20歳の巨根男子に妻を抱いてもらったらデカチンポの虜になった

今から6年前、他の男に妻を抱かせたい欲望が日に日に募り、妻にそのことを言うと断られたが諦めきれず、SEXの最中に何度も何度もお願いした。

ある日SEXの最中に妻が逝きそうになるとチンポを抜いてお願いしたが、いつも通り初めは駄目だったが、4回、5回繰り返すと初めて根負けし渋々了承した。

善は急げで取合えずチンポを射した状態でテレクラに電話をさせた。

出たのは20才の吉沢君だった。

恥ずかしそうに妻が話し始めた。

吉沢「こんばんは、初めまして」

妻「こんばん・・・・わ」

吉沢「20才の学生だけど良い?」

妻「・・・はい、初めて電話するのどうすれば良いのか判らなくて」

吉沢「初めに話をして気が合えば会ったりするところだよ」

妻「会ったこと有るの?」

吉沢「有るよ」

妻「会って何するの?」

吉沢「色々だけど話したり、食事したりだね」

妻のおまんこをチンポで突く・・・小声で「Hしたことは?」と聞けと僕が言った。

妻「それで良いの・・・・Hとかもするの?」

吉沢「はっきり言ってHが最終目的だけど、Hしたいの?」

妻「主人がHしてこいって・・・・言われてるの」

吉沢「お~良いね、で旦那は今居るの?」

妻「居るけどどうして?」

吉沢「ちなみに旦那以外とHしたことは有るの、それと旦那さんと変わって」

妻「主人以外知らないけど、変わるね」

僕「初めまして、よろしくです」

吉沢「初めまして、良いのですか?希望有りますか、あ!それと旦那さんが一緒に来るのは駄目ですけど良いですか?」

僕「妻を連れて行きますけどお渡ししたら帰りますよ、それで良いですか?」

妻は不安な顔をして聞いているが、股間からの液体はあふれんばかりに出てきました。

もう抱かれる事に観念した状態でした。

僕「私の条件は最低2回は妻のおまんこに精液をはき出して欲しいのですが良いですか!?」

吉沢「たぶん4回は出せますよ、ドロドロにしてお返ししますよ、それに僕の大きいので奥さん何度も逝きますよ」

携帯電話の番号を交換したり、会う場所を決めた。

それと簡単なプロフィールを交換した。

僕は話しながら喉がからからになってきた。

妻は中に僕以外の精液が出される事に興奮し目がトローンとしてきて、口が半開きになり僕のチンポを締付けた。

取合えず途中でHをやめ、シャワーを浴びて会う場所に行った。

妻のシャワー中に妻のバックに7時間取れるボイスレコーダーをセットした。

吉沢君は先に来ていたが、バイクだったので僕がモーテル(家の近く)に連れて行った。

車の中ではみんな緊張してか話が出なかったが、モーテルに着いて降りるときに妻へ楽しみなさいと声を掛けると小さく震えながら頷いた。

吉沢君も絶対頑張りますからと・・・・そして二人はモーテルに消えた。

あの青年に今から妻は抱かれると思うと僕のチンポはいきり立っていた。

待つ身はつらいと言った物で色んな妄想が膨らんで悶々としながら部屋をうろちょろし電話を待った。

モーテルに入って6時間後に携帯電話が鳴った。

吉沢「今終わりました。お迎えお願いします、大変良かったですよ」

僕「ありがとう、今から迎えに行くから」

心臓が飛び出そうな思い出モーテルに向かい入口で待った二人が出てきた。

妻は吉沢君にしがみついて、まるで恋人同士のように出てきて出口の処で熱いキスを交わして目を合わせた、2回目のキス…妻は吉沢君の女になっていた。

胸を揉まれてもしなだれて喜んでいるように見えた。

嫉妬で胸が熱くなった車のライトを点け二人の処に車を着けた。

2人は後部座席に座り、抱き合ったままだった。

吉沢君は僕に見せつけるように妻とキスをした。

吉沢「奥さんは最高でした。これからも貸してくれませんか・・いいえ奥さんを下さい」

僕は帰す言葉を失って頷いていた。

それを見た妻は「嬉しい」と言ったのでどきっとした。

どんなSEXをしたのか?

