳首を、同時に責めているようです。

妻は限界に達したのか「はううっ、もう、もうっ、我慢できないっ!入れて・・・Nさんの入れてええ!」と言いました。

私は、画面を見つめたまま、喉がカラカラになっていました。

Nは満を持したように、体をあげ、妻の足の間に入りました。

巨根は、先ほど射精したのに再びそそり立っています。

妻は待ち焦がれるように腰をくねらせています。

Nは、「このまま、はめますから、もっとブルマーを、ずらしてください」と言いました。

妻は自らブルマーの股布部分を大きく横にずらしているようです。

Nは妻の足をM字に押し広げ、腰を沈めかけて動きを止めました。

「Kさん、いいんですね?ご主人しか知らなかったKさんのココを他の男が貫くんですよ」

妻は身をよじりながら、「ああっ、いいっ、いいから、早く入れてっ!本当は、前から、ずっと入れて欲しかったんです!お願い・・」と喘ぐように言いました。

Nはカメラを見ながらニヤリと笑い、妻の足の間で腰を沈めていきました。

「はうぅぅぅーっ!!」

白い体操服を着た妻の上体が弓なりに反ります。

Nは紺色のブルマーを履いた妻の腰を両手で抱えました。

「おおう・・・すげえ・・・Kさんの中・・・熱くて、グチョグチョで、絡みついてくる・・」とNが呻きました。

妻は「ダ、ダメッ!大きい!大き過ぎるぅぅぅー」と首を振ります。

ついに、私のモノしか知らなかった妻の聖宮が、他の男の肉棒に貫かれたのです。

しかも体操服とブルマーを着たまま。

夫の私でさえ、そんな交わりは、した事がありません。

Nは「おおう・・・いい、いいよ、初めて・・・会った時から・・・絶対、いつか・・・俺のものにしてやるって、思ってたんだァ・・」と呻きながら、激しく腰を動かします。

妻は「もっと、もっと、やらしくしてぇ」と言いながら、Nの乳首を吸います。

Nが「ご主人と僕のどっちが大きいですか」と聞くと、「Nさんの、Nさんの方が凄いですっ」と妻が答えました。

Nは余裕で激しくピストン運動を続けています。

妻の方が先に「はあああー!真っ白に、なっちゃう、また、また、イッちゃうう!」と体をピクピクと痙攣させました。

Nは、悠然と巨根を引き抜くと、濡れ光る肉棒を自分でシゴきました。

白い液体が妻の下半身に降り注がれました。

妻は仰向けでグッタリしています。

Nがベッドから降り、画面から消えたと思うと、画面が移動しました。

カメラを手にしたようです。

ベッドに体操服で横たわる妻が映りました。

色白の頬はピンクに染まり、瞳は潤んでいます。

紺色のブルマーには、精液が、飛び散っています。

Nが「ブルマーを脱いで」と言うと、妻は一瞬躊躇った後、自らブルマーを脱ぎました。

薄いピンクの生地に、フロント部分に濃いピンクのレースがVの字で刺繍されたパンツが現れました。

Nに言われるがまま、妻はパンツも脱ぎ、恥ずしかそうに顔を両手で覆いながら、ゆっくり、足を開きました。

カメラがズームになり、妻の聖宮をアップに映します。

極太の凶器で掘り抉られた蜜壺は無残にポッカリと開き切っていました。

私だけのものだった妻の可愛いいアソコが・・・

Nは一旦カメラを置くと、手早く男根にゴムを着けたようです。

再びカメラを持つと、妻を撮影しながら、肉棒を蜜壺に埋め込んでいきました。

ハメ撮りです。

「あっ!そんなの嫌!やめてっ!うっ・・・はあああーん!」

妻は一瞬、身をよじりましたが、挿入されると再び快楽の虜になってしまいました。

Nは、妻を貫きながら、しっかりと撮影を続けます。

年齢の割に幼い顔を、切なそうに歪ませた表情がアップになりました。

首まで捲られた体操服の下で巨乳がブルンブルンと揺れます。

ぽっちゃりした下半身から結合部へとカメラが移動します。

剛直が妻の蜜壺を蹂躙しています。

左右の花弁は押し広げられ、濡れた巨根が出入りしている様がはっきり映し出されています。

Nは「うおおっ最高だよ・・・もうKは俺のものだぁ!俺のセックス奴隷だぁ!」と声をあげました。

いつの間にか妻を呼び捨てにしています。

「Nさんっ!Nさんになら・・・何されてもいいです!イクッ!もうイッちゃう!」

「K・・・K・・・!今度は付けてるからね・・・Kの中でイクよ!」

Nが突くたびに、妻の巨乳が揺れます。

片手でその巨乳を揉み、片手は絶頂を迎える妻の表情を、しっかり撮影しています。

画面の揺れが一層激しくなった直後、二人は獣のような声を上げました。

Nはカメラをベッドの脇に置きました。

画面は妻の体の側面でアップの状態になっています。

二人とも結合したまま抱き合っているようです。

ハアハアと荒い呼吸だけが聞こえています。

私はすでに自分の手で果てていました。

ふとメールの事を思い出し、携帯の画面を下に移動させました。

――――――――――――

先程の文を、一部訂正させて頂きます。

僕とKさんは、確かにこの日まで一線を越えていませんでした。

でも、撮影したこの日、Kさんは身も心も僕の物になったのです。

奥さん、最高ですね。

ご馳走様でした。

――――――――――――

・・・と、私を嘲笑うような文面が出てきました。

私は放心状態でした。

初めて会った時、妻は21才でした。

太っているのがコンプレックスだった彼女は、私と出会うまで何も知りませんでした。

初めてのデートとの時、手を繋いだら「生まれて初めてだから嬉しいです・・」と涙ぐんでいました。

そんな事を思い出しながら画面を見ると、妻がバックで犯されていました。

その後も妻とNの関係は続いています。

私が知っている事は妻には内緒にしています。

先日もNから新しいDVDが届きました。

スクール水着を着た妻がNと交わっていました。

Nの精液を飲んでいました。

私は水着でのエッチも、飲んでもらった事もありません。

妻がNに送ったメールが、Nから私へ転送されてくる事もあります。

この前、実家に帰ったら、高校のバレー部のユニフォームが出てきました。

青の長袖とブルマも青です。

――――――――――――

Nさん見たいですか?

今度、着て行きますね。

昨夜も主人に「体操服着て」って言われたけど、Nさんの言いつけ通り断りました。

男の人ってブルマが好きなんですね。

でも私のブルマ姿、Nさんにしか見せてませんから・・・

――――――――――――

清楚だった妻が、夫と同じ趣味の男に、夫にも許した事のない行為をされている。

相手の男は謝罪するどころか、私に詳細を教える事に喜びすら感じている。

どうしていいか分からないけど、分かっているのは妻が大好きな事。

妻の浮気を知ってショックな反面、異常に興奮している事です。

最近、妻が一段と綺麗になった気がします。

こんな事は友人にも話せないので、最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。