妻の加奈が、イケメンの赤ちゃんを妊娠した寝取られ体験

何一つ不満のない加奈との結婚生活だったのにずっと家にいては腐ってしまうと思ってさせたバイトが大きく人生を変えてしまった。

加奈はバイト先のイケメンのフミ君と私が出張に出ている間に結ばれた。

色々あったが私の寝取られ性癖が覚醒した事もあり私の目の前でフミ君と加奈がセックスすることになった。

私が失神するほどの衝撃的な光景が目の前で繰り広げられこの日を境に大きく人生が変わってしまった。

今日も仕事を終えて家に帰ると

『お帰りなさい!お疲れ様!』

と加奈の明るい声が響いてくる。

昔ならそのまま加奈が私に抱きついてきてキスをしてくれたりした。

リビングから姿を現した加奈は大きなお腹をいたわるようにゆっくりと歩いてくる。

「良いよ出迎えなくてもじっとしてないと!」

慌てて気遣うが

『大丈夫だよ!もう安定期だしね。もうすぐごはん出来るってw』

と加奈が笑顔で言う。

「あぁそう」

私は笑顔の加奈に促されてリビングに入る。

「お疲れ様です!もう出来ますからいっぱいやってて下さい!」

キッチンからフミ君が元気よく言ってくる

「あぁありがとういつも悪いね」

私は複雑な気持ちのままお礼を言う。

加奈は私の上着やカバンを片付けると

『じゃあ手伝ってきますね。』

と言ってキッチンに向かった。

「あぁ良いよもう出来るし。無理すんなって大事な体だろ?」

『もう安定期だし少しぐらい動いた方が良いんだよw』

「じゃあそれ運んどいて!」

『はぁい!あなたw』

フミ君と楽しそうに話しながら配膳をする加奈。

今この家の中では私が加奈の夫ではない。

戸籍上は夫だが夫はフミ君だ。

そしてお腹の中の子供はフミ君との子供だ。

もう加奈は私と離婚してフミ君と結婚するのが正しい姿だと思うのだが加奈はそうしなかった。

フミ君が社会人になって生活出来るようになったらその時私と離婚してフミ君と一緒になる。

それまでは私と離婚せずに一緒に暮らすが夫婦としてではなく同居人として暮らす。

子供が混乱してしまうのでフミ君も同居して父親として子供に接する。

こんな事を相談ではなく決定事項として告げられた。

さすがの私も怒ってふざけるなと怒鳴った。

だけど加奈は

『妻が他人に妊娠させられて子供を産むあなたの望む姿でしょ?』

と冷たい目で言ってきた

「そんな事は無い!!!」

私はまた怒鳴ったが

『じゃあそれはなぁに?どうして大っきくなってるのかなぁ?』

と加奈は私のペニスを指さした。

私は実は自覚がなかった。怒りで我を忘れていたためだと思うが指摘されてあらためて確認するとガチガチに勃起していた

「そそれは」

一気に弱気になり言葉に詰まる私。

『ね?やっぱりでしょw』

「そそれなら別居して別に暮らした方が」

私は逃げ出したくてそんな事を言ったのだと思う。

『見たくないの?私とフミ君の夫婦生活養ってもらうせめてものお礼だよ』

加奈のこの言葉で決定した

こんなふざけた話はないともう。私はただ利用されているだけATMにされてるだけ

それは充分にわかっている

だけど加奈と離れたくない。どんな形でも一緒にいたい。それに一緒に暮らしていれば逆転のチャンスがあると思った。

いやウソだ

きれい事を言っているが加奈がフミ君と夫婦生活をするのを見たいだけだ。

自分の嫁が他人に心も体も奪われて夫婦になる

その究極の寝取られ体験をしたいだけだと思う

それはすぐにかない今のような生活に至った

テーブルの上にフミ君の手料理が並んでいく。

本当にお店のような盛りつけだ。味もお店レベルだしイケメンで料理も出来る

もともと私には勝ち目がなかったんだと思う

そして加奈とフミ君が並んで座り私が向かい合って食事が始まる。

この生活も慣れてきて楽しく会話をしながら食事が出来るようになっていた。

『浩輔さん今日ね病院で性別教えてもらったんだよ!』

「あそうなんだ。どっちなの?」

「どっちだと思います?」

ニヤニヤしながらフミ君が聞いてくる

だけど馬鹿にしてニヤニヤしている感じではなく嬉しくて笑っている感じだ。