見知らぬ男に6時間でなびくSEX・・・僕はテープを早く聴きたくなった。

彼を送って家に妻と二人で帰った。

帰るなり妻を裸にして隅々まで調べた。

あ!股間の毛がない綺麗におまんこの毛が剃られツルマンにされていた。

胸や首筋には無数のキスマークが付けられ、股間からは彼の精液が垂れてきた。

嫉妬して妻のおまんこに僕は口を被せ、彼の精液を全部吸い出すようにおもいっきり吸った。

口の中に栗の香りが広がり、興奮のあまり飲み込んでは吸う、飲み込んでは吸うを繰り返した。

妻が「あ~彼の言う通りになったわ」と言った。

いきりたったチンポ(勃起しても9.5cm皮かぶり)を妻のおまんこにねじ込んだジュボジュボと今まで以上に抵抗無く入っていった。

「貴方のせいよ私・・・・彼の賭に負けたわ。彼の物になったじゃない」

僕は何のことかその時点では判りませんでしたが、妻と吉沢君の間で賭をしてたのです。

「彼とのSEXで初めて深く逝ったの。凄く良いの吉沢君と毎日でもしたいわ・・・」

僕とのSEXの最中には「吉沢君好きよ。優子は吉沢君の物ね」と叫んで「中に出して」と今までにない乱れ方で妻と僕は同時に果てた。

SEXのあと妻は深い眠りについた。

僕は妻のバックからテープを取出しはやる気持ちを抑えテープを聴いて愕然とした。

賭の内容はとんでもない物であった。

モーテルの階段を上がる音と共に吉沢君が妻をリラックスさせようと声を掛けてました。

聞き取れた内容はこんな感じです。

吉沢「奥さん綺麗ですね、こんな綺麗な人が来てくれるなんて幸せですよ」

妻「そんなこと無いわよ、でも有り難う、凄く恥ずかしいわね」

吉沢「服のセンスも僕にぴったりです、頑張りますね」

妻「え~怖いわ、私まだ主人しか知らないし、どうしたらいいのかお願いね」

部屋に入るなりゴソゴソと音がして(妻を抱き寄せてる感じです)「奥さん綺麗だ、奥さん綺麗だ」と言いながらチュッチュッと音がしてます。

妻も「アッアッア~」と声がとぎれとぎれに聞こえあちこち触られてるみたいです。

そのうち「奥さんこんなに濡れてる」とピチャピチャと微かに聞こえてました。

妻は「もう駄目、立てないの」のと叫んでました。

吉沢「一寸休憩しますか、少し話しましょう」

妻「はい」

吉沢「裸で話しましょうか、脱ぎますね」

妻「はい、電気消して良い?」

吉沢「駄目だよ、綺麗な体をちゃんと見たいしね」

妻「判ったわ」

服を脱ぐ音が聞こえます。

妻の体を今から吉沢君に見られるんだと思うと自分のチンポが起ってきました。

吉沢「僕は篤史と言います、20才の大学生で山口まで電車で通ってるんだけど部活とかしてないから暇なんだよね」

妻「私は優子です。37才ね専業主婦なの、暇の代名詞みたいね」

妻「恥ずかしい、篤史の大きいのね、それが入るのね、怖い感じ・・・」

吉沢「優子さん触ってみる」

妻「はい・・・・凄い、硬くて痛そうね」

吉沢「優子さん口で舐めてみて」

妻「大きくて口に入らないわ」

チュウポ、ジュポと舐めている音がしています。

「大きい、凄く大きい」

妻は上ずった声でペニスの大きさに興奮しているようです。

吉沢「優子さん吸って、玉も舐めて良いよ、気持ちいいよ優子」

吉沢「僕も舐めてあげるから向きを変えるよ。優子」

ゴソゴソと音がして69の体勢になっているのだと思う。

妻の秘められた所を僕以外の男性に簡単に見せているんだと思うと嫉妬心と興奮で一杯になった。

吉沢「優子はもう凄く濡れてるよ、旦那さん以外の男性としたかったんだ」

妻「興味が有ったけど主人には言えないでしょ。結婚してるのよ・・・あ~良い」

妻「そこ気持ちいいの、ああ~~良いの~あ~もう駄目~いいいい~」

そして「ああ~逝く、逝く~~入れて、篤史~入れて」と哀願の声が聞こえてきました。

