イケメン好きで強引な誘いに弱い妻を寝取らせた

今年の2月に結婚したばかりのまだ新婚夫婦です。

僕が26才。妻が25才です。

妻はイケメン好きで、強引なのに弱い性格です。

僕が妻と初めてSEXしたのも、強引にホテルに誘ったのが始まりでした。

寝取られ願望のある僕は、イケメンに強引に迫られたらSEXするんじゃないか?と思い、試してみる事にしました。

ネットで僕と同い年でイケメンを募集し、Kという男が見つかりました。

住んでる所も比較的近い人でした。

僕は妻に、「高校時代の友達で俺らの結婚式に来れなかったけど、帰省してるから三人で飲みに行こうって誘われた。奥さんを生で見たい!って言ってたよ(笑)」と話し難なく了解を得られました。

当日を迎え居酒屋で顔合わせした瞬間妻は「カッコイイ~♪こんなイケメンの友達居たんだ!」と上機嫌。

私はお酒飲めませんが、居酒屋で2時間程飲食し、次に行こうって事でカラオケに行きました。

部屋に入り30分くらいしてから、トイレに行ったKに私の会社用の携帯に電話をさせました。

私が着信音の鳴る携帯を片手に部屋の外に出て、一旦ドアを閉めた直後にKが入れ代わりで部屋に入ります。

5分程仕事絡みの電話をしたフリをした私が部屋に入り「ごめん!ちょっと仕事で抜けるわ!いつも面倒掛けるお客さんだから、ちょっと長くなるかも・・・適当に切り上げて帰っててもいいから」

そう言って私は近くのネカフェに移動しました。

ここから先はKから逐一メールが来る約束になってます。

1時間後、まだカラオケ中とメールが入りました。

私は妻に電話し「一応用件は済んだんだけど、飯ご馳走するって誘われたから付き合ってくるわぁ」と告げました。

すると妻は「大変だね~。私はカラオケ終ったら帰るね。Kさんがウチと同じ方向だからタクシー乗り合いで帰っていい?」と聞いてきました。

いいよ~。と返事をして電話を切りました。

ここまで作戦通りです。

しかし妻との電話を切った直後にKから電話あり「奥さん本当に強引なのに弱いの?カラオケで二人になってから肩を抱いたり、手を握ったりスキンシップするんだけどすぐ手を払われるんだけど・・・」と。

私は「二人になってから1時間以上一緒にいるくらいだから大丈夫。嫌だったらすぐ帰ってるはず。帰りは予定通りタクシーでラブホに行って、後は強引に部屋まで連れていけば大丈夫。俺も妻との最初はそんな感じだったから・・・」

