家族で行った旅行先のプールで妻が若い集団から痴漢された

去年の秋、家族で旅行に出かけた時の話をします。

私32歳、妻30歳、子供(男)10歳子供の要求もあり、ケ○○ワ○○ドに泊まりで出かけました。

そこは、流れるプールや、波の出る所があり1日中遊べる子供にとっては最高の場所でした。

現地に到着と同時に、プールへ向かいました。

休日と言う事もあり、施設内は非常に混雑しておりプールは芋洗い状態でした。

妻は薄い黄色いビキニ姿で、ちょっとムチムチした体は男がムラムラくる体型だと思います。

私が言うのも何ですが、顔も結構可愛く自慢できる妻です。

妻は子供に手を引かれる様に、波の出るプールに向かっていました。

私は、場所を探し歩いていました。

人通りが多い通路脇ですが、何とか場所をキープし妻達の元へ向かいました。

初めて見る波の出るプールは想像よりも激しく、子供以上にハシャイでしまいました。

妻も浮き輪に乗り何度もひっくり返っていました。

「パパ楽しいね!」そう言って、ドンドン深い方へ向かって行きます。

子供も夢中で、私は子供から目を離さないようにしていました。

その時、会場内に放送が鳴り波が大きくなりました。

今まで以上に大きく、周りのお客さんと体がぶつかる位大きな波でした。

「妻は!」そう思って辺りを見回しても見つからず、子供の浮き輪をひっぱっりながらちょっと沖の方へ向かうと、一番沖の方に妻が見えました。

よく見ると、妻を囲む様に若い男性数人がいました。

「お~い」そう叫んでも波の音が大きく、妻には聞こえていませんでした。

なかなか近寄る事が出来ず、離れた場所から見ていると、妻の顔がときより変わるのが分かりました。

「どうしたんだろう」と思いましたが、大波に流されなかなか妻の元にたどり着く事が出来ませんでした。

「お母さん!」と子供が騒ぐと、若い男達がこっちを見たかと思うと、バラバラに散らばり妻が、こっちを見て微笑みました。

「お母さん、居なくなっちゃうんだもん!」

「ごめんね」といつもと変わらない妻の言葉でした。

気にしすぎかな?

と思いながら妻の浮き輪に手を伸ばした時、妻が一所懸命何かを直している様でした。

「流れるプール行こう!」

子供の要求で、私達はそのまま流れるプールに移動しました。

流れるプールも大盛況で、流れる人って感じでした。

でも、とっても長く、しかも2階なので、眺めも良く浮き輪に乗ってユラユラと気持ち良かったです。

子供は、バチャバチャと泳ぎ、妻も浮き輪にお尻から入ると、流れるままに寛いでいました。

2週目に入る頃には、みんなバラバラになっていました。

私は、ちょっと広い場所で妻達を探しました。

1/4週位遅れて妻が流れて来るのが分かりました。

手を振ろうとした時、気づいたのです。

妻の周りには、さっき波の出るプールに居た男性達がまた、妻を囲んでいたのです。

妻は目をつぶっていました。

私は、人影に隠れ様子を見ていました。

明らかに妻に密着し中には、妻の浮き輪に捕まっている人も居ました。

4人、しかも高校生か?

20歳位でしょうか?

私は、声を掛ける事も出来ないまま前を通り過ぎて行きました。

少し遅れて子供がやってきました。

私は、子供と合流し妻の後ろを付けました。

3週目に入る頃、流れるプールの一部に下が見える様になっている場所(ガラス張り)があったんですが、妻と男達がその場所で、止まりました。

妻は目を開け、必死に何かをしている様でした。

男達は、ニヤニヤ妻を見ていました。

妻も男達に何か言っている様でしたが、波の音と、人の声で何も聞こえません。

私は、ゴーグルを付け妻の後ろから近づいてみました。

2m位でハッとしました。

妻の下のビキニが膝まで下げられ、妻が必死にビキニを抑えていました。

男数人の手が妻の下半身を触り、マンコ丸出しで透けるプールの場所で止まっているんです。

下からも見えていたんでしょうか?

