寝取られ好きな俺は妻を後輩に寝取らせて嫉妬でマゾに堕ちていく

私は妻が別の男と寝ることを想像すると興奮するタイプで、ついつい妻に言ってしまいました。

最初は当然「そんなことできないわ」「なんでそういう事言うの?」「ほんとはアナタに好きな娘でもできたんじゃないの?」などと言って相手にしませんでした。

しかし、妻とのセックスの回数をワザと多くして、そのたびに言うと、妻も少しづつその気になってきて、今がチャンス!とばかりに、メールで募集したり、情報を収集したりして、ついに会社の後輩で適任者を見つけました。

趣味のラジコンが私と合うためよく練習場でも会いますし、人懐っこい性格で、適任と思ったのです。

それに若い方が何度も出来て妻を虜にできると思ったのです。

妻は35歳。私は43歳。彼はまだ25歳です。

「熟女は好きか?例えば俺の女房なんてどうだ?」と言うと、今彼女がいないので溜まっている。

それに「奥さんはすごくきれいです」などと言うので、私の思いを話しました。

それが約2年くらい前です。

結論から言うと、私の場合は、失敗に終わりました。

彼は私の思っていたような男ではなく、私に内緒で友達に妻を貸したり、売春もどきのことをさせていて、私が気付いたときには、もう手遅れで、妻はまるで麻薬中毒者のごとく、若い精子とペニスを求めて彷徨うようになりました。

彼から専用の携帯を持たされ、朝だろうが真夜中だろうが、呼び出されればアソコを濡らして出て行く精液便所女になってしまったのです。

最初は、会社の後輩、ということで自宅に呼び、妻と3人で飲んでいました。

そして、私だけ先に寝て、「いい雰囲気になったら押し倒してもいい」とその後輩に言っておきました。

しかし初日は無理で、それから3回目の飲み会で、後輩が妻に手を出しましたが、妻はなんとか脱出しました。

これはこれで、私としても貞淑な妻を確認でき、うれしいことでもありましたが、なかなか先へ進めず、私も後輩も別の手を考えようということになり、今度は妻をガンガン飲ませて眠らせようと言うことになりました。

4回目の飲み会で妻は酔ってしまい、後輩は帰ったことにして、妻をベッドに連れて行き、そこで服を脱がせ、無理やり私が始めました。

妻は弱々しく「止めて、止めて、気分悪いの・・・」

と言っていましたが、アソコをなでてやると色っぽい声を出し始めました。

フェラの段階で後輩と交代し後輩のを舐めさせました。

私のだと思って舐めあげる妻を見るのはかなり興奮しました。

私のモノより2回りほど太く、長さは倍以上あり、若々しくビクンビクンと獲物を狙う猛獣のような固いペニスを妻の中へ挿入しました。

彼は若いのに、なかなかいかず妻を喜ばせていました。

私のほうがガマンしきれず、妻にフェラさせました。

ここで、ペニスが膣と口の2本になったわけですが、妻はベロベロに酔っ払っていたので、次の日になれば忘れているだろうと思ったのです。

この日は久しぶりに私も2回、後輩は3回も出して、満足でした。

しかし翌日、妻はしっかり覚えていて、「昨日、なんであんなことしたの?」と怒った口調でいいました。

かねてからの私の願いだっただろ?と話をすると、「それじゃあ、本気だったの?」と言います。

私は「お前が身体だけの関係だと割り切れるなら、そして、シテきたときはちゃんと報告してくれるなら、他の男とセックスしてきても構わない、いや、むしろそれを望んでいる」と話しました。

