妻は大きな男2人に挟まれ、前から後ろから・・・

私は40歳の商社マンです。

結婚して10年、妻玲子は32歳、今でもお互いに愛し合っています。

しかし、私は5年前から原因不明のEDになってしまい、もう妻を満足させることはできなくなってしまいました。

女として熟れきった32歳の体を持て余しているであろう妻が不憫で、私は妻に、ほかの男とのセックスをするように提案したのです。

最初は妻も信じられないといった様子で拒否していたのですが、私が妻の喜ぶ姿を見たいことを理解すると、しぶしぶながら了解してくれたのでした。

それからは、私が妻の相手を探してきて、私の目の前で妻を抱いてもらうことを繰り返しました。

あれほど嫌がっていた妻も、それを喜びと感じるようになり、それを見る私も幸せで、以前よりも一層お互いの愛が深まっていると感じています。

今週は、新しい男たちを妻に紹介しました。

ひょんなことから知り合った2人の大学生で、ラグビーをしているだけあって、素晴らしい体格の持ち主です。

私はその2人を自宅に食事に誘い、妻の手料理でもてなしました。

若いスポーツマンだけあって、食べる量も飲む量も半端ではなく、小気味いいほどです。

「樋口さんの奥さんって美人ですよね~」

「料理もすっごくうまいっす!」

「おれもこんな結婚生活したいっす!」とかいいつつ、妻の体を、こっそり、でもとてもスケベな目でチラ見していました。

食事も終わり、リビングでコーヒーでもということになり、妻がコーヒーの用意をしている間に、私は彼らに今日の本当の目的を話しました。

「実は君たちにお願いがある。妻を、喜ばせてやってほしいんだ、つまり、妻を、抱いてやってほしい」

2人はあまりに驚いたのか呆然として黙っています。

「冗談ではない、僕はEDで、妻を喜ばすことはできない。だから、君たちにお願いしているんだ。嘘でない証拠に、これを見てくれるか」

私は、今まで、デジカメを取り出すと、保存してあった写真を彼らに見せました。

そこには、まぎれもなく、妻が、いろいろな男たちと交わっている画像が現れました。

おおきなペニスを口いっぱいに頬張る姿、オマンコに深々と突き刺さるペニス、そしてアナルにまで太いものが・・・。

「これで、僕の提案が冗談じゃないことが分かってくれたかな?」

2人はうなずく。

「本当にいいんですね」

「ああ、絶対に君たちを訴えたりしない。妻を喜ばせてくれさえすれば、どんなプレイもOKだ。暴力以外はね」

「わかりました、俺たちが奥さんを満足させてみせます。体力だけは自信がありますから」

そこへ、コーヒーを持って妻がリビングに入ってきた。

「今、菊池くんと安田くんには君のことをお願いしておいたから」

妻はその言葉を聞くと頬を真っ赤に赤らめ、コーヒーを持つ手が小さく震えた。

でも、その震えは、これからのことを期待しての震えなのだ。

「まずは、玲子からお二人にお願いするんだ」

妻はためらいながらも、2人に向かって深くお辞儀をする。

「あの、こんな私ですが、どうぞ、好きなようにもてあそんでくださいませ」

といいながら彼らを見つめる目は、妖しく光っている。

「さあ、じゃあ、お二人にもっとリラックスしていただかなきゃ。玲子、お二人ともパンツの前がパンパンに張って苦しそうじゃないか、解放してあげなさい」

妻はソファの前に膝まづくと、まず菊池のベルトに手をかけ、ゆっくりとズボンを脱がす。

巨大に盛り上がったブリーフのふくらみを何度か手のひらで確かめるようになでまわすと、ゆっくりとブリーフを下す。

そこには、体格に似つかわしい、20cm級の巨根が現れた。

「玲子は、大きなペニスが大好物なんですよ、期待以上の大物だな、玲子」

「ほんと、素敵ですわ」

そういうと、妻はその巨大な亀頭にそっと口づける。

舌をつかってカリの周りをゆっくりと舐め、そしてその大きなペニスをゆっくりと奥まで頬張り、ねっとりしたフェラを始めた。

「奥さん、うますぎっす、あー、たまんねえ、あ、あ、やばすぎっす」

菊池は顔を真っ赤にしながら妻のフェラを受けている。

「おれのもしゃぶってくださいよ、おれのも菊池先輩にまけてないっすよ」

横で見ていた高田もたまらなくなったのか、自分でズボンとパンツを脱ぎ捨てると、

妻の顔の前にペニスを持っていく。

そのペニスは、確かに菊池のよりはやや短めだが、18cmはあり、太さではやや勝っている、素晴らしいペニスだ。

妻は菊池君の巨根からいったん口を話すと、高田君のペニスを口に含んだ。

高田君は妻の頭を両手で押さえると、腰を使って妻の口を犯すようにその極太のペニスを出し入れする。

