家の改装工事業者と妻が

私と妻はできちゃった結婚でした。

高校時代からの同級生で現在37歳。女盛りです。

数年前に購入した一軒家を、先月に改築工事をしました。

作業開始から5日目の金曜日。

たまたま私は休みを取ることになり、昼頃から散髪に出ました。

さすがに平日は混雑もしていなくて早く終了。

帰りに買い物をする予定でしたが、帰宅して妻と一緒に行くことにして家に戻りました。

大工さん達は午後の休憩時間のようで自宅は静かでした。

妻の姿が見えないので二階にあがると、寝室からなにやら声がします。

そっとドアの隙間から覗いてみると・・・

我々のベッドでとんでもないことが行なわれていました。

中年の大工さん二人と妻が・・・SEXしているのです。

私は一瞬どうしたらいいのかわからず、その場で固まっていました。

妻は私が言うのも変ですが、スタイルも抜群で顔も綺麗なほうです。

なかなかのいい女。

そんな妻が全裸でベッドに横たわり、中年オヤジのチンコを挿入してピストンされているんです。

横にはもう一人の大工さんがいて、妻の胸を激しく揉みしだいて乳首を摘んだり引っ張ったりしていました。

「奥さんホントにいい女だなあ。たまんないぜ。旦那が羨ましいなあ」

「旦那と毎晩してるのか?こんなにマンコ汁たらして感じて、いやらしいな」

「いやっ・・・もういやっ・・・」

「いやじゃないだろ。もっとだろ?おらおらっ!」

「あんっあんっ・・・いいっ・・・もっともっとお」

「毎日やらせてくれよ淫乱奥さん。な?いいだろ?」

「あんっ・・・だめっ・・・そんなの・・・」

「こんなに淫乱じゃ、昼間もしたいだろ?」

「旦那にナイショで浮気してるんじゃないのか?バイブとか持ってるんだろ?」

「してないです・・・そんなの持ってない・・・ああっ・・・」

「正直に言ってみなよ。奥さん!おらっ!浮気相手は何歳だ?何人としたんだ?」

「あうっ・・・おじさんや・・・若い子と・・・時々・・・あんっ・・・」

「だろうなあ。バイブは?」

「持って・・・る・・・あああっ・・・」

「淫乱だなあ。今度使おうな」

「うん・・・ああっ・・・いいっ・・・」

「ああ・・・もうダメだ。イキそうだ。ケツに入れるぞ」

そんな・・・妻がアナルセックスを?私とはしたことがないのに。

それに浮気も・・・バイブも?

「おらおらっ。アナルも感じるか?」

「あああんっ!いいっいいっ!もっと突いて!」

「淫乱奥さんのアナルに精子かけるぞ!うっうっううっ!」

「ああっ!いくいくうっ!」

私のチンコは勃起してパンパンでした。

「ああ気持ちいい。スッキリしたよ。仕事はかどるな」

「ホント毎日させてな。今度は2穴同時に責めてあげるから」

「それもいいな!たまんねえなあ。この体。今度はバイブも使おうな」

私はそっと玄関に戻り、今帰宅したふうを装いました。

頭の中は真っ白でした。妻が知らない男と・・・アナルも好きだったなんて・・・

ソファーでくつろいでいると妻が降りてきました。

「あら、お帰りなさい。早かったのね」

「ああ・・・買い物は一緒に行こうと思って」

「そう?じゃ行きましょうか」

何事もなかったように接する妻。

私のチンコはビンビンのままなので、買い物前にホテルに行きました。

「どうしたの?どうしてホテルに?」

部屋に入るなり私は妻をベッドに押し倒して服を脱がせました。

「いや!やめて!お願い!」

「どうしてだ?オヤジの精子臭いからか?」

妻は驚いた表情で私を見つめました。

「どうして・・・そんなことを?」

「見たんだよ。さっき。大工さんとしてるのをな」

「・・・ごめんなさい・・・」

「浮気もしてて、バイブも持ってて、アナルセックスも好きなのか?知らなかったよ」

「ごめん・・・昼間どうしてもしたくなるの・・・」

「この淫乱女!クソアマっ!」

私は激しく妻を犯しました。多少痛いこともして傷つけました。

ベルトで叩いたら感じる妻を見て、ますます興奮です。

「おまえMなんだな。これからは俺がたっぷりと調教してやる!」

「ああっ・・・いいわあっ・・・気持ちいいっ・・・」

マンコ汁とよだれをたらしながら感じる妻。

綺麗な顔を歪めて感じる姿に惚れ直しました。

初めて妻のアナルにチンコを挿入し、最後はマンコに精子をぶちまけてやりました。

その後病院でピルを処方してもらい飲むようにさせてます。

これからは私も含めて複数で犯してやりたい。

たっぷりと可愛がってやりたいです。

あと私が気になっているのは、自分の娘。

高校2年生です。

今の子らしくスタイルもよく妻に似て可愛い。

家にいるとドキドキします。

チャンスがあれば娘の体を味見したいと思います。