妻は黙っていました。

その夜、会社から帰って来ると、妻から、今朝の話・・・と持ち出されました。

「正直言うと、私も今が女盛りで、あなたのことは好きだけど、もっと他のセックスを味わってみたい。絶対あなたのことが好きで、それは変わらないわ。一生ついていくわ」

事実上、浮気をするという宣言です。

それから、数日間は何も無かったのですが、夜に、「あなた・・・」と言ってきました。

私はすぐに察し、「うん」と言い、今後妻の浮気についてどのようにするかを話し合いました。

私としては男は別に誰でも構いませんでした。

いや、むしろ不特定多数の男と淫らに交わる姿が見たかったのですが、妻はやはり名前も知らない男性は怖いと言います。

そこで、前回、シテしまった後輩との関係を深めて行くことにしました。

妻に後輩の電話番号を教えました。

後輩へは妻とヤッた翌日に感想を聞いています。

「めっちゃ興奮して、感動しました。またヤラせてください!」

こんな風に言ってましたので、妻から誘えば間違いなくホテルに行くだろうと思ったのです。

妻に、○月○日(土)にデートに誘え。

その日は外泊しても構わん。

しかし次の日は夕方までに自宅へ戻れ。

「私に体を見せて、全てを報告してくれ」と言いました。

妻は了承し後輩に電話をしました。

私は土曜の晩、妻が帰る予定の日曜日の夕方5時まで一人で自宅にこもり、妻が淫らに夫以外の男のチンポを咥え、マンコに入れられ、泣き喜ぶことを想像するのです。

考えただけで気が狂いそうになります。

何回、後輩はするのだろう、土曜の晩だけじゃないかも。

日曜の朝から、ヤッて帰る1時間前まで抱き合っているかもしれない。

そう考えるだけで、勃起が収まりませんでした。

試しに土曜日の昼、わざと後輩に仕事が終わったらラジコンを見にいかないか?と誘ってみました。

パチンコで勝ったからタイヤを買ってやるよ。

という具合に。

今までなら、ラジコンを一緒に見に行こうと行って断られたことは数回しかありません。

ましてタイヤを買ってやろう、というのに断られたことは1回もありませんでした。

しかし─────

「いやぁ、すんません。ちょっと用事がありまして」

そう見事に断られたのです。

その返事を聞いた瞬間に胸は張り裂けそうにバクバクと音を立てて波うち、ペニスは膨張しました。

退社になっても、帰りの電車に乗っても、頭の中は妻と後輩のことばかりです。

ああ、今頃、二人で腕組んで歩いているのか。

と思うと、一人で寂しく家路につく、自分のミジメさに酔いしれます。

今頃、ホテルで美味しい料理を食ってるのかな。

と思うと、わざと外食はせず、コンビニの弁当を買って一人で寂しく食おうと思いました。

10時か、もう、ホテルに入ったころだ。

キスしながらシャワーを浴びているか。

それともラウンジに出てワインでも飲んでいるか、カウンターに座り、妻は後輩にもたれかかっているのか・・・と思うともうガマンできず、全裸になり自分の逸物を擦り始めていました。

一発、ミジメな寝取られ初の自慰で果てたところで、シャワーを浴びて気持ちを落ち着かせようと思いましたが、相変わらず、テレビを見てもビールを飲んでも妻と後輩の事ばかりです。

いてもたってもいられず、妻の携帯にメールを入れました。

「今何してるんだ?」

妻からは20分くらいして返事が返ってきました。

「9時ごろチェックインして、キスして、ラウンジに行ってさっき帰ってきたとこ」

「今は?今はなにを?」

すぐさまメールを打ちました。

今度はすぐに返事が来ました。

「今は二人でテレビみながらお酒を飲んでます。あなた、ごはんは?お風呂は?」

肝心なことはなかなか話してくれず、妄想が膨らむばかりです。

「もう、1回くらいしたのか?」と入れると、数分して返事が帰って来ました。

「うん」

私は頭に血が上りカーーッ!となりました。

もう40を超えたというのに、ペニスが再び大きくなってきています。

興奮しすぎて、妻のタンスから妻のパンティとブラを取り出しました。

ブラを全裸の私の胸に巻きつけ、パンティをペニスに巻きつけで再び自慰にふけりました。

妻のスカートを出して顔をうずめ、四つんばいになり変態チックにオナニーに励みました。

また、妻に「今は?何をしてるの?」とメールを入れました。

返事が帰って来ませんでした。

再び「今は?もう寝た?」とメールを打ちました。

メールが帰って来ました。

「今、二人とも裸でベッドの中。さっきまで彼がオマンコを舐めてくれてたわ。返事しないとあなたのメールがうるさいから返事してやれって。明日の朝、メールするね。おやすみ」

私はガマンしきれず、妻のブラを体に巻きつけ、妻のパンティでシゴき、妻のスカートの上に発射してしまいました。

それから、私はしばらく朦朧とし、30分くらいしたあと、またメールを打ちました。

しかし返事は返ってきませんでした。

今頃、妻は・・・後輩のペニスを頬張っているのか、ガンガン突かれ、気が狂いそうによだれを垂らしながら。

もしかしたら、ケツの穴も舐められているかもしれない。

いや、舐めさせているかも。

自分の妻が他人のケツの穴を上手そうにペロペロと舐めているのか・・・様々な妄想が頭をよぎりましたが、酒が今頃回ってきたのか、私は妻の下着とスカートに囲まれ、いつの間にか寝ていました。

次の日は日曜ということもあり、私は昼過ぎまで寝ていました。

妻から朝の10時ごろ「おはよう!よく眠れた?」とメールが入っていました。

「今、起きたよ」とメールを打ちましたが、すぐには返ってきませんでしたので、シャワーを浴びに行ってから、一人でパンを食べながらテレビを見ていました。

妻の部屋の下着やスカートには私の精液がついたままでしたが、片付ける気にはなれず、そのまま散らかったままにしていました。

まだ13時です。

妻が帰ってくるまでは時間があります。

ビデオでも見ようか、パチンコでもしようか、と考えましたが、何もする気になれません。

頭の中では、常に今頃、妻と後輩が何をしているか、それだけを考えていました。

ふと、携帯を見ると、メールが入っていました。

さきほどの返事です。

「あなた、おはよう。今日帰るね」

「あなた」と言う文字が自尊心を崩し、寝取られ男に落ちた自分を自覚させ、また自分のペニスを握り、新しく、妻のスカートを出して、ペニスに巻きつけ擦りはじめました。

ああ、妻が、他の男のペニスを咥えている。

妻が他の男に入れられて喜んでいる!そう思ったとき、フト、もしかして、中出し・・・?まさか、これは無いと思いますが、万が一、中で出されたりしていると、私は私は・・・