そう告げて電話を切りました。

そして僕はネカフェを出て駐車場に止めてる車に乗り込み、二人がいるカラオケの近くで待機しました。

「これからタクシーに乗る」とKからメールがあり、しばらくすると二人が出てきました。

僕は二人が乗り込んだタクシーを尾行します。

自宅方向に進むタクシー・・・

真っすぐ行けば自宅。

左折すればラブホ方向って交差点が近付いてくると僕の心臓はバクバクです。

ここでKから僕の携帯に電話がきました。

「もしもし・・・」と出ますが応答は無くタクシー車内の音が聞こえます。

そして「そこ左」とKの声。タクシーは左折しました。

妻「Kさんの家こっちだっけ?」

K「え?あぁ。まぁね」

しばらく走るとラブホが見えてきます。

K「運転手さん!ここでいいよ」

僕はタクシーから四角になる所に車を路駐して車を降り、陰から二人を見ました。

妻「カラオケ代払ってくれたからタクシーは私が降りる時に纏めて払うよ!今日はありがとう。旦那からもお礼言うように伝えるね」

K「え?とりあえず一緒に降りようよ?」

妻「いや、旦那帰ってくるし・・・もう遅いし」

K「まだ11時前だよ。ちょっとくらいいいしょ!行こ!」

妻「ダメだよ!無理無理!」

運転手「悪いけど週末で稼ぎ時なんだわ。乗るか降りるかハッキリしてくれません?」

思いもよらぬ運転手からの妻を焦らせる発言。

K「ほら迷惑だし・・・とりあえず一旦降りよう。ごめんね運転手さん。お釣りいらないから」

妻「え?あっ・・・す、すみませんでした」

と、タクシーから降りたKが妻の腕を引っ張りながらタクシーから降ろしました。

二人はしばらくホテルの前で会話してます。

妻「ダメだってば~」

K「何がダメなの?俺がダメ?旦那に悪い?」

妻「そりゃ旦那に悪いに決まってるしょ!しかも旦那の友達でしょ?ダメだよ~」

K「でも、俺高校の時アイツ(僕)に彼女取られた事あるし、一回くらいいいしょ?」

妻「え?そうなの?でもそんな昔の話しされても・・・その時私は二人の事知らないし・・・関係なくない?」

K「昔の話しだけど、いつかやり返すからなぁってアイツには宣言してあるし」

妻「そんな関係で何で友達関係続いてるの?」

K「その後お互い大学で離れ離れになったからそういう機会なかったし、今は笑い話しみたいになってるからね」

妻「じゃあ笑い話しのままでいいしょ(笑)」

K「そうなんだけど、綾ちゃん(妻)可愛いから、昔のあの宣言通り実行したいなぁって思って」

妻「え~。私関係ない~」

K「とりあえず行こ?肌寒くなってきたし、するしない別にして中入ろ?」

そういって妻の手を握り中に入っていきます。

中に入ると妻は独り言のように「いや~やっぱダメだよ~。絶対まずいって~帰ろうよ~」

そしてエレベーターに乗ったような音がして電話が切れました。

僕は車に戻り近くの公園の駐車場に移動しました。

そして妻に電話をしました。

僕「もうちょっとで終りそうなんだけど二次会行くみたい・・・俺お酒飲んでないから帰り送ってくれとも言われてて・・・帰るの4時くらいになるかも・・・帰ったら慰めてね(笑)もう家?」

妻「そっかぁ。仕事絡みならしょうがないよね。お酒飲めないのにお酒の席に付き合うのは大変だね。私は今タクシーでもうちょいで家だよ」

妻はハッキリ嘘をつきました。

電話を切ってから30分くらいした時Kからメールが来ました。写メつきで・・・

K「今奥さんシャワー浴びてるよ。上手くいきました」と、短いメールと浴室でシャワーを浴びる妻の後ろ姿と畳まれた服が写ってました。

それからしばらく連絡が無く僕は少し寝てしまってました。

Kからのメールで目が覚めると3時ちょっと前でした。

K「今奥さんと別れました。もう少しで奥さんも帰宅すると思いますよ。色々楽しかったです。疲れたので詳細は明日でいいですか?」

僕は明日詳細を聞く事にして、僕も少し時間を潰してから帰宅しました。

帰宅すると妻は風呂上がりなのか髪も半乾きの状態で寝てました。

風呂場が濡れてるのでウチで風呂に入ったようでした。洗濯カゴから穿いてた下着を探して確認してみると、まだしっとり濡れていてかなり汚れてました。

僕も寝室に行くと妻が起きて「あ、帰ってきたんだぁ。お帰り~」と言います。

僕「髪濡れてるよ?乾かしてないの?」

妻「お風呂入ったら酔いが回って気持ち悪くて寝ちゃった・・・」

僕「カラオケの後真っ直ぐ帰ったんだよね?」

妻「そだよ(笑)他にどこ行くのさ(笑)」

僕「だよね」そして妻に被さりキスすると応えてくれます。

前戯をするといつも以上に濡れてきました。

僕「今日はいつもより濡れてるね。何か刺激的な事でもあった?」

妻「そんな事ないよ・・・何も・・・ないよ・・・」

この日の妻は後ろめたい気持ちがあるからなのか、いつも以上に積極的でかなり感じてる様子でした。

翌日、妻は友達と買い物に行くとの事で午前中に出掛けました。

僕はKに連絡を取り昼過ぎにファミレスで会い詳細を聞きました。

ビックリのオンパレードでした。

先ずホテルに入ってからは相変わらず嫌がってたけど、強引にキスして胸を揉んだら感じながら「強引にされると感じちゃう・・・お風呂入っていい?」と言ってあっさり受け入れたとの事。

別々にシャワー浴びてベッドインするとすぐに自らチンポを触ってくるし、マンコは濡れ濡れだったとの事。

フェラされてる時に写メを撮っていいか聞いたらダメと言ったがお構いなしに写メを撮ると、最初は嫌がってたが次第に興奮してきたのかフェラしながら自分でクリを触りだし「もう入れていい?」と聞かれ頷くと、四つん這いになりKのチンポを掴んで自ら挿入したとの事。

生で挿入し自ら腰を振り、勝手にイッてしまったとの事。

その後三回戦し帰宅したとの話しです。

中出しはしなかったが、毎回口に出し毎回飲み干してたとの事。

別れ際にKが妻のアドレスを聞いたが教えてくれず、また強引にすれば聞けると思いしつこくしたが教えて貰えず「一回だけだから。もう旦那居ない時には会えないからねでも・・・また機会あればね!」と一言言ったそうです。

Kの携帯にはかなりの量の写メがあり、それを全部僕の携帯に転送しました。

Kと別れ帰宅して写メを一枚一枚じっくり見ながらオナをしました。

Kとはこの出来事があった今年のゴールデンウイークから現在までまだ付き合いが継続しており、次回は自宅に呼んで3Pをする作戦を計画中です。

3Pをした後は僕公認のセフレとして貸し出しなどもしていくつもりです。