私は、怒り以上に妻の姿に興奮しました。

もう少し、男達の行為を見たくなり妻に声を掛けるのを辞めました。

少しして妻と男達が動きだし、半周位回った辺りの薄暗い場所で、妻と男達がプールから上がるのが見えました。

上がる時ちょっと見えたんですが、妻は下のビキニを直したようですが、半尻状態でした。

私は、子供を連れ妻の後を追いました。

そして、プールサイドに場所取りした所に子供を待たせ、妻が消えた洞窟の中に入って行きました。

奥に入ると、お湯のプールがあって男達の真ん中に妻がいました。

私は、岩陰から様子を伺うと妻の胸に手を伸ばし、今にもビキニを剥ぎ取ろうとする男達!

流石にマズイと思い、

「お~ここに居たのか?探したよ」と声を掛けた。

「あっあなた、ごめんなさい。温まっていたの?」気まずそうに、妻が答えた。

男達は、知らんぷりをしていた。

「子供も腹減ったみたいだから、昼食にしよう」そう言って妻の手を取った。

妻が立ち上がると、ビキニからオッパイがはみ出していた。

俺は気づかないふりをして妻と子供の元へ向かった。

私と子供の2人で売店に向かいました。

売店は長蛇の列で、なかなか進みませんでした。

ふと妻の方を見ると、さっきの若い連中が、妻の元に来ていました。

妻も困った顔で話をしている様でした。

ようやく、昼食を買い妻の元へ戻るとさっきの連中は居ませんでした。

「いや~凄い混みようだったよ」

「人凄いもんね!ご苦労様」

「さっき、若い連中と話してた?それともナンパ?」

「ち・・・違うわよ!ちょっと、温泉の場所聞かれただけよ」

「そうなんだ!てっきりナンパされてんのかと思ったよ」

「も~パパったら・・・」

その後、昼食を済ませると子供と妻はまた波の出るプールへ直行した。

私は疲れたので、休んでいた。

辺りを見渡すと3人組みの若い女性が結構、キワどいビキニ姿で休んでいた。

時より、こっちに四つん這い姿でお尻だけが向いていたりして、ドキドキしながら見ていた。(変態ですね・・・笑)