そう思うと狂ってしまわんばかりでした。

あっという間に今日1回目の射精を妻のスカートに出してしまいました。

ようやく夕方になり、それまでに私は全裸で2回妻の下着やスカート、果てはブラウスにまでペニスを巻きつけ、狂った猿のように自慰をしていました。

妻の物を自分の体に巻きつけておくことで、妻を感じていたかったのです。

疲れていたのか、そのまま眠ってしまっていました。

玄関のチャイムが鳴ったとも知らずに。

妻は帰ってきていました。

しかし、私が出迎えに来なかったため、留守にしていると思った妻は後輩を中へ上げていました。

私が全裸でオナニーして妻の衣服の上で寝ていると言うのに・・・

「あっ!」と妻と後輩が、驚きの声を上げました。

私はその声で起きました。

目が合いました・・・全裸で妻の衣類に囲まれている、ミジメな姿の私と私の、私の妻の肩を抱いている後輩と。

一瞬世界が凍りました。

3人とも無言です。

後輩が、「あ、あ、あ・・・か、帰るね」と妻に言い、帰っていきました。

私は急いで、パンツだけ履き、散らかした妻の衣類を部屋の隅に置きました。

妻はなんと言ってあげて良いかわからず、下を向いたままでした。

私もなんと言い訳してよいか・・・上から浴衣(?)を羽織り、妻の居る部屋へ行き、「おかえり」と言いました。

妻は「ただいま・・・」と小さな声で返事をして、台所へ行きコーヒーを沸かしてくれました。

二人でテーブルに座り、コーヒーを飲んでいるとちょっと落ち着きました。

「あ、あなた、ごめんなさい」と妻が切り出しました。

「い、いや、こっちこそ。ごめん」と言いましたが、話が続きません。

私は「どうだった?楽しかった?」と聞きました。

「うん」

「そか」

話が続かず、妻は立ち上がり、私が散らかした衣類を洗濯しに、行きました。

私も、テレビを見てぼーっとしていました。

妻があれから出かけていって夕食の材料を買いに行き、台所でトントントンと包丁の音がすると、なんとか日常を少しづつ取り戻していきました。

「できたよー」と妻が言ったので、テーブルへ行き、二人でゴハンを食べました。

しかしなかなか会話が・・・結局、私が聞きたいのは昨日のことだし、妻が聞かれると思っているのも昨日のことですから、私は話をその話題にしました。

「昨日は、楽しかった?」

「うん」

「そか、チェックアウトする日もしたの?」

「・・・うん。朝から」

ドキっ!と心臓が高鳴ります。

「そ、土曜日も・・・だよね?もちろん」

「うん」

「何回されたの?」

「5回」

「え!そんなに!すごいな2日でそんなにかー」

「ううん、土曜だけで」

「え!?」

「日曜は結局レイトアウトして夕方ギリギリまで居たから、朝から夕方まで5回」

「ええっ!!ということは2日で10回!?」

「そう」

すごいことです。

若いというか、何というか・・・もう、私の息子はビクンビクンしています。

夕食を早々に切り上げ、リビングへ妻を連れて行き、ソファーに座り、話の続きをしました。

「どんなことされたの?話す約束だよ」

というと、最初から、話をしてくれました。

チェックインしてキスして、シャワーを浴びて、早速1回。

それから服を着替えてラウンジへ。

その後、部屋へ帰り、フェラして欲しいと言われ、彼はソファーへ座り、自分は床にすわり、ご主人様につくすように、ペニスをおしゃぶりしたと。

このとき彼のペニスをゆっくり初めてあじわい、キンタマから竿から全てをきれいに舐めてあげて、口に出されて、飲んだこと。

その後はベッドで3回目へ。

バックでガンガン突き上げられ初めて顔射されたそうです。

そして、ベッドの中でゆっくりしているときに私からメールがきたそうです。

そして、4回目へ。

彼は旦那(私)のことを聞きながら、妻へどんな気持ち? 浮気しているのは? 旦那からメールが来ているのに、ほったらかして他の男とセックスしているのは? と言葉で責められたそうです。

正常位でガンガン突かれて何回もイッてしまたそうですが、彼はさすがに4回目なので、なかなかイカず、おつゆがシーツにあふれ、彼から刺されるたびにブシュッ!ブシュ!と濡れたいやらしい音が響いたと。

