混浴に、妻をノータオルで入らせる、罰ゲーム

妻が自家用車をぶつけてしまった罰で、混浴にノータオルで入らせました。

最初はちょっとした罰ゲームのつもりでした。

しかし、今は後悔しています。

そこにいた男の一人が、ジロジロとこちらを見始めました。

隠すものもなく、妻のオッパイが、白日のもとに晒されています。

自分は妻と出会ってから、ブラを外してこの胸を見るまでかなりの期間を要しましたが・・・。

この男は、出会って5分もかからずに、妻の胸も、乳首までも見てしまってんだ・・・と思うと、情けない気持ちになりました。

妻に罰ゲームをさせているはずが、自分が罰ゲームを受けている気分になります。

そんな中。

男は図々しくも、すぐ真横の湯船に移動してきました!

さらに男は、我々に話しかけてくる始末。

「どこから来たんですかー?」

など、他愛もない話が続きます。

たぶん我々がどこから来たかとか、正直興味ないよね君。

そう思いますが、話しかけられては、そうカンタンに移動することもできません。

困りつつも話を続けているうちに、妻が身につけているタオルに手を伸ばしました。

・・・・・・・・・そうでした!

男の前では、可能な限りタオルをつけない。そう指示していたのを忘れていました。

いや、だからといって、こんな男の目の前で!こんなギリギリの距離で、タオルを外さなくても!

それに最初から裸ならまだしも、これではストリップと同じじゃないか・・・。

そう思いつつも、言葉にできません。

あっと思うまもなく、妻はタオルをはずし、湯船のワキに、置いてしまいました。

妻の体を隠すものがまったくなくなり・・・、男の目の前で、全裸になってしまいました。

出会って数分の男の前で、タオル一枚だけのストリップショーが行われてしまったのです・・・。

早く別のところに移動しよう・・・と思ったとき、男はさらにニヤニヤして、質問を投げかけてきました。

「よく温泉来るんですか?(笑)」

この会話が終わるまで、妻の裸を隠せない。

そう思いながら、軽い絶望と悦びを感じていました。

さらに男は、湯船のこちらサイドに、ズズッと寄っかかってきました。

たぶん距離は1メートル前後になっていると思います。

そして私にたいして、さらにエンドレスで会話を始めました。

「どこから?」「○○には行ったことありますか?」「ここは何回目?」など、他愛もない会話ばかりです。

聞かれたら、答えないわけにはいきません。

それゆえに、移動することもできません。

特に多少なりとも会話で関係性ができると、なおさら動きづらくなります。

またそんなに広い温泉でもないため、移動はよりしづらいです。

そのまま、10分くらい、ずっと会話をしていました。

そのあいだ、真ん中に挟まれた妻は、全裸を晒しっぱなしです。

罰ゲームもあり、体を隠すこともできていません。

自分の指示ではあるんですが、こうして見ると、かわいそうだったかもしれません・・・。妻の陰毛と男が真横にならんでいます。

ある意味シュールな光景です。

そういえば昔、アダルトな深夜番組で、二人の男が、トップレスの女を真ん中にして、サブカルトークをする番組がありました。

女の必然性はないんですが、ある意味、「会話のサカナ」みたいなものだったかもしれません。

男たちはそれを見て、ニヤニヤしながら会話をしており、一種オトナの世界だと思った記憶があります。

今の構造は、それと一緒でした。

ただ違う点が二つ・・・。

それは、女がトップレスどころではなく、全裸であるところ。胸だけでなく、局部まで含めて、晒しています。

そしてそれ以上に、その女が、自分自身の妻であること。

目の前の男は、夫である私の前で、その妻の全裸をサカナにして、のうのうと夫と会話をしているのです。

大切な妻の全裸は、ただ場を盛り上げるための、ツマミに過ぎないように思えました。

言いようのない劣等感でした。

途中、男が言った言葉が、今も記憶に残ってます。

「実は自分、彼女がいるんですよ。でもこういう混浴に、彼女連れてこれないじゃないですか」

妻は、それを聞いて、少し引きつった愛想笑いを浮かべました。

この男が、彼女を連れてこられない混浴に。

妻は、全裸で入っている。

この男に、すべてを見られながら。

「いい奥さんで、うらやましいなぁ」

その目からは、決して羨望などではなく。いやらしさと優越感、そして嘲笑が感じられました。

妻が混浴でハンドマッサージを受ける

妻を全裸で混浴に入れたときの話です。(続き)

隣の湯船の男が話しかけてきたあと・・・。

そのうち、男は妻にまで話しかけてきました。

「奥さん、何才ですか?」

妻の全裸をなめ回すように見ながらの質問です。

値踏みというのでしょうか。

究極の就職面接・・・かもしれません。

相手の全裸を見つつ、相手について質問をする。

何も隠すことができず、相手に自分のすべての評価をゆだねる・・・。

そんなイメージでした。

妻も場の雰囲気を壊さないように、愛想笑いを浮かべながら話していました。

「何か健康法とか、やってます?」

この瞬間。

話題の流れが、明らかに変わった気がしました。

なぜ、そんなことを聞く・・・!?

