新婚旅行の夜に妻は寝ている私の横で巨根の上司に寝取られて中出しされていた

優子との結婚式の当日、少人数でやるつもりだった結婚式も結構な人数になっていたため、朝からバタバタと準備に追われていた。

優子の会社のつてで紹介してもらったホテルでの結婚式は、俺と優子のそれぞれの会社の社長も出席してくれたこともあり、準備を手伝ってくれる社員も多く、とりあえず落ち着いた。

とりあえず落ち着いたので控え室に入ると、優子が見当たらなかった。

とりあえず親族の控え室に行ってみると、俺の両親と優子の母親が楽しそうに雑談をしていた。

優子の父親だけが、落ち着かない様子でうろうろしていて、俺と目が合うと「娘を幸せにな!」

そう言って、両手で力強く俺の手を握ってきた。

少し目も潤んでいるようで、それを優子の母親が茶化していた。

改めて身が引き締まる思いを持ちながら、優子を探しに部屋を出た。

受付にも、他の出席者がいったん入る前室にも優子の姿はなく、少し焦りながら控え室に戻ると、優子がヘアメイクをしてもらっていた。

朝、しっかりとしたはずなんだけど、入念にしっかりとしたいということなんだろう。

「髪、どうしたの?」

「うん、ちょっと気になるから直してもらってるんだよ。」

笑顔でそう言う優子は、少し上気したように頬を赤くしながら、潤んだような瞳をしていた。

その表情がたまらなく可愛くて、色々とあったが、優子と結婚できて本当によかったと思えた。

メイクさんが出て行って、二人きりになると「コウちゃん・・・ありがとう。」

真剣な顔で優子がそう言った。

「俺の方こそ、ありがとう。俺なんかでよかったのかな?」

少しおどけてそう言うと、「ううん・・・私の方こそ・・こんな私だけど、よろしくお願いします。」

そう言って、頭を深く下げる優子。

ウエディングドレスの優子は、キラキラ輝いて見える感じでたまらなく可愛かったし、不思議とエロさも感じた。

そっと抱きしめてキスをすると「へへへ・・・なんか、変な感じ。」

照れながら笑う優子。

さらにキスをして、舌を絡めていくと、「ダメだよ・・・メイク落ちちゃうよ。」

そう言いながらも、優子も激しく舌を絡めてくれる。

強烈な情欲がわき上がり、ウエディングドレスの上から胸を揉み、スカートをまくり上げようとすると「ダメ!コウちゃん!誰かくるよ!ダメだって。」

そう言われれば言われるほど気持ちも盛り上がってしまい、抵抗をかいくぐりながらスカートをたくし上げる。

すると、優子の真っ白なお尻が見えた。

「あれ?下着は?」

びっくりしてそう聞くと、「響いちゃうから、ウエディングドレスの下にははかないんだよ。」

それと同時にドアをノックする音がしたので、慌てて離れて返事をすると、係の人が入ってきた。

いよいよ開始だ。

式は滞りなく進み、両親や社長さん、友人などが挨拶をしたり盛り上げてくれ、優子も優子の父親も泣いたりして感動的なものだった。

そして、指輪を交換し、キスをするとやっと実感がわいてきた。

そして式が終わり、先週からとりあえず俺だけが暮らし出していた新居に入った。

新居といっても2LDKの賃貸マンションで、とりあえずのつなぎと思って借りたところだ。

全て優子のセンスに任せて家具などをそろえたので、シンプルでなかなかおしゃれな感じの部屋になっている。

先週から一緒に暮らせば良いと思ったのだが、優子の父親が最後の少しくらい実家で暮らせと言ったので、今日まで別々だった。

もちろん、引っ越しや家具の配置やらで、何度も優子は部屋には入っているが、泊まったことはなかった。