私はこの会話ですら勃起をしている。

そして私が作ることが出来なかった赤ちゃんのことを羨ましく思っていた

『女の子だって!なんか実感沸いてきた!』

嬉しそうに報告する加奈。

「きっとフミ君に似て美人になるよw」

私は強がってそんな事を言う。

「へへwそうですかねぇ?あぁ楽しみだ!」

フミ君は子供が生まれてくることになんの不安もないようだ。

戸籍上は私の子供になる。そういうことは気にならないのだろうか?

ぼーーっとそんなことを考えていたら

『ンあぁ』

と加奈の声がした。

目線を向けると二人がキスをしていた

「加奈愛してる早く赤ちゃんに会いたいよ」

フミ君がそんな事を言いながら加奈にキスをしている

『へへへw私も愛してるよぉねぇもっとチューしてw』

そう言って熱烈に舌を絡めてキスをする。

食事中にこんな事をする二人。私などいないかのように熱烈にキスを続ける

私はいつものことなので食事をしながらそれを見続ける。

もちろんズボンの中で痛いくらいに勃起している

フミ君が作ってくれたキスのフリットを食べながらフミ君と加奈がキスをするのを見るのは皮肉に思えた。

最近はフミ君が作ってくれた夕食を食べながら二人の行為を見るのが日課になっていてそれが楽しみにもなっている。

今では加奈も私にまったく遠慮なくフミ君と色々なことをするようになっていた。

今も濃厚なキスをしながらフミ君が加奈のシャツを脱がし始めていた。

ボタンを外す間も一瞬もキスを止めたくないとでも言うようにキスしたまま行為を続ける二人。

シャツの前がはだけるとピンク色の可愛らしいブラが見える。

妊娠して加奈の大きかった胸はさらに大きくなっていて覗いている谷間が深い渓谷みたいになっている。

まだ食事中だがいつも二人は待ちきれない感じで食事の途中で始めてしまう。

そしてフミ君はいまだにキスをしたまま今度はブラを外しにかかる。

ホックを外すと爆発でもしたようにブリンッとブラが弾けて加奈の大きな乳房があらわになった。

加奈は真っ白で抜けるような肌に大きな乳房だ。そして乳輪も乳首も小さくてピンク色だった。

それが妊娠して安定期を過ぎてお腹がかなり目立つようになってきたこの頃少し黒く変色を始めた。

童顔で黒髪の加奈は女子大生や下手したら今時の高校生より幼く見える。

それが乳輪や乳首が少し黒く変色しているのはギャップがあって妙にエロい。

そしてその胸自体も妊娠のために張っているので不自然なくらい膨らんでいて針で突いたら弾けそうだ。

そこでやっとフミ君がキスを解く。

そして加奈の少し黒ずんできた乳首に舌を伸ばす。

「加奈なんか黒くなってきてエロいよねw」

『イヤぁ恥ずかしいよぉコレ直るのかなぁ?』

やはり女性には気になることらしい。

「いいじゃんw俺はそっちの方がエロくて好きだよw」

『へへwフミ君が好きならコレでいいやw』

加奈が少女のような顔で嬉しそうに言う。

そしてフミ君が乳首を口の中に含んだ。

『ふあぁフミ君好きぃ』

たったそれだけのことでとろけた顔になる加奈。

やはり何度見ても加奈とフミ君は似合いのカップルに思える。

男の俺が見ても綺麗というかイケメンなフミ君に童顔で優しげな顔をしている加奈はとても絵になる。

おまけにフミ君は褒めるのも上手く料理も出来るその上アレが大きくて経験も豊富で上手だ。

そしてこんな状況になっているにもかかわらず私のことをけっして馬鹿にしたりしない。

男として何一つ勝てる気がしない

何よりも致命的なのは私にも何度もチャンスがありながら出来なかった加奈を妊娠させるということを少ないチャンスで果たしてしまったことだ。

フミ君のこの妊娠させる能力は男と言うより雄としての優秀さをはっきりと物語っていた。

食事をしながらこんなモノを見せつけられてまたいつものように現実逃避で思考の迷路に迷い込んでいた

ハッと気がつくと胸を責められながらあえいでいる加奈が私をじっと見ていた。

目が合った途端加奈はにっこりと微笑んでくれた。

他の男に愛撫されながら私を見つめて微笑む加奈。

コレはどういった感情からなのだろうか?