そこで、気になることがありました。

「何回もイッた」ということが。

私との夜は何回もイクことなどありませんでした。

せいぜい1回。

それも数回のセックスで。

妻はイキにくい体質だと思っていましたし、妻も「あなたに抱かれるだけで幸せ、そういうのは関係ない」と言っていました。

それが、「何回もイッた」だなんて・・・

それから、彼は自分(妻)を何度も何度も天国へイカせ、やっとイッたそうです。

その辺の話をしているときに、妻の態度が気になりました。

「ん?どうしたの?何でも本当のことを話して」と言うと

「怒らないでね」と前置きし、

「そのときに、彼、私の中で・・・私の中で出したの」

自分の愚息から恥ずかしい汁がでるのが分かりました。

ビクンビクンとうねっています。

ま、まさか、中で・・・

「・・・そ、そうか・・・それで?」というと、先を続けます。

中で出され、さすがに、疲れてそのまま二人とも眠りについたが、夜中彼は起きて、更に体を求められ、妻の足の間に入ってきて、挿入。

もう、その時妻は腰がガクガクでされるがままだったそうです。

そして・・・当たり前のように中だし・・・

それが土曜日の報告でした。

私はもうガマンできずに妻へよりそい肩を抱きましたが、妻は私の手を払いのけました。

「ご、ごめんなさい。疲れてるから」と言いました。

私はたしかにそうだと思い、場所を寝室に移して日曜日の話を聞きました。

日曜日は、朝から起きて、フェラをさせられたそうです。

最後は口の中へ出され、飲まされたそうです。

それから朝食をホテルのレストランで取り、部屋へ戻りレイトアウトする旨を伝え、二人でシャワーを浴び、シャワー室でバックから。

そこでも最後はフェラで飲まされたそうです。

それからしばらく二人でハダカでイチャイチャし、セックスへ。

結局、ヤッては少し休み、フェラしてと言われ、フェラで立たせ、立ったら妻の中へ入れて、中出し。

また休み、しばらくしてフェラをさせられ、立ったら妻の中へ入れて中出し。

これを繰り返したそうです。

妻への前戯はほとんどなく、フェラして立たせて、腰を振り中出し。

というまるで、娼婦かダッチワイフかのごとく扱い。

それでも、妻はアソコをジュクジュクに濡らし、シーツに水溜りが出来たと言います。

妻へ「な、中で出されて拒否しなかったの?」と聞くと前日、つまり土曜日はさすがにびっくりして、2回目の時にも「外へ出してね」と言ったそうです。

しかし「分かった」と言いながらも途中でゴムを外し、膣内へ。

「ゴムを外されたときに、気持ちがもう、どうなってもいい。中で好きなようにだして」と思ったそうです。

それから、日曜日は当たり前のように、一度もゴムはつけず、生フェラ、生ハメの膣内射精。

好きなように後輩が妻を使ったのです。

妻の話を全て聞くと、私はもう、ガマンできません。

妻に再度挑みましたが、妻は「腰が痛い。口が痛い」と言ってシテくれません。

フェラすらも。

私は「自分でするから見ててくれないか?」とまで言ってしまいました。

こういう事は初めてです。

寝取られて、情けないのに、更に、もっともっと堕ちたいと思ったのです。

妻はちょっとびっくりしたようですが、「うん、いいわ」と言ってフトンを外して私の股間を見ていてくれます。

私は仰向けになり、パジャマと下着を脱いで全裸になり、一人でシコシコとオナニーしました。

すぐに出そうになり「あ、あ、で、でる!!」と言いました。

せめて、妻の口を添えて欲しかったのです。

しかし、妻は「うん、いいよ。見ててあげるから自分のおなかの上にでもだしなさい」と言いました。

後輩のは飲めても私のは口にも含んでくれないのです。

次の日の朝、朝食を取り、会社へ行くときに、妻から「今日、実家へ行くからもしかしたら、遅くなるかも」と言われました。

「うん、分かった」と言って会社へ行きましたが・・・

念のために、後輩へ「今日、会社終わったらなんか用事ある?」と聞きました。

すると、「いや〜、俺、今日、ちょっと用事で、昼過ぎに早退するんですよー」という返事でした。

私は妻が自分に内緒で後輩と会うという事を考えると、ドキドキして、仕事どころではありませんでした。

早退して妻の後を追いたい気分でしたが、大事な会議のためそれはできませんでした。

後輩は4時ごろ早退して行きました。

夜20時ごろ帰りました。

いつもはもう少し早いのですが、会議のため遅くなったのです。

そのため妻は帰っていました。

夕食を作って待っていてくれました。

いつも帰る時間のちょっと遅い時間に妻から「今、帰ったわ。あなたも遅かったのね。夕食作って待ってるね」とメールが入って着ました。

ものすごくうれしかったです。

まるで、妻に飼われている子犬のように、妻の一言、一動作でこんなにも自分の心が変化するなんて・・・

「もしかしたら、本当に妻は実家に戻り、後輩にも用事があって、二人は会ってないのかもしれない」と思いました。

「こんなにも優しい妻が自分に内緒で後輩に会うハズがない」と思いました。

それを確かめるべく、妻の実家へ電話をしてみました。

お義母さんがでたので「こんばんは、おひさしぶりです」と挨拶し妻が今日そっちへ戻ったかそれとなく聞いてみました。

すると返事は「来たよー」と言う返事でした。

私は天にも昇る気持ちでした。

やっぱり妻は俺を愛してくれている!この前のことはゲームだったんだ!!と涙を流さんばかりの感動でした。

しかしお義母さんは「昼ごろ来て1時間くらいで帰ったけどね。夕方、3時か4時にはそっちに戻ったんじゃ?」と付け加えました・・・

私の喜びは足元からガラガラと音を立てて崩れました。

後輩の早退した時間が3時ごろ。

妻のアリバイが無いのも3時から夜19時ごろまで。

自宅へ帰りましたが、いつの間にか帰ってきた感じで、周りの風景なんか全然覚えていませんでした。

妻の夕食を食べますが、妻は「どうしたの?元気ないね」と聞いてきます。

私は「今日ドコへ行ってた?お前の実家へ電話したぞ。夕方にはもう帰ったって言ってた。それに後輩も早退した」と言いました。

妻はあっと目を見開きびっくりしていましたが、彼と会ってきたと正直に言いました。

「なんで勝手に会うんだ!」と怒りましたが

「彼と会っても良いって言ったのはあなたでしょう!」と食いついてきます。

言い合いになりましたが、「もう後輩とは会うな!」と言っても

「イヤです!」と言って目を真っ赤にさせるので、それは許可し、その代わり、絶対に会うときは予め私に連絡して欲しい。

それから会った後は報告をして欲しいと言いました。

そして妻はそれも了承しました。

夜寝室で、その日も妻に挑みましたが拒否されました。

「今日も思いっきりされて腰がガクガクなの」と言われました。

私はまた妻に見られながら、自慰をしました。

数日間は何事もなく過ぎていきました。

木曜日の夜に妻から、「彼と会うから」と言われました。

会ってもいいと言った手前、断れません。

「いつ会うの?」とできるだけ平静を装う口調でたずねると、

「金曜日の晩から日曜日の晩まで」と言います。

それは長すぎないか?と思いましたが、ここで、また怒るとケンカになってしまいます。

「分かった」とだけ言い寝室に入りました。

後輩とホテルへ行ってから1週間がたとうとしていますが、その間、私は妻とセックスをしていません。

1回だけ口でしてもらいました。

あとは見ててもらうだけで、妻の目の前で自慰をしました。

この日もそうです。

「なぁ、頼むよ」と言うと、

「明日、彼に会うでしょ。だからガマンしておきたいの。会ったときに食傷気味になりたくないから」と言います。

もはやセックスは彼中心になってしまったようです。

金曜会社から自宅へ戻ると、妻は居ませんでした。

退勤中に「今から出かけてきます」とメールが入っていたので、知ってはいたのですが、いつもいるはずの妻がいない我が家というのはとてもがらんとして、寂しいものです。

自分で電気をつけ、自分で冷蔵庫からビールを取り出し、ボーッとテレビをつけましたが、先週と同じようにハダカになり、妻の下着とスカートをタンスから出して匂いを嗅いでいました。