しかし、その疑問はすぐに氷解しました。

男は言います。

「手とか凝りません?」

「は・・・? は、はぁ・・・。まぁ・・・」

突然の質問に、もちろんそう答えるしかありません。

体の一部、特に手が凝ってないと言い切れる人間なんていません。

すると男は、つとめて好青年のような口調で言ってきました。

「自分、ハンドマッサージできるんですよ。良かったらやりましょうか?」

ハンドマッサージ。

今から思えば、もっとも無難に、体に触れる方法を提案したのかもしれません。

さすがに「ボディマッサージ」であれば、引かれると思ったのでしょうか。

また妻は、何かを言われると断れない性格ではあります。

それに今回、「手が凝ってる」というようなことを言ってしまった手前、さらに断りづらくなっています。

妻はチラッと自分の方を見ました。

ま、まぁ・・・。

自分は考えます。

ただでさえ、全裸を見られているんだし、手・・・手くらいであるならば・・・。

そう考えてしまったのが、間違いだったかもしれません。

いずれにしても、自分はそのとき、明確にNOと言えませんでした。

「ほら!」

男は妻に再度言ってきます。

「は、はぁ・・・」

妻も、手くらいならいいか・・・と思ったのかもしれません。

軽く手を差し出しました。

男は隣の湯船ですので、ちょうど男が手を伸ばし、妻も手を伸ばし、それでやっと二人の手がつながる距離です。

男は妻の手を握ると、マッサージを始めました。

たとえ手とはいえ、全裸の妻の体に触れられたことに、無意識にショックを感じてしまいました。

「あ、結構、凝ってますねー」

「そ、そうですか・・・?」

もっともらしいことを言いつつ、男は手をマッサージします。

自分のカンですが、凝ってるといえば、さらにやめにくくなる・・・。そんな狙いがあったかもしれません。

そして、すぐ後です。

「片手だとやりにくいんで、もうちょっと、こっちに来てもらってもいいですか?」

「えっ?」

「ちょっ・・・」

自分がそれに反応する前に、男は妻の手を引っ張りました。

「えっ、えっ・・・?」

妻はそのまま引っ張られ、座っていた体勢が浮きます。

予想しておらず、止める間もありませんでした。

おそらくあちらには、前屈みの体が見えてしまっていることでしょう。

今まで、妻はある意味、ヨコからのアングルからしか、体を見せていませんでした。

しかし今回、男は前面から見ているのです。

あとから聞いたところ、「ハンドマッサージのために手は見ていたけど、チラチラ体を見てた気がする」とのことでした・・・。

「左手もどうぞ」

男はさらに左手も、マッサージをします。

自然、体全部を向けることになりました。

体も強制的に浮く形になるので、こちらにはお尻が・・・。

いえそれ以上に、性器が丸出しになりました。

それだけではありません。

このとき、客は我々だけではなかったのです。

ちょうど、自分たちの後ろにも、男性客が来ました。

「ぅぉっ・・・!」

明らかにそんな声が聞こえました。

間違いなく、妻の丸出しの尻、そして女性器を見られています。

今から考えると、妻も湯船の中に入れば良かったようにも思えますが、これもあとから聞いたところ、

「最初の体勢を崩しにくかったし、それ以上、あの人と距離が近づくのもちょっと、と思って・・・」

と答えました。

何にせよ妻は、この不自然なポーズを、ずっと取らされてしまうことになったのです。

男は、そのあともじっくりマッサージを続けます。

あとから思えば数分レベルだったんだと思いますが、そのときは数時間にも及んでいるような気持ちでした。

そのときも、後ろからの視線をチラチラと感じます。

これは男としての本能でしょうか・・・。自分自身も、妻の女性器から、目を離すことができなくなりました。

見慣れているはずの妻の性器ですが、それでもこの状況では意味合いが違います。

確かに今、この性器は、マッサージをしている男からは見えません。

しかしながら、だからこそ、逆に。

後ろにいる男たちに、そして何より、夫である私自身に。

「ほら、この女のマ●コ、見たいんだろ? タダで好きなだけ見せてやるぜ? 俺のオゴリだ、オゴリ! なぁ?」

とまで言われ、見ることを許可されているような気持ちになりました。

さらに男が手を動かすたびに、女性器も揺れ・・・。

そしてほんの少しだけ、中の赤い部分が見えました。

日中にも関わらず、これだけのショーが行われる・・・。

劇場の支配人は、この男。

妻は強制的に、裸の踊り子。

夫である自分は、それを見ることを許された観客・・・。

そんな情けない気持ちになりました。

そして何より、この体勢。

ある意味、妻が男に、全裸で土下座をしているのと変わりありません。

裸で、必死に許しを請う妻。

そしてそれを、何もできず見ているだけの夫です。

結局、手以外を触られることはなかったようです。

しかし、それ以上の屈辱を受けた気がしました。

前屈みのポーズで、そのときの状態を、再現したような形になります。

蛇足かもしれません。

男がマッサージをしながら見ていたのは、こんな風景。

胸も陰毛も・・・すべてが見えています。

重ねて長文で失礼しました。

読まれた方、ありがとうございました。