私への愛は残っているのだろうか?

『あひぃあぁフミ君気持ちいいよぉフミ君に舐められると我慢できなくなるよぉ』

加奈はとろけた顔でそう言いながらフミ君の足下にひざまずいた。

そして手際よくフミ君の下半身を裸にすると大きくそそり立ったペニスに愛おしそうにキスをした。

それにしても立派なモノを持っている。

彫刻刀で彫り込んだような造形美があり迫力がある。

黒人とか外人さん並にデカいわけではなく日本人の中でデカいというレベルだと思うがそれでも私よりは一回りは大きいと思う。

その亀頭に愛おしそうにキスをして舐める加奈。

エッヂの効いたカリの部分を小さな可愛らしい舌が舐めていく。

舌が切れてしまわないか心配になるほどのくっきりしたカリの段差だ。

「あぁ加奈気持ち良いよホント上手くなったねw」

『へへwいっぱい練習したからねwフミ君の感じてる顔すっごく可愛いw』

「なぁもういいだろ?我慢できないよ」

『だぁめっ!もっと気持ち良くしてあげる!フミ君のおチンチン大好きなんだぁ』

加奈は無邪気に笑いながら言う。まるでオモチャに夢中な子供のような邪気のない良い笑顔だ。

そして小さなお口を目一杯に広げてフミ君の大きなモノをくわえ込んでいく。

本当に不思議なのだが大きいだけではなく長いフミ君のペニスがほとんど全部加奈の口内に消えた。

どう考えても口の中だけではなく喉の奥にまで届いているはずだが加奈は平気なように続ける。

「凄いねwあぁ喉の奥に当たってるのがわかるよ」

気持ちよさそうにフミ君があえぐと加奈は嬉しそうに目で笑いながら頭を振り始めた。

ほとんど全部が口の中に消えてまた姿を現す

コレを繰り返していく。

フミ君は気持ちよさそうに目を閉じて優しく加奈の頭を撫でている。

私はこの状況でも一人で食事を続けている。

食事をしながら涙を流しそうな感じで二人を見続けている。

だがさっきから下着の中で手も触れずにイキそうなのはなぜだろう?