引っ越しをきっかけにUSBメモリの隠し場所もわからなくなってしまったが、逆にこれをきっかけにもう忘れようと思っていた。

そしてソファに座って「優子、お疲れ様!なんか、変な感じだね。今日から、よろしくね。」

「こちらこそ、よろしくお願いします。」

そう言ってソファの横に腰掛けてくる優子。

このまま押し倒したい気持ちになったが、今日の疲れと、明日出発の新婚旅行のことを考えると、もう寝ることにした。

一緒のベッドで仲良く寝ながら、明日からのイタリア旅行のことを考えていると、いつの間にか寝てしまった。

朝、コーヒーの良い匂いに包まれながら起きると、優子が朝食を作ってくれていた。

「おはよう!あ・な・た・」

微笑みながらそう言う優子は可愛らしく、あんな酷い過去があるようにはまったく思えなかった。

そして仲良く朝食を取り、出発した。

空港でチェックインを済ませ、ビジネスクラス利用のためラウンジで時間をつぶして、そして出発の時間が来た。

一緒に海外に行くことも初めてで、一緒に1泊以上の旅をするのも初めてだったので、とても楽しみだった。

12時間以上のフライト時間があるので、iPadで読書をしたり、映画を見たりしながら過ごした。

ビジネスクラスだと、WI-FIまで使えることに驚き、機内食が美味しいことにも驚き、なかなか寝付けなかった。

優子は、気がつくと寝息を立てていたので、俺も頑張ってるように努力した。

そして到着して、ホテルにチェックインすると、夜のミラノを散策した。

ミラノは思っていた以上に都会で、遺跡ばかりかと思っていたが、近代的な建物も多いのに驚いた。

ガイドさんにおすすめの店で食べて、少し買い物をしてホテルに戻った。

時差ぼけもあったが、いよいよ初夜だなと思って優子を抱きしめてキスをすると「コウちゃん・・・ごめんね・・・来ちゃったよ。」

と、生理が来たことを告げられた。

さすがに、少しがっかりしていると、「コウちゃん、口で良いかな?」

そう言ってキスをしてきた。

優子にされるままにベッドに寝かされて、乳首を舐められ、フェラをされて、あっけなくイッてしまった。

それを飲み込みながら、「コウちゃん、いっぱい出たね。」

そう言って微笑みかけてくる優子は、本当に可愛らしくて結婚できた喜びがまた高まった。

その後は、一緒にワインを飲んで明日の計画を話していたのだけど、いつの間にか寝てしまった。

疲れか時差ぼけかわからないが、朝まで一度も起きることなく爆睡してしまった。

そして、次の日はドォモに登ってみたり、アーケードで買い物をしたり、バールで軽食を食べたりして過ごした。

買い物は基本的には一緒にしたが、たまに別行動もしながら、ミラノでのショッピングを満喫した。

やはり、携帯電話が使えるのは便利だと思った。

そして昼過ぎにベネチアに移動して、夕食を食べて、町を散策したりした。

夜は、また部屋でワインを飲んでいるうちに寝てしまい、朝になるまで爆睡だった。

そんな風に、フィレンツェとローマも巡り、8日間の新婚旅行が終了した。

結局、新婚旅行では一度もセックスをしなかったが、日本に帰ってきた当日にした。

そして日常に戻り、新婚生活が始まった。

数日後、結婚式の写真を見ているときに、急に気がついてしまった。

優子の会社の社長が、俺のスマホの中に保存してある、あの写真のご主人様に似ていることに。

見れば見るほど似ているように思えて、ほとんど確信のようなモノを持った。

そうなると、あのUSBメモリが気になり始めて、優子がいないときに家捜しをした。

狭い部屋なので、隠し場所など少ないはずだが、どこにも見当たらない・・・夢中で探しているうちに、汗でぐっちょりしてしまったので、シャワーを浴びた。