「ああ、今頃は・・・どんなことをされているのか」

「2泊もすれば、何発やられるかわからない。しかもまた中出しになるのか・・・さすがに妻はさせないだろう・・・いや、ピルか何かを手に入れ、後輩には存分に中に出させるかもしれない」

様々な妄想がよぎります。

一回目を妻のお気に入りのスカートに発射することにし、シコシコとしごいていました。

寝室と玄関は家の端と端になり、物音が聞きづらいのですが、このとき、オナニーに一生懸命になりすぎて、まわりを見る余裕がなかったのです。

もう少し回りを良く見ていれば良かった・・・

妻がそーっと帰ってきていたのです。

後輩を連れて。

「ああ、○子ぉ〜、愛してるよぉ〜。ああ〜、ああ〜」と言いながら全裸で妻のパンティをペニスに巻きつけながら一人でオナニーしているところを二人は笑いながら、後ろから見ていたのです。

オナニーが終わり、「ううっ、い、いくっ!!○子、イクよー!」と言いながら妻のスカートに発射して、ティッシュで汚れた自分のペニスを拭いていたその時に後ろから「クスッ」という笑い声がして、はっ!と後ろを振り向きました。

そこには、後輩が私の妻の肩を抱き、妻は後輩に寄り添うようにしな垂れかかり、私のオナニーを見ながら笑っている姿があったのです。

私と目が合った二人はついにガマンしきれず、声を上げて「あはは!!!」「わっはは!」とお腹を抱えて笑っています。

私はただただ、みじめで、その場でうなずいているしかありませんでした。

「ひいーーー(笑)」

「すっげーー(笑)」

などとひとしきり笑ったあとで、妻が、「ご、ごめんねぇ(笑)。彼が急に、この家に来たいって言い出して」と笑いながら言い訳していました。

私はなんとかパンツを履き、上着を着ようとすると、「あ、課長、いいですよー。どうせ1回じゃ収まりきれないでしょ?またするんでしょ?(笑)」とバカにしたように言います。

「それより今日から日曜の夕方まで、僕はココに居ます。まず、寝室は、僕らが使います。課長は居間で寝てください。寝室へは絶対入ってきてはいけません。それから○子は僕のモノです。触ったりしてはいけません」と妻を呼び捨てにして、私の見ている前で、二人は濃厚なキスを交わしました。

「じゃあ」と言って寝室へ入って行きました。

私は唖然としてそれを見送っていましたが、トビラを締めた後、再び後輩がトビラを開け、「これ、今日、○子が履いていたパンツです。よかったらどうぞ」と言ってパンティを一枚放り投げてくれました。

私にも意地があります。

服を着て、整え、文句の一つでも言ってやろうと、寝室へ向かいました。

その時、部屋の向こうから、妻の泣くような声が聞こえてきました。

「ああん・・・、あ、い、いい」

私はドアを開ける手を止め、ドアの前で、止まってしまいました。

思わず、中の様子を聞き耳を立てて聞いてしまいます。

「は、早くぅ。ね、ね、早くちょうだい・・・」

妻が甘い声を出しておねだりしています。

それから、二人の荒い息遣いが聞こえてきて、ベッドのきしむ音が聞こえ始めました。

「あ、、ああ!!」と妻が後輩のいきり立ったモノを入れられ、貫かれて喜んでいる声が聞こえてきます。

私はその場を離れ、居間に戻り、テレビを見ました。

1時間くらいして、寝室から妻が出てきました。

スケスケのネグリジェです。

おっぱいが透けて見えています。

初めて見る格好です。

普段は普通のパジャマなのに。

思えば、妻の胸を見るのも後輩と一緒に妻を酔わせてヤッた時以来です。

その間に後輩は何度妻を抱いたのでしょう。

「あれ?まだ起きてたの?」と妻がちょっとびっくりしたように言いました。

「うん」

「何か食べる?」

「いや、いい。ビールくれ」

そういうと妻は冷蔵庫から缶ビールを取り出して持ってきてくれました。

「ごめんなさい。急に、彼に強引に言われちゃって」と謝ってきました。

私はなんと言ってよいかわからず、黙っていました。

「怒ってるの?」と更に聞いてきます。

「いや・・・」と言うのが精一杯でした。

それでも妻は私が怒っていると感じ「帰ってもらう?」と私の顔を見て聞いてきます。

こう言われると、私としても、なんとも言えません。

帰ってもらえと言うと、妻が寂しがるのは目に見えていますし、元はと言えば、私が言い出したことです。

それに、このように、私を心配してくれている、ということは後輩とはあくまでプレイで、私の事を愛してくれているんだなと実感も出来ました。

私は「いや、いいよ。ちょっとびっくりしただけだ。もう、寝るから。君も寝なさい」と言って、立ってトイレへ行きました。

妻も寝室へ戻ったようです。

居間に毛布を持ってきて、さて、寝ようかなと思ったときに、寝室から妻の大きな声が聞こえてきました。

さっき妻が寝室に戻るときにきれいにドアを閉じていなかったのでしょう。

隙間から声が聞こえます。

「ああん、ああん・・・」と、甘い声がします。

また始まったようです。

妻が、隣の部屋で、犯されている。

先週はホテルでしたから、当然妻の声は聞こえていません。

妻の生声が聞こえることがこんなにも興奮することだとは思いませんでした。

私はそーっと寝室のそばへ行き、中の様子を覗こうとしましたが、中は暗く、二人の姿をはっきり見ることはできませんでしたが、ベッドがギシギシと動いて大きな塊がゆれているのは分かりました。