しかも白いビキニなので、尚興奮した。

彼女達がプールへ向かったので、私も何となく付いていった。

彼女達はプールで浮き輪に乗り、ハシャイデいた。

夢中で見てしまい、何度か目が合ってしまった事もあった。

そんな事に気が回り、妻達を忘れてしまっていた。

妻達を探したが、見当たらず施設内を探した。

キャーっと言う言葉に目が行った。

そこは、ウォータースライダーだった。

次々と滑り落ちてくる人の中に、子供が居た。

あっと思ったが、一緒に乗っているのは妻では無かった。

さっきの妻に絡んでいた男の一人だった。

私は人影に身を隠し様子を見ていた。

するとバッシャ~ンっと言う音と共に妻が男性と降りてきた。

その時、明らかに男性は妻の胸を触っていた。

子供も妻も男達に手を引かれまた、上って行った。

しばらく様子を見ていたのだが、男達は代わる代わる妻と乗り、お触りタイムを楽しんでいる様だった。

「じゃ、次は流れるプールに行こうか!」

男が子供に話掛けた。

「ん~行こう!早く」

子供もすっかり男達に慣れたのか、上機嫌だった。

「パパ探していると大変だし・・・この辺で・・・」

妻が困った顔で答えた。

「いいじゃないですか!子供も楽しんでいるんだし・・・」

男が妻の耳元で囁いた。

妻はコクリと頷いた。

男達に連れられ、移動する後を私も付いて行った。

男達は妻の腰に手を回し、カップルを演じていた。

流れるプールに行くと、一人は子供の世話役で残りは妻を囲んでいた。

私はゴーグルを付け、水中から妻を見た。

水に入ってすぐに、ビキニは下げられ男達が、代わる代わるマンコを触っていた。

妻は終始目をつぶって我慢している様だった。

私は一旦プールを出ると、一周待って妻に声を掛けた。

「お~いたいた。随分探したよ!」

「あ・・・あなた」

男達が焦るように私を見た。

「誰?知り合いなのか?」

ワザと聞いた。

「あ・・・さっき知り合った人、子供と遊んでくれて」

男達も合わせるかのように話出した。

「あ・・・旦那さんですか?どうも」

場が悪い感じの顔をしていた。

しかもビキニを必死に上げているのが分かった。

「俺達この辺で・・・じゃ」

そう言って彼らはプールから上がった。

子供も近寄って来て

「パパ楽しかったよ」

「そうか、パパ探したんだよ。今度はパパと遊ぼうか」

「うん」

そう言って流れるプールを進んだ。

私は子供と妻を引き寄せ妻にベッタリくっ付いていた。

「何された?」耳元で囁いた。

「えっ何って?」

「若い男だよ!知らない人が、一緒に遊ぶ訳ないだろ!」

「ん~ちょっと触られた。ナンパされた」

「何で触られて抵抗しなかったんだ!」

「ごめんなさい!後でゆっくり説明するね」

私達は、その後常に一緒に行動した。

夕方プールから出て、ホテルへ向かった。

ホテルもプールと隣接されていたので直ぐだった。

部屋に着き、着替えると子供はテレビに夢中だった。

「さぁ続き」

「波の出るプールで、ハシャイデいたら男達にぶつかって、男の人の指輪がなくなったと言われたの?誤ったんだけど高いんだぞ!と言われ、そうしたら色々触って来て抵抗したら”指輪払え”って言われて、何も出来なくなった。彼らは私を見つけると寄って来て・・・」

「分かった。騙されたんじゃないか?まぁ触られただけか?」

「うん。他は何もないよ」

まぁちょっと嘘つかれた感じだったが、俺もドキドキしながら初めて見る妻の痴女姿を見れた。

その夜は、昼間の興奮を妻にぶつけた。

妻も「どうしたの?今日激しいね」と私の行為に対応してくれた。

初めての体験だったが、妻が他人に悪戯されるのも堪らない興奮を覚えた。

また、今度プールへ来ようと思った。

またまた、行って来ました温水プール。

この数か月間、妻の恥ずかしがる姿が頭から離れませんでした。

ネットで、またもや新着水着を検索し、今回はモノキニ水着を選定。

黒のV型で陰部は結構狭く、胸の部分やその他、多数箇所レース状になっていました。

へその辺りは開口しているので、とてもエッチな感じで胸はもちろんレースなので肌色のインナー着用。

(それが、また胸が透けている様な感じに見えるんです)

妻の了承も得ずに落札しました。

(必ず着てくれる自信もあったんです)

後は、旅行の話を持ちかけ家族が了承すれば・・・

もちろん今回もケ○ジワ○○ドへ。

ケ○ジワ○○ドは7月14日からオープンする事もネットで調べ、オープン初日を狙って行く事を決意しました。

週末の夕食時(その日も暑い日だった)旅行の話を持ちかけた。

(暑い日の方がプールの気分になると思った)

私「最近暑くなって来たし、プールでも行こうか?」妻「プール?」

子供「賛成!どこ行くの?」

私「ケ○ジワ○○ド?」

妻「あ~いいね。あそこのプール面白いし」

子供「行きたい、行きたい」

私「じゃ、決定!!!」

“予定どうりの展開”

妻「何着ようかな?」

私「ちょっと準備しちゃった?」

妻「え~本当!!!気が早いんだから・・・見せて」

私は、寝室からビキニを持って来て、まずは子供も水着を見せた。

(妻のだけだと変に思われるから・・・)

妻「へ~、子供も分も買ったんだ!」

私「当たり前だろ!折角だし!」

妻「私のは?」

私「これ!!!」

妻「え~黒!!!凄いエッチな感じだね!パパ好み?」

私「どう?駄目」

妻「良いんじゃない!今年はモノキニが流行るって何かで見たよ」

私「じゃ決定」

そうして、私の思惑道理に話は進み旅行の予約を取った。

車は、目的地に向かい進んでいた。

家族もワクワクしながら話は盛り上がっていた。

今回、妻が誰の餌食になるんだろう?