ふと、浴室の天井の点検口のハッチのプラスチックのねじが、少し傾いているのが目に入った。

何となく気になって、まっすぐにしたが、ピン!と来て、ハッチを開けてみた。

すると、結構奥の方に携帯の防水ケースに入ったUSBメモリが見つかった。

異常なほど心臓がドキドキした。

そして、パソコンにつないでパスワードを入れてみた。

まず、社長さんの名前のアルファベットを入れたがダメ。

ホームページで調べた会社の設立年月日もダメ、そして思いついてネットで会社の謄本を取った。

クレジットカードで決済して、PDFで入手すると、社長の自宅の住所がわかった。

住所の枝番などを打ち込んでみてもダメだったので、フェースブックで検索してみた。

すると思った通り登録があり、生年月日が割れた。

それを打ち込むと、あっさりと承認された。

すぐにパソコンにデータを移すと、USBメモリを元通り戻した。

すぐに確認すると、そこには最初のUSBメモリと同じように几帳面にフォルダ分けされた動画データが大量に保存してあった。

最新のファイルは、新婚旅行の最終日のものだった。

もしかして、旅行の動画なのか?と、わらにもすがる思いで、そうであって欲しいと思いながら再生すると、その希望はあっさりと打ち砕かれた。

俺たちが泊まったあの部屋で、俺が寝ているベッドの横で、全裸で立ちバックで突かれている優子が写った・・・

「だめぇ・・・起きちゃいます・・・起きちゃいます!だめぇぇ!」

優子は小さな声で必死で抵抗するが、声には甘いものが含まれている。

「あれ飲んだら朝までぐっりだから。ちゃんと飲ませたんだろ?ワインに混ぜて。」

もう、この時点で死にそうだった。

「ご主人さまぁ・・・お願いしますぅ!ご主人様の部屋で!ご主人様の部屋でたっぷり種付けして下さいぃ!」

「嫌なら止めるぞ。そいつに続きしてもらえよ。」

動きを止めて、冷たく言う男。

「ごめんなさぃ・・・お願いします。ご主人様の極太チンポで優子の淫乱マンコをえぐってくださいぃ!」

優子が懇願すると、男が腰を振り出す。

「あぁっ!あっ!あっ!して・・ください・・・はっ!あぁ・・優子の淫乱まんこにたっぷり注いでくださぃっ!あぁぁ・・くふぅぅぁ・・」

「よし、イクぞ。」

「あぁぁ・・・来てぇ・・・種付けしてください!あぁぁっ!イク!イク!イクぅ!」

男はぶるっと震えて優子の中にたっぷりと注ぎ込んだようだ。

「おぉぉ・・あぁぁ・・・ご主人さまぁ・・・愛してます・・・あぁぁ・・・」

立ちバックの姿勢で、ベッドに上半身だけ突っ伏してそうつぶやく優子。

「優子、愛してるぞ。コイツとはしてないだろうな?」

「はい・・・でも、ずっとしないのは無理です・・・」

「そうだな・・・じゃあ、1週間に一回だけ、ちゃんと避妊してやれよ。」

「・・・そんなにしないとダメですか?2週間に一回でも良いですか?」

「ふっ・・・お前も酷い女だな。」

「そんなぁ・・・ご主人様としかしたくないだけです・・・」

「お前は可愛いな。よし、綺麗にしろ。」

男の言葉と同時に、ひざまずいて男のペニスを口にくわえて、お掃除フェラを始めた。

熱心に玉も含めて舐め上げる優子。

すると、男のペニスはドンドン回復して大きくなり、へそまで届くほどの巨根がそそり立ってきた。

「あぁぁ・・・ご主人様の、堅くなってきた。ご主人さまぁ、後ろにも・・・下さい・・・」

「いいのか?起きちゃうんじゃなかったっけ?」

「声、我慢します!我慢するから、お願いします!」

必死で訴える優子。

「お願いの仕方も忘れたのか?」

「・・・ご主人様。ご主人様の極太チンポ、優子のケツマンコにぶち込んで下さい。」