私はパジャマの中へ手を入れ、妻の「ああ!!ああ!!」という声を聞きながら自慰にふけりました。

しばらく、妻のアエギ声が聞こえたとき、後輩が「いくよ。どこに出してほしい?」と聞くのが聞こえました。

妻は「お、おなかの上に、中は止めて・・・おねがい・・・」と言っていました。

しかし「だめだ!!中で出す。お前は俺の奴隷だ!!」と言ってそのまま、

「ううっ!!いくっ!」と、後輩は妻と重なったまま、妻の柔肉の中へ放出しました。

その後は、二人の「はあ、はあ・・・」という声がして、「ん・・・ん」と妻はキスをされたようです。

妻がキスをされているのを聞きながら、私もオナニーで果てました。

私の妻を自由に使いながら、外に出してほしいと哀願しているにも関わらず、平気で膣内にだす自分より20歳近くも年下の男。

それを見ながら、自慰をする中年の私。

いくら自分から言い出したこととは言え、かなり後悔しており、このミジメな境遇をどうしようもなく思いました。

翌朝、私が起きて新聞を読んでいると、後輩と妻が出てきました。

「課長、おはようございます」と言ってテーブルに座りました。

「あ、おはよう」と私も返事をします。

妻は「オレンジジュース?コーヒー?」と後輩に聞いています。

私よりも先に後輩に・・・と思いましたが、我慢しました。

「ホットミルクちょうだい」と後輩は妻に言うと、妻は笑顔でうなずき、

「あなたは?」と聞いてきました。

「コーヒー」と一言、妻の顔も見ずに答えました。

それから、3人で朝食のパンを食べましたが、後輩の横に妻が座り、テーブルを挟んで、私が一人で座りました。

まるで、私がお客さんみたいに。

朝食が済むと、後輩は「○子、俺、シャワー浴びたい。昨日のセックスで汗臭いわ(笑)」と私がいると言うのに、平気でそんなことを言います。

妻は「あ、そうね、あっち。行ってて、あとでタオルもってくるから」とちょっとだけ、私に気を使いながらの返事をしてくれました。

後輩がシャワーを浴びに行き、テーブルの片付けをしたあと、バスタオルと昨日の夜買ってきたであろうコンビニの下着などを出して持っていきました。

しかしなかなか帰ってきません。

気になりましたが、覗きにいくわけにもいかず、新聞を読んでいました。

時々「あははっ!」と後輩の笑う声が聞こえてきます。

そして、妻が口を手で拭きながら戻ってきました。

それを見て、フェラチオでもさせていたのかな、と思いました。

会社は休みですが、後輩と妻がいる自宅にいる気にはなれません。

私は久しぶりにパチンコにでも行こうと、外へ出ました。

妻と後輩はずーっと家にいるみたいです。

5,6時間して夕方自宅へ戻ると、家の前に車が2台止まっていました。

なんだろう?とは思いましたが、気にも止めず、中へ入ると、妻の姿が見えない代わりに、後輩と同じ年くらいの若者、男ばっかりが5人いました。

私を見ると「こんちわー」とソファーに座ったまま若者らしい気の抜けたダラけた挨拶をしてきました。

私は何がなんだかよく分かりませんでしたが、後輩の友達のようで、「んじゃ、そろそろ帰るわ〜」と後輩に言って、

後輩も「おう、楽しかったろ?またさせてやるから(笑)」と言っていました。

その男達が帰って行くのを見て、私は「妻は?」と後輩に聞くと

「寝室で寝てます。疲れてるようですよ」と言って、自分も寝室へ戻って行きました。

よく分からないままトイレへ行き、テーブルに戻り、ソファーに座ると、なんとなく生生しい匂いがすることに気付きました。

何かは最初、よく分かりませんでした。

お腹もすいたし、妻の姿が見えないのも気になるし、と思い、寝室へ行こうと思ったときに、寝室から妻が出てきました。

私が戻っていることに非常にびっくりして、「あっ、戻ってたの。ごめんなさい」

と言いましたが、妻の髪の毛はメチャクチャで、化粧もはげており、かなり激しく何かを、そう、セックスをされた、というのが、見てとれました。

最初は、また、後輩が・・・と思いましたが、フト・・・、恐ろしいことが脳裏をよぎりました。

そうです。

もしかして・・・さっき来ていた男達に・・・

帰り際後輩が友達に言った「またさせてやるよー」と言った言葉。

「また?」

何を、また?