そんな事を考えると興奮が込み上げて来て股間が熱くなった。

10か月ぶりのケ○ジワ○○ドは、変わらなかった。

更衣室から出て来た妻の姿は、目を硬直させる位エロく見えた!!!

レースがやけにエッチさを強調していた。

胸の辺りはちょっと離れると完全に透けている様に見えるが、中は肌色のサポータ。

そんな妻と一緒に、プールへ続く通路を歩いていると行き交う男性客が驚いた感じで妻を見ている。

”見られている”と感じた私は誇らしげでもあり、興奮していた。

妻を見ると、満更ではない感じに見え、作戦成功と心でガッツポーズを取った。

プールサイドの椅子を2脚借り、荷物をそこに置いた。

子供は、一目散に波打ち際に走り妻も後を追って行った。椅子に座り妻の様子を伺った。

妻が子供と波際でハシャイデいると、男性達は妻の姿に見入っているのが分かった。

中には近くに寄って行きジロジロ見る男性もいた。

水に濡れた水着は更にエッチさを増していて、男性には刺激になっている様だった。

子供「パパ~」

呼ばれて私もプールへ入った。

妻「やっぱり、来てよかったね」

私「そうだな!」

そう言うと、ちょっと深い方へ入って行った。

妻は期待しているのか?

試したくなり、何気に後ろ側に向かいお尻に触れてみた。

軽く触れただけで、妻は目を瞑った。

”間違いない!待っている”

そう確信し、ビキニの隙間から指をマンコに這わせると、濡れていた。

ヌルヌルした感触が指を伝って来るのが分かった。

水着の股間の所を狭め、毛が食み出る感じにしておいた。

手を放し、如何にもちょっと離れていたと言う感じで

”お~い”と妻に声を掛けると”ハッ”とし目を開けジロジロ辺りを見回していた。

子供が水際から上がったので、2人で付いて行くと下半身が見える位の浅瀬で、妻は気づいたのか?

急にVラインを直していた。

その時、数人の男性が妻をジッと見ていた事も私は気づいていた。

浮き輪を準備し、流れるプールへ向かった。

妻は中位のイルカの浮き輪に跨り抱きつく感じで浮いていた。

後ろから見ると、凄い光景だった。

開かれた股の間には、明らかにマンコの割れ目がクッキリ現れお尻が一段と大きく見える。

そんな格好のまま妻は流されていた。

子供は、いち早く泳いで行き、もう見えなくなっていた。

私も妻の後ろに向かうと、ワザと妻のお尻のVラインを狭めてみた。

”ちょっとパパ~恥ずかしいでしょ!”