そう言って、カメラの前でバックの姿勢になり、自分でアナルを両手で広げてお願いをする。

今まで確認してきた動画には、アナルへの挿入はなかった。

それだけが救いだと思うようにしていたが、やっぱりやられていたんだと、冷めた心でそう思った。

男は黙ってペニスを優子のアナルに押し当てる。

ローションを塗った気配もないのだが、巨大なペニスがじわじわ埋まっていく。

「あぁぁ・・・早く!奥まで下さい!」

「お前はド淫乱だなw自分でやれよw」

「はい!私が動きます!」

そう言うと、優子がバックの姿勢のまま、腰を一気に男の下腹部に押し当てるように動いた。

「がっ!イクっ!」

奥まで入れられて、それだけでイク優子・・・体も心も男に縛られたままだったと言うことか・・・バチーンと大きな音をさせながら、男が優子の尻を平手で叩く。

真っ白な優子の尻に、赤い跡がつく。

「ぐわぁ・・・ダメぇ・・・イッてるよぉ!優子イッてます!あぁぁっ!」

男は、また尻を叩くと、「ほら、なに休んでる?」

「あぁぁ・・・ごめんなさいぃ・・」

そう言って、立ちバックの姿勢のまま腰を前後に振る。

男は立ったまま、ただカメラを回している。

立ちバックで狂ったように尻を男にぶつけていく優子。

「あはぁぁ!あっ!あっ!ぐぅぅぁ!お・・おぉぉっ!おわぁ!ダメ、また・・・イク!」

「ほら、そんな叫んでたら、起きるぞ。」

そう言って、カメラが横を写す。

死んだように眠る俺の姿が映る。

「やぁぁ・・・そんな・・あぁ・・ご主人さまぁ!動いてぇ!もっと、優子のケツマンコ、ガンガン突いてぇ!突き殺してぇ!起きてもいいからぁ!ばれてもいいからぁ!あぁがぁぁ・・・」

「ほら、イケ!」

そう言って、男が腰を乱暴に叩きつける。

「イクイクイクイクっ!あぁぁっ!ケツマンコで孕んじゃうぅっ!あぁぁっ!イクっ!!!」

ほとんど絶叫のような感じだ。

やっと、チェックアウトの時のホテルの人の、何とも言えない笑みの理由がわかった・・・カメラの画像が一瞬消えて、また写ると優子のアナルのアップだった。

だらしなくぽっかりと広がったままのアナルから、真っ白な精子があふれ出る。

よく見ると、前の穴からも漏れ出ている。

「お前はどうしようもない淫乱女だなw 旦那が横で寝てるのに、両穴にたっぷり種付けされて。本気で妊娠したいのか?」

「・・・はい・・・ご主人様の赤ちゃん、生ませて下さい・・・」

「この1週間で出来たかもなw 結局毎日だもんなw」

「毎日種付けしてくれて、本当にありがとうございます。うれしいです・・・」

「会社でも毎日だからな。俺も若くないし、さすがに疲れるぞwお前はどうしようもない淫乱だなw」

「ご主人様がそう調教したんでしょ?ちゃんと、責任取って下さいね。」

「だから、責任取ってイタリアまでついてきたんだろ?お前が1週間もこれなしじゃ、狂っちゃうとか言うからw」

そう言って、すでにへそまでそそり立っているペニスを指で弾いた。

「あっても、狂っちゃいます・・・」

そう言って、さっきまで生でアナルに突っ込まれていた男のペニスを、優子は口に含んだ・・・そしてそのまま口で熱心に奉仕を続けて、「イクぞ」

男が短くそう言うと、優子は俺が寝ているベッドに仰向けに寝転がり、足を両手で持って広げて「中に・・・」

男は黙ってペニスを突っ込み、すぐにぶるっと体を震わせた。

「あぁぁ・・・熱い・・・ご主人さまぁ・・・愛してるよぉ・・・」

男は黙って体を離すと、またカメラを手に持ち、優子のアソコをアップで撮影する。

どろっと白い精子が流れ出てくる。

そこで映像は終わった。