結局、何も聞けないまま、夕食となり、居間に焼肉の用意をしましたが、後輩が座り、対面に私が座りました。

妻はごはんの用意などをして、最後に着座したのですが、後輩が何も言わないのに、自然と・・・後輩の横へ。

まるで、後輩の女房みたいです。

二人は、キャッキャとふざけないながら、焼肉の肉をお皿に運んであげたり、飲み物を注いであげたり、私のことなどお構いなしです。

夕食が終わり、私は風呂へ入りました。

風呂から上がると、後輩が、「あ、俺もはいろっと」と言って寝室へ戻り、着替えの用意をして出てきました。

妻は夕食の後片付けをしていましたが、後輩は、「○子、先行ってるぞー」と言いながら、風呂場へ。

妻は「あ、はーい。すぐ行くー」

と言って、急いで洗い物を済ませて寝室へ行き、自分の着替えを取り、風呂場へ向かいました。

帰ってこないということは、一緒に入っているのでしょう・・・

悔しさがこみ上げてきます・・・

翌、日曜日。

昨日と同じように、することもない一日となりそうでしたが、会社の上司から電話があり、ちょっと急用で打ち合わせをしたいと連絡が入りました。

普段なら理由をつけて行かなかったりするのですが、後輩と妻がいる自宅には居たくありませんでしたので、これ幸いとばかりに、「すぐ行きます」と返事をしました。

そこで、「あ、」と思いました。

私のスーツなどは寝室にあります。

後輩から寝室へ入るなと言われています。

しょうがないので、寝室のドアの向こうから「おい、ちょっと用事がある。入ってもいいか?」とたずねました。

「なんですか?」と後輩の返事。

「ちょっと会社へ行かなきゃいけなくなった。着替えたいんだが」

「いいですよ」と返事があったので、しばらくぶりに、寝室へ入りました。

「あっ!!」とびっくりしました。

ベッドの上では妻が全裸でセックスしていたのです。

「ああん・・・あ、あ、」と妻はヨガっています。

後輩は正常位で妻を責め立てていました。

妻は「あ!イ、イヤ!、見ないで!見ないで!!」と言ってますが、後輩からペニスを挿入されたままでは動くことも隠すこともできません。

「すみませんねぇ。こんな姿で。どぞ、勝手に着替えてください」と後輩が悪びれもなく言います。

私は「ああっ!いい!!イキそう・・・」とアエぐ妻の真横にあるワードローブで着替えをしました・・・

支度が出来て寝室を出ようとすると、「何時ごろ帰ってきます?」と後輩が聞いてきましたので、

「夜は部長と食ってくるから、遅くなるよ11時くらいかな」と返事をして、自宅を出て行きました。

会社へ休日出勤し、仕事を終わらせ、予定通り部長と一緒に夕食を済ませ、夜の11時前に自宅へ帰りました。

「ただいま」と玄関を開け、中へ入ると、居間は、ものすごい散らかりようでした。

その瞬間に脳裏をよぎったのは、先日の後輩の友達のことです。

なんで、もっと早くに気付かなかったのか後悔しました。

居間は、複数の人間が数時間いたと思える有様で、弁当の箱や缶ビールの空き缶、吸殻などなど散々たるものでした。

妻が寝室から出てきて、「あ、お、お帰りなさい」と少し驚き、そして、気の引けたように目を合わせずに、居間の片付けを始めました。

妻のその態度で確信しました。

妻は大勢の男たちから、犯されていると・・・

妻に「後輩は?」と聞くと、明日は仕事だからもう帰ったとのこと。

やっと帰ったか、という安堵感でどっと疲れがでてしまいました。

風呂に入り、体を落ち着かせて、居間へ戻ると、何とか居間は片付いていました。

妻と今後のことで話をしなければ、と思い、妻にテーブルに座るように言いました。

「正直言って、○子を他の男に抱かせたいとは思ったが、こういう事は俺の想像を超えている。趣味ではない」と言いました。

妻は「ごめんなさい」とうつむくばかりです。

「じゃあ、今後はもう会うな」と言っても「ごめんなさい、ごめんなさい」と言ってうつむき、会話になりません。

今話すのは無理だと思い、しばらくは黙っていました。

深夜になり寝るときに、二人でベッドに入って、そのときに話をしようと、思いました。

妻に「もう寝よう」と言って自分のベッドにもぐりこみました。

シーツはきちんと新しいのに代えてあります。

この辺はさすが、妻だと思いました。

妻も横に来ました。

「なぁ、もう会うのは止めてくれないか?」ともう一度言いました。

「・・・あなたが、そう言うのなら」と言ってくれました。

やっぱり妻は私の事を愛していてくれたんだと、うれしく思いました。

後輩に悔しい思いをさせられてばっかりでしたが、これで、リベンジできた感じがしました。

この日は、私も疲れて、妻を抱かずに深い眠りにつきました。

夜中、隣に寝ているハズの妻の泣き声がして、フト目が覚めました。

「どうした?」と聞くと、

「あなた、ごめんなさい。彼から手紙を預かっているの。あなたが、会うなとか言ったらこれを見せろって言われてるの」と言って手紙を出しました。

「どうして、さっき寝る前に出さなかったんだ?」

「だって・・・私もあなたの事が好きだから。いくら、彼に何度も抱かれても、あなたの事を愛しているわ。だからこそ、その手紙を渡せなかったの・・・ごめんなさい」

私は妻の意図が分からず、とにかく手紙を読んでみることにしました。

・・・なんということを。

手紙には、なんとも恐ろしいことが書いてありました。

内容は、これからもずっと飽きるまで妻を抱くと書いてあります。

写真を何枚も撮っている。

もし、抱かせないように何らかの工作をしたら、それを会社やインターネットでバラまくと。

また妻には、了承済みだという事も書いてありました。

「どういうことだ!?お前も了承済みって書いてあるじゃないかっ!」

思わず、怒鳴ってしまいました。