と妻が言いながらも特に直す事も無く、そのままの状態で浮き輪共々流れて行った。

私は妻の後ろ側3m位、後ろを付いて行ったが、良く見ると、結構Vラインが狭まり、見えそうな感じだった。

半周回った辺りで、妻の後ろには多くの男性が群がっていた。

若い人から初老男性まで様々だったが、皆目線の先は妻のお尻周辺だった。

今にも、お尻に顔を付ける勢いの男性も居て、ハラハラ・・・ドキドキしながら見ていた。

ちょうど一周を回った頃、子供が水から上がって待っていた。

”ジャボ~ン”子供が勢い良く飛び込んだ。

「ママ!遅いよ。浮き輪交代」

その言葉に妻はイルカから降りた。

「ごめん・・・ごめん」

浮き輪を交換し、妻は浮き輪にお尻から入ると、また優雅に流れに沿って流れ始めた。

私は子供と一緒に先に進み妻の姿が見えなくなっていた。

1周程、回った所で私は疲れたので、後を流れて来る妻を待つ事にした。

暫く待ったが、妻が現れる事は無かった。

気になり水から出ると歩いて戻る方向に向かった。

薄暗い広くなった所に、数人の男の集まりを見つけ近寄ると、その真ん中に妻が居る事を確認した。

”何してるんだ?”と思い、水に入ると人混みに紛れながら近寄って行った。

妻は目を瞑りジッとしていた。

ゴーグルを着用し水中から見ると、妻のビキニ部はズラされマンコを触られているのが分かった。

水から出て、男達を見て驚いた。

3人居る中の1人は、間違いなく以前ここで妻に悪戯していた学生だった。

ちょっと変わった感じにも見えたが、間違いない。

他は友達か?

ニヤニヤしながら妻は彼らに触られていた。

偶然なのか?

まぁ地元の学生なら良く来るんだろうけど・・・

一定の距離を保ちながら、彼らの様子を見ていると、妻の浮き輪に3人が縋り、流れだした。

もちろん、妻のマンコは曝け出され、男達の指が出入りしていたのは想像が付いた。

さりげなく、妻の胸も触ったり、好き放題している様子だった。

彼らのにとって、妻は最高の獲物だったに違いない。

半周位流れた所で、彼らは止まった。

そう、下が透けている場所だった。

妻のマンコを見せつける様に暫くその場に止まり、ニヤニヤしながら指で悪戯している。

その時、子供が前方から向かって来るのが分かった。

「ママ!こっち」

子供の声に妻は目を開け、彼らから離れようとしているが、浮き輪を離す事は無かった。

子供が近づくと「おっ僕!覚えてるか?」と話しかけている。

子供の記憶も凄いもので、

「あ~前のお兄ちゃん」とニコニコと答えていた。

男は子供に何か言うと、一緒に水から出る様だった。

妻の後ろにはぴったり男が付き、お尻を摩っていた。

私は、行き先に覚えがあった。

彼らの後ろを付いて行くと、やはりウォータースライダーだった。

彼らは妻と代わる代わる乗り、妻の胸を堪能する計画だろう。

出口付近で待ち受けると、やはり子供の後から妻と一緒に乗った男がニヤニヤしながら滑り落ちて来た。

止める気になれば簡単に出来たが、正直私の股間は熱くなり、もっと見たいと言う気持ちで一杯だった。

5回位滑り落ちると、男達の股間も大きくなり膨れているのが分かった。

妻は顔を赤らめながら、ハァハァしていた。

そのまま、妻の手を引き洞窟の中にある温泉?

温水に向かうのが見えていた。

1人が子供の手を引き、波の出るプールへ向かい、妻と離す計画だろう。

私は洞窟の手前で観察する事にした。

奥には人気も少なく、彼らにとって最適な場所なのかも知れない。

妻を抱く様に男の1人が温水に浸かると、胸を揉み乳首は露出されていた。

もう1人も前に立つと、チンポを出し妻の口にあてがった。

妻は顔を背けていたが、彼らに手で押さえつけられると口に入れられ渋々舐め始めていた。

その後、妻を立たせると、男達は妻の水着をズラしマンコを露出させ舌を近づけた。

”何だ濡れてるんじゃないか!好きだね奥さん”

そう言うと、ペチャペチャと音を立てて舐めていた。

その時、数人の客が入って来て、彼らは慌てて妻を水に入れ、水着を直させた。

まぁこんな所では本番は出来ないだろう!