急に加奈が私を見た。

私のことを見たまま頭を振り続ける

メデューサにでも魅入られたように視線を外すことも瞬きすることも出来なくなった私。

フミ君は目を閉じたまま気持ちよさそうにしている。

そして加奈は私を見つめたまま口での奉仕を続けている。

もう限界だった

私は加奈の目を見つめたまま下着の中で静かに射精した

私の動きや表情で私が果てたことを認識すると加奈はフミ君のペニスから口を離してニヤッという感じで笑うとフミ君にキスをした。

私と目を合わせたままキスをする加奈

イッたばかりだというのに下着の中で早くも復活する私の愚息

自分でも死んだ方が良いと思うがどうしても目が離せない。

私は食事を終えたので

「ごごちそうさま」

とささやいた。

すると

「あいやお粗末でした」

フミ君がそれを今言うか?みたいに戸惑いながら答えてくれる。

このおかしなやりとりを加奈は本当に面白そうに見ている。

私は自分が食べた食器をキッチンに運び始める。

そしてシンクにまとめると食卓に戻る。

その時にはもう二人は重なっていた。

椅子に座ったフミ君の上に対面座位で乗っかる加奈。

加奈がフミ君に両腕を回して抱きしめながら濃厚なキスをしている。

加奈の大きく張り出したお腹がフミ君のお腹に押しつけられている。

それに座位なのでフミ君の長いペニスがおそらく子宮口に当たっているはずだ。

破水でもしないか心配になる。

だが二人はむさぼるようにキスを続ける。

『ヒィぎぃぃあぁフミ君当たってるよぉ赤ちゃんビックリしちゃうよぉ』

「加奈大丈夫?痛くない?無理しないで」

『だ大丈夫フミ君気持ち良いよぉダメぇ入れただけなのにぃもう来ちゃいそうだよぉ』

加奈はとろけきった顔で切なそうに言う。

「何度でもイッて良いよ愛してる」

フミ君がイケメンスマイルで愛をささやく。

私までドキッとする感じだ。

加奈はもっとドキッとしたようでフミ君にむしゃぶりつくようにキスをする。

対面座位で繋がりながらキスをする二人。

すると加奈が腰を動かし始める。

さすがにお腹を気にしてかゆっくりと優しい動きだが奥までくわえ込んでいく

『あぁあぁんヒッ!ひぃんフミ君フミ君好きぃ愛してるぅずっと一緒にいてぇ』

加奈はフミ君に必死で言う。

心の底から愛しているそんな感じにしか見えない

加奈の心の中に私のスペースはもうないのだろうか?

5年以上の日々の積み重ねは綺麗さっぱり消えてしまったのだろうか?

泣きそうになりながら勃起する私

我ながら病んでいるとしか思えない。

なのに全身を襲うこの興奮と幸福感はなんだろう?

『イクぅイクイクっ!フミ君!イクぅぅ』

加奈は短時間の挿入にもかかわらず深くイッたようだ

そのままフミ君にグッタリともたれかかる加奈

フミ君は優しく加奈の頭を撫でている

そして加奈をお姫様抱っこにすると慎重に寝室に向かう。

「すいません片付けお願いします」

申し訳なさそうに私に言いながらフミ君が歩み去る

この流れもいつものことになっている。

食事中に二人が愛し合い1度では収まらずに寝室で2回戦3回戦に突入する。

そして食卓の食べ残しも含めて私が後片付けをする

メイドかよそんな事を思いながらもこの二人の食べ残しを片付けるという屈辱的な行為が私をさらに興奮させてくれる

寝取られ奴隷寝取られマゾ私はこんなカテゴリなんだろうか?