「玲子、どうだ、若いラガーマンのペニスの味は?」

「とっても硬くて太くて、おいしいです」

「菊池君のと高田君のと、どっちがおいしい?」

「そんな、比べられないわ、どちらもすごいもの」

「奥さん、デカマラ好きなんっすね、それはよかった。俺たち、ラグビー部の中でもデカマラコンビって言われてるぐらい、チンポだけには自信あるんですよ」

私は、妻が2本の若くて逞しい男たちのペニスにむしゃぶりつく姿をデジカメにおさめていく。

妻は2本を交互にしゃぶりながら、切なそうに腰を振りだした。

「君たち、妻のパンティの中を確認してやってくれないか?たぶんもう大洪水だと思うよ」

菊池が妻の後ろに回ると、スカートの中に手を入れ、

「ほんとだ、すっげえ、触ってもないのに、パンティ、ぐしょぐしょだぜ、奥さん、感じやすいんですね」

「いやん、恥ずかしい、あなたたちがすごいからこんなに・・あ・・」

菊池の太い指が妻のオマンコに入ったらしく、妻は言葉がでなくなった。

「すげえ、マンコが俺の指を締め付けてくるぜ」

「先輩、今指何本っすか」

「今、2本、いまから3本め、行きま~す」

「ああん、ダメ、そっと」

彼らは前からと後ろからとで妻を責めながら、妻の服を剥ぎとっていく。いつの間にか3人は全裸で絡み合っていた。

私はその様子をカメラとビデオに収めていく。あとで妻と一緒に楽しむのだ。

「そろそろ玲子はオマンコにぶっといのが欲しいんじゃないのかな、なあ玲子?」

「ほんとに入れちゃっていいんですね?」

「ああ、遠慮はいらない、思いっきりぶち込んでやってくれ」

「ゴムはつけなくていいんっすか?」

「玲子は生でやられるのが好きなんだ。君たちさえよければ」

「おれたちも生が好きっすから、じゃあ遠慮なく」

まずは菊池が、そのでかいペニスを妻のマンコの入口にぐりぐりと押し当てる。

「さあ、奥さん、入れますよ、本当にいいんですか?」

「あん、じらさないで、ぶち込んで!」

大きな亀頭が妻のマンコにめり込んでいきます。

じっくりと、妻の肉襞を味わうように、大きなペニスがゆっくりと挿入されるのを私はじっとみつめていました。

「だめ、壊れちゃう」

「そんなこと言って、マンコのひだひだは俺のちんぽをくわえて離さないっすよ」

「先輩、どうっすか、奥さんのマンコは?」

「たまんねえよ、すんげえ熟れてて、きゅっきゅ締め付けてきやがる。最高のマンコだぜ」

「俺にもはめさせてくださいよお」

「ちょっと待て、まず俺がゆっくり味わってからだ、お前は口を使っとけ」

妻は大きな男2人に挟まれ、前から後ろから責められています。

男たちの日焼けした大きな体と

真っ白な肌の妻の体が、卑猥に絡み合っています。

菊池は、妻の腰をしっかり押さえつけると、バックからすごい勢いでピストンを繰り返します。

妻のピンク色の肉襞に、太くて黒いペニスが、その長さをいっぱいに使ったたくましいストロークで出入りを繰り返します。

「ちょっと、お前もマンコの味見してみるか?」

菊池はその太いペニスを引き抜くと、高田と交代します。

「奥さん、こっちのちんぽもいい仕事しまっせ」

そういいながら高田は、その極太のペニスを一気に妻にぶち込みます。

「ひぃ・・・」

妻が声にならない声を上げるその口を、妻の本気汁でぬらぬらに光った菊池のペニスがふさぎます。

「ほんと、すごい締め付けっすね。たまんないっす。今までで最高のセックスですよ、奥さん」

高田も、早く、またゆっくりと、その自慢のペニスを妻のマンコにぶち込んでいます。

「あい、イク、あ、あ、あ・・・ああ~」

妻は2人の大きなペニスに狂ったようにしゃぶりつき、自ら腰を使って味わい尽くし、何度もいかされました。

「玲子はそろそろぶっかけて欲しいんですよ、なあ玲子?」

「さすがに中出しはまずいっすよね?」

「それは玲子、自分でお答えしなさい」

「きょ、今日は安全日なので、よかったら、どうか玲子のオマンコに出してください」

「まじっすか?ほんとに出しちゃいますよ?」

菊池はすごい勢いでピストンを繰り返すと、「イク・・・」と叫びながらそのペニスを深々と妻のマンコに突きさしました。

しばらくそのままじっとしていましたが、ゆっくりとペニスを引き抜くと、本気汁とまじりあった大量の白濁液が妻の襞からあふれだしました。

前から妻の口を犯していた高田も「俺もイキます!」と叫ぶと、そのペニスを妻の口から引き抜き、信じられないほどの量のザーメンを妻の顔に発射しました。

しばらく妻はぐったりとしていましたが、

「玲子、いつまでもイってないで、お二人のペニスをきれいにしてあげなくちゃ」