そんな安心感もあった。

妻の手を引き、彼らが出て来たので私は見つからない様に、岩陰に隠れた。

妻は波の出るプールで彼らと共に入って行ったが、触られ続けている事も推測出来た。

私が、波打ち際に立っていると子供が気づき近寄って来た。

妻も顔を赤らめながら近寄って来て、「ごめん~パパ見当たらなかったから、黙ってこっちに来ちゃった」と言われた。

「お昼にしよう!」

と言い、2人を連れ売店に向かった。

彼らが妻の後姿をジッと見ていた事も分かっていた。

妻はどこに居ても男性の注目の的だった。

売店で並んでいる時も、大抵の男性は妻を確認するように見て行く。

私は、それがまた快感でもあり、興奮する所でもあった。

長いストレートの髪を掻き分ける姿もまた、男心をそそりムチッとした体形に食い込むような水着が、エロ心を擽った。

若い男ですら、妻の体に虜となっているのだから、中年男性には光り輝いていると思う。

昼食を済ませると、子供は早速浮き輪を持ち流れるプールに向かって行った。

「俺、温泉入って来る」そう妻に言うと、

「分かったわ!後で戻って来てね」と言いながら妻も子供の後を追って行った。

もちろん、彼らが直ぐに妻の後を追うのを確認し、私はプールを後にした。

温泉でゆっくりと体を休めながら、私は妻が今何をされているのか?

彼らにチンポを挿入されていないか?

そんな事を考えながら、チンポを立たせていた。

チンポがギンギンで、風呂から出る事も出来ずにいた・・・

と言う方が良いかも知れない。

妻と別れ1時間が過ぎただろうか?

私はプールに戻り妻達を探した。

妻達は、椅子に休んでいたので、直ぐに分かった。

”彼らはどうしたのか?”

疑問もあったが、妻と合流すると

”私も温泉に行ってくる”と姿を消した。

子供と2人で遊んでいると、彼らの姿もあった。

更に時間が過ぎ、妻は40分位で戻って来た。

4時を迎える頃には、帰る人が多く園内にも人気が少なくなっていた。

私と子供がウォータスライダーに乗っていると、妻が居なくなっていた。

子供が波の出るプールに行くと言うので、

私は”ママを探すからと言いそこに居る様に”と言って探しに向かった。

流れるプールにも妻の姿が見当たらない。

洞窟を見たが、そこにも居なかった。

2階のレストラン通りを歩いていると、非常階段が見えた。

直感だろうか?

とても気になり登ってみる事にした。

人声が聞える。

”妻だ”

そっと上り、薄暗い中にちょっと広い場所が見え、そこには妻が全裸で彼らのチンポを咥えていた。

四つん這いの格好で、1人はバックから妻のマンコを舐め、もう1人はチンポを妻に咥えさせ、そしてもう1人は胸を揉んでいた。

”こんな所があるとは・・・”

まさか妻が、犯される所を目撃するなんて夢にも思わなかったが、物凄い嫉妬心と興奮で頭の中が一杯だった。

彼らは、妻のマンコにチンポを挿入し、何度か出し入れすると中に精子を勢いよく放出し、交代で数回中に放出していた。

彼らも満足したのか?

”奥さん良かったよ!また、岩手来てくれよ”

と言い、妻を残して居なくなった。

ハァハァしながら、マンコに指を入れ精液を掻きだす妻がまた、色ぽくエッチに見えた。

水着を着ると妻も、そそくさと階段を下り、下の階へ向かって行った。

私も急いで、1階に駆け下り、何気ない素振りで”どこ行ってたんだ!探したよ”と妻に声を掛けた。

驚いた様子の妻は

”アッちょっと・・・落し物して探してたの?”

と誤魔化して来たので、

”そうか!有ったのか?”と合わせる様に答えた。

しかし、妻のマンコからは、まだ精液が垂れ水着の隙間から流れているのが見えていた。

そんな私達を横目に、彼らは隣をワザと歩き通り過ぎる際に、妻のお尻にタッチして帰って行った。

思わず、勃起する私のチンポを隠す様に、私はプールにダッシュした。

妻も、一緒に走るとプールでこっそり精液を洗い流していた。

5時を回った頃、私達もプールから出て、ホテルへ向かった。

”今回、予定外に妻のマンコが使われたが、それでも私は十分満喫出来た。たぶん妻もそうだろう”

私達は、ホテルの夕食を楽しみ、そして夜に夫婦で盛り上がったのは言うまでもない。

妻は最高の女!

彼らもそう思ったに違いない・・・・・・