そして片付け終わった私は胸を弾ませながら寝室に滑り込む。

寝室では目隠しをされた加奈がタオル素材の手錠で両手を繋がれている。

全裸になった加奈が拘束されて転がされている状態

「じゃあどうぞ」

フミ君が声をかけてくれる

私は喜んで犬のように飛び跳ねる勢いで服を脱いでベッドに上がる

そして加奈のアソコにペニスをあてがい挿入した

暖かい感触に包まれると気持ち良くて声が漏れる

「あぁ加奈加奈」

加奈の名前をつぶやきながら必死で腰を振る。

私のモノならば奥まで届かないので安心だ

そんな自虐的なことを思いながら必死で腰を振る。

「んんあ」

加奈はほとんどノーリアクションだ

必死で胸を舐めたりクリを指で触りながら腰を動かす。

だが加奈はほとんどあえがず吐息が漏れる程度だ

「んはあ」

なんで感じない!?どうして!?泣きそうな気持ちになる

「あぁ加奈加奈ぁ」

いや実際に泣きながら腰を振っていたかも知れない

すると加奈が口を開いた

『もういいんじゃない?ねぇ変わって欲しいよぉ』

私ではなくフミ君に言っていることは明白だ

「そそんな」

私はショックを受けて思わずうめいた

するとどんどんペニスから力がなくなっていく

あっという間に縮み上がると加奈のアソコから抜けてしまった

『フミ君お願い』

待ちかねていたような声で言う加奈。

「すいません」

申し訳なさそうに私に謝りながらフミ君が私と交代する。

フミ君は加奈の手錠を外してから目隠しされたままの加奈に挿入する。

『んんっ!あぁっ!くはぁっ!!!フミくんっ!!!』

わざとやっているんじゃないのかと思うほど激しくリアクションする加奈

フミ君は優しく腰を動かし始める。

『あアァァッ!奥奥にぃあぁっ!ヒィッ!当たってるぅ加奈の気持ちいところに当たってるよぉぉ』

もう悔しいとさえ思えない程の圧倒的な違いだ

「そんなに違うの?」

フミ君が嫌みとか皮肉とかではなく好奇心から聞いているような感じで言った。

『全然違うッ!違うよぉフミ君の入ったきただけでぇぽかぽか幸せになる愛してるって思うこの人じゃなきゃダメって思うひあぁまた来るぅあヒィあぁ』

イキそうになって切なそうな声で言う加奈。

そして自分で目隠しを外しながら

『フミ君の顔が見たいよぉ』

なんてことを甘えた声で言う。

「加奈愛してるよずっと一緒にいて欲しい」

加奈の目を見つめたままそう言うフミ君。

本当に甘い感じだ。絵になるとしか言えない

加奈は泣きそうな顔で

『うん!絶対に絶対に離さないッ!あぁイクぅイクぅぅぅ』

そう言ってブルブルッと体を震わせる加奈。

だけどフミ君はそのまま体を動かし続ける。

『ヒィィンッ!イッてるのにぃあぁあッ!イッてるのにまたイクよぉイッちゃうっ!イッてるのにイッちゃうっ!あぁぁぁぁだめだおおおおぉおんおぉぉおおおおっイグぅぅぅっ!』

フミ君はそれほど激しい動きをするわけでもないのに私とのセックスでは見たこともないくらい加奈は激しく深く感じている。

確かにこれだけ与えられる快感が違えば心も侵されて心変わりしても仕方ないと思う

圧倒的な敗北を意識した時圧倒的な快感が押し寄せてくる。

振り幅が大きければ大きいほど快感が大きい。

このシステムが私を狂わせていく

「あぁ加奈俺もイクイクよ」

『ウぐぁぁっ!イッてっ!イッてっ!!中でイッてぇっ!!!イグゥゥッ!!オマンコイグぅっっ!!!』

加奈が下品なことを言いながら中出しを求めてイク

それにあわせてフミ君も身体を震わせる

それにあわせて私も静かに身体を震わせた

手も触れずに今日二度目の射精をした私はこらえきれずに

「うぅ」

とわずかに声が出た

すると一瞬だけ二人が私に目線をくれた

加奈はとろけて弛緩した顔のままニヤッと笑いフミ君は一瞬申し訳なさそうな顔をした
その二人のリアクションすら私にはご褒美だ

やっと終わった

そう思っていたら

『フミ君綺麗にしてあるから』

加奈がフミ君に恥ずかしそうにおねだりを始めた

加奈はフミ君に初めてを捧げたいという理由だけでアナルセックスをした。

それが今では自分でおねだりをするくらいに感じるようになってしまっていた

あぁまだ続くのか

絶望を感じながらもすでに興奮が私を捕らえ始めている。

「加奈は本当にエッチになったよねw」

『フミ君がそうさせたんじゃん!でもエッチな加奈は嫌い?』

「好きに決まってんじゃんw」

『へへへwじゃあさ早く入れてねw』

加奈が嬉しそうに言う。

セックスが本当に好きになってしまったようだ。

私とではその領域まで行けなかっただけなんだろうが私とのセックスではこんなに積極的ではなかった。

フミ君はベッドサイドに常備してあるローションを取ると自分のペニスに塗りつける。

そして加奈に向かって

「ほらちゃんとおねだりしてごらんw」

と言った。

すると加奈は四つん這いになりながら自分でアナルを左右に広げる。

大きなお腹をした加奈が四つん這いになりながらこんなにもはしたないことをしている

『加奈のぉフミ君専用のお尻にぃおっきな一番気持ち良いおチンポ入れてくださいぃぃ』

加奈の興奮に震えた声が響く

そしてフミ君が加奈のアナルにペニスを押し当てていく

この後もいつもは絶望的な光景しかないのだが後でまた書くがこの日は最後の最後に加奈から驚くような言葉を聞いた

フミ君はゆっくりとアナルにペニスを押し込んでいく。

『うああぁぁうぐぅあぁフミ君』

加奈が痛みではなく快感で声が漏れる。