その声にハッとしたように、妻は2人のヌルヌルのペニスを舌できれいにしていきます。

さすがに若いスポーツマンだけあって、2人ともすぐに硬さを取り戻して、先端から先走りを流しています。

「さあ、玲子、そろそろお前の一番してほしいことをお願いしなくちゃ」

「え、そんなこと、あたし、言えません・・・」

「言わなきゃ分かってもらえないだろ、さあ」

妻は覚悟を決めるように深く息を吸い込むと

「わ、私の、オマンコと、あの、あ、あ、アナルに、お二人の太いのを2本ぶち込んでください!」

「喜んで、なあ?」

「もちろんっすよ、願ってもないっす」

「まずは先輩の俺からアナルいただくから、お前はマンコだな」

「了解っす、じゃ、奥さん、上に乗ってくださいよ」

高田は床にあおむけに寝転ぶと、妻はその上にまたがるようにして、高田のペニスに手を当てる。

「奥さん、自分から入れてくださいよ」

妻は高田の極太のペニスを自分のマンコにあてがうと、ゆっくりと腰を落としていく。

「さあ、自分で腰を使って」

妻の腰が、ゆっくりと、味わうようにいやらしく腰を上下させていく。

「さて、こっちの口もほぐさなきゃな」

菊池が、妻のアナルに指をあてると、ゆっくりと中指を挿入していく。

「奥さん、相当こっちも使い込んでるよな、俺の指もなんなく飲み込んでくぜ」

菊池の中指は、すっかり妻のアナルに入りきっている。

「もう一本行くぜ、すげえ、アナルの締りも最高だぜ」

「先輩、マンコもひくひく締まってますよ、アナルも相当好きなんですね、この女」

「じゃあ、お待ちかねのこいつをぶち込んでやるか」

菊池はそのプラムのような先端を妻の菊穴にあてがうと、ぐっと腰を押し出して、その太いものをめり込ませた。

「う、あ、駄目、ゆっくり、だめ、無理、だめ」

「そんなこと言って、もう先っぽはすっかり入っちまったぜ、力抜いて、ほら、行くぜ」

太いものが、妻のアナルに、ゆっくり、しかし確実に入っていきます。

「ほら、もう半分入ったぜ、あとちょっとだ」

「もう、無理、駄目」

「奥さん、もう全部入ってるぜ」

「先輩、マンコもすっげえ締りっすよ、たまんねえ、食いちぎられそうっす」

「そろそろ動かしても大丈夫だな」

菊池は、妻のアナルがペニスに馴染んできたのを待って、ゆっくりと腰を使いだしだ。

「あん、だめ、狂っちゃう、だめ」

「玲子、本当はいいんだろ、素直に言ってごらん」

「あん、本当は、本当は、いいの、すごい、大きいのが、前にも、後ろにも入って、もう、もう、ああ・・・・」

もう妻には理性というものは残っていません。

屈強な若い男たちの逞しいペニスによって、ただ快楽をむさぼるだけのメスにさせられてしまったのです。

妻のマンコとアナルには、がちがちの太いペニスが2本ぶち込まれて、ゆっくりと抽挿を繰り返しています。

私はぬらぬらと光るその部分と、妻の喜ぶ顔をアップでビデオに収めます。

「お前もアナルためしてみろよ」

菊池がペニスを引き抜くと、妻のアナルは無残にも菊池のペニスの大きさに広がってしまっています。

「菊池先輩、もう、そんなでかいの入れるから、奥さんのアナルがこんなに広がっちゃってるじゃないですか」

「うるせえな、お前のほうがちんぽ太てえんだから、大丈夫だって」

「じゃあ、奥さん、失礼して、俺のも、入れさせてもらいますよ」

さっきとは反対に、菊池のペニスをマンコに、高田のペニスがアナルに入っていきます。

屈強な男たちにサンドイッチにされて責め上げられ、妻は何度も何度もイカされてしまいました。

最後は、高田のザーメンをアナルに出され、そのあとアナルからしたたる白濁液をぬぐうこともせずに

菊池にもアナルにザーメンをぶちまけられて、妻は失神してしまいました。

そのあとの明け方まで2人から全部で5発ずつのザーメンを浴びせられて、妻も私もぐったりと朝まで眠りこけてしまいました。

翌朝も、11時頃に目が覚めた2人は、朝立ちしたたくましいペニスを見せつけるようにキッチンに来ると朝食の用意をしていた妻を立ったまま犯し、たっぷりとザーメンを放ちました。

その体力にはほれぼれするほどでした。

「これからも時々は妻を可愛がってやってくれないか?できたら私の目の前でお願いしたいが、無理なら、君たち自身でビデオを撮って、あとで見せてくれたらいいから」

「毎日通いたいくらいっすよ」

「ほんとですよね、先輩」

彼らと私は、しっかりと握手をして別れた。

その晩は、妻と、ビデオを見ながら、抱きあって眠った。

私も妻も幸せだった。

明日の晩は、彼らがまた来てくれるそうだ。

私も残業を早く終えて帰ってこようと心に誓った。