妻は完全に女になってました。

今日初めて会った男に求める妻の声が僕の体全体に響きます。

それも40分以上続いた後、もっと驚く事が・・・

吉沢「優子、僕のチンポが欲しいか?」

妻「お願い入れて~~ああ~入れて~~~」

吉沢「ちょっと入れるからな」

妻「嬉しい篤史~好きよ」

妻「ああ~凄い入ってる~篤史の入ってる・・・ああ~こんなの初めて、凄いの、奥まで入いって、ああ~凄く感じるの、熱いわ、熱い」

妻が大きな声で喘いでいたが、5分ぐらいして妻のあえぎ声が「逝く、逝く、逝く」聞こえ、逝くなと思ったとき

妻「あああ~篤史抜かないで、逝きたいの、入れて、入れて、入れて~」と妻が叫んだ

吉沢「優子、僕の女になってくれるなら入れてやるけどどう?」

妻「そんなの出来ない・・・出来ない・・・主人が許さないわよ・・・」

吉沢「旦那さんはMだから大丈夫だよ、でなければ他の男に優子を抱かせたりしないよ」

妻「そうなの??」

吉沢「それに優子のおまんこに精液を沢山出して欲しいなんて言わないだろ」

吉沢「賭けても良いぞ。旦那さん、俺の出した精液を優子のおまんこに口を付けて舐めるから」

妻「絶対しないわよそんなこと。でもしたら、貴方の女になるわよ」

吉沢「精液舐めたら俺の女になれよな、その前に優子を俺に下さいと言うけどね」

妻「判ったわ・・・だから篤史、早く入れて」

妻はと言うか、僕は完全に彼の思い通りになっていた。

僕は事も有ろうに彼の精液を妻のおまんこから吸いだし飲んでいたのだ。

妻は賭けに負けて彼の女になるのだと、妻が僕とSEXしたときに僕が悪い僕のせいと言った訳が判った。

吉沢「判った、絶対だからな、入れるぞ」

妻「早く入れて、逝かせて、篤史の凄く良いのよ」

妻「ああ~気持ち良い激しく突いて~ああ良いの」

妻は今までにない声で喘ぎ、二回ばかり逝き三度目に逝くときは「篤史の中に出して」と大きな声でよがりまくり妻と吉沢君は同時に果てた。

妻「中が熱い、凄く熱い、私の中に篤史の精液がいっぱい入ってる」とうわごとのように叫んだ。

3度目のSEXのあとに妻はおまんこの毛を剃らせた、それと同時に妻は彼の女になった。

4回目のSEX中に妻はうわごとのように「貴方の女になる」、「女になるから沢山抱いて」と言うようになっていた。

そして「捨てないで」とまで言っていた。

彼と妻は約2年間続いた。

夏休みや、春休みには殆ど家に来て、抱き合い僕の前でSEXした。

僕は興奮して妻へ出した彼の精液を飲み干し、自分のチンポを差し込むのが日課になった。

彼は卒業と共に僕たち夫婦から離れた。

関西の方に就職して終わった。

妻は淫乱に開発された体を僕以外の男性にぶつけてきた。

今はテレクラではサセコで有名になっている。

3度目から会えば生でさせてもらえる奥さんと。

それに出会い系サイトで頻繁に色んな男性と会ってSEXしているが恋する彼は出来ないみたいです。

彼と別れて妻の今のセックスフレンドは隣の旦那です。

奥さんが亡くなって一人暮らしなので僕が飲みに家へ誘って妻と出来ました。

「溜まってるでしょ妻とSEXしても良いですよ」と言うと妻もにっこり笑って「私を抱いて下さい」と目の前で始まり、今では食事も我が家で食べ妻が生理の時だけ家で寝る生活です。

僕にとっては嬉しい興奮する日々が何処まで続くのかな~隣の旦那も妻のことを「優子」と呼び捨てにして妻も「貴方」と言うようになりました。

とりとめのない文ですが最後までお付き合い有り難うございました。

寝取られる興奮は妻を愛すれば愛するほど強くなります。

かけがいのない大切な者が汚れた時にでも受け止める強い愛情が必要なのかもしれません。

妻を疑ったり信じられないと出来ない事でしょうね。