「それは、無理やり・・・だって、私が、はいって言わないと、あなたの会社に写真をバラまくって・・・」

私はさっきまでの幸福感なぞどこかへ消え、大いなる絶望感だけが支配していました。

手紙には今後のことも書いてありました。

週末の金曜の夜は後輩のアパートへ来ること。

日曜日の夜に帰すと書いてあります。

それと、水、木は、私の家へ妻を犯しに来るとも書いてあります。

私の仕事上、水、木は遅く帰宅することを知っているのです。

・・・悔しさがこみ上げ、ベッドを拳で叩きつけました。

手紙の最後に「課長がオナニーしてた写真もあるからね〜。会社の連中に見られたくないでしょ?」と書いてありました。

私はそれでも構わないという気持ちが強かったです。

愛しの妻をもう誰にも抱かせたくは無かった。

会社は辞めれば済むし、後輩の言うとおりになるのは私にメンツにかけてもしたくなかった。

しかし妻の意見も聞いてみたくなりました。

妻の本心というか、あれだけ、若い男のペニスで突かれ、本心は虜になってしまったんんじゃないか?とも思ったのです。

もちろん、妻も反対してくれることを望んでいました。

妻が「あなた以外に抱かれたくない」といえば、私は会社を辞める覚悟でした。

場合によっては警察へ行ってもいいとさえ思っていました。

「○子、お前はどうなんだ?本心を言ってみて」と聞いてみました。

しかし、妻は・・・

反対ではなかったのです。

「そりゃ、あなたの事を愛しているわ。私も抱かれたくないわ。でも、でも、今さら会社を辞めると言っても、実際無理よ。それに、あちこちに写真をばら撒かれたら生活さえ出来ないわ。あなたの気持ちは十分分かるし、あなたが決めて構わないわ。私はあなたについていくわ。でも、私の気持ちとしては、彼の言うとおりにしたほうが言いと思う・・・」と言いました。

一晩考えました。

しかし結論が出ませんでした。

妻には「もう少し考えさせてくれ」と言いました。

会社へ行っても仕事が手につきません。

それでも、1週間ほどは平穏に過ぎて行きました。

ある日、妻が「話がある」と言うので、聞いてみると、後輩が私の決断の鈍さにしびれを切らし、ついに実力行使に出たとのこと。

ターゲットは私ではなく、妻でした。

妻の裸の写真(胸から下。顔は映っていない)をまず近所中にバラまき、駅やバス停などにも置いていったというのです。

ご近所のおばさんたちのウワサになり、妻も最初はなんだろう?と思っておばさんたちの話を聞いて、実際、おばさんが持っていた写真を覗きこみ、愕然としたらしいのです。

顔は映っていませんでしたが、私達の寝室だということは間違いなく、写真の女は美味しそうにペニスをしゃぶっている姿だったのです。

他にも、バックからハメられている写真などもあったそうです。

私は自分のことなら、なんとかなると思っていました。

会社でウワサになっても、元はといえば自分がまいた種。

しかし妻をターゲットにされ、辱められると、後輩に降伏するしかありませんでした。

私は妻に「後輩が言った件は全て認めると伝えろ」と言いました。

その夜、ほんとに1ケ月ぶりくらいに妻を抱きました。

私も40を超えていますから、後輩と知り合うまでは2,3ケ月妻を抱かなかったことも多々ありましたが、後輩とのいざこざがあってからは毎晩妻を求めていました。

自分の精力に驚くくらいです。

しかし、妻は何かにつけ私を拒んでいました。

それが、今夜やっと、妻を抱けたのです。

最初の頃は、妻もゲーム、ある一つのプレイでした。

だから、心にも余裕があり、私をからかって、フェラすらしてくれなかったりしました。

笑いながら後輩との事をしゃべったり。

私も多少は余裕があったのか、妻の前で自慰をしたりしていました。

しかし、今では、二人とも余裕はなく、ゲームでも何でもありません。

妻は明らかに、後輩を愛してはいませんし、私の事を愛してくれています。

これからのことが全然見えず、心配でした。

翌日は、木曜日でした。

後輩のルールでは私の自宅へ来て妻を抱く日です。

私は妻を愛しくおもいながら、どうしようもないせつなさで、たまりませんでしたが、会社へ出勤しました。

夕方からの会議は全然頭に入らず「ああ、妻は今頃後輩にヤラれているのだろうか」

「また、中だしか・・・」

などと妻の裸ばかりを想像してしまいます。

妻の体。

まだ熟れきってはいないが、若い肌との中間くらいの肌。

なまめかしく細いウエスト。

若い女性にはない、大きなお尻。

妻の体を想像しては、ペニスがビクビク言っていました。

退社時間になり、会社を出て、一応自宅のほうへ戻りましたが、妻からの電話がないと自宅へ戻ってはいけないと決められています。

後輩がいつ妻との情事を終わらせるか分からないためです。

妻は自分の口で、自分の主人に、別の男と性交が終わったことを告げるのです。

それから、30分して私は帰宅することになっていました。

ここから帰れば30分くらい、というラーメン屋でラーメンを食べながらその店にある新聞を読んでいると、妻から電話がありました。

「・・・あなた、今、終わりました。彼に今日も、中出ししてもらいました。彼は2回。私は10回以上イキました・・・今から帰ってきてください」

なんという言い方でしょう。

気が狂いそうです。

たぶん後輩が無理やり言わせているのだと思います。

思わず、携帯を床になげつけ壊してしまいたくなる衝動に駆られました。

帰ってみると、部屋の中や寝室はきれいに片付いて、妻は台所で洗い物をしていました。

思ったより、あっけらかんとしていてくれて、少し救われた気がしました。

その晩は二人ともその事には触れませんでしたが、私が妻に迫ると、妻は「体がだるくて無理」と言われました。

翌日は、金曜日。

妻が後輩のアパートへ行く日です。

仕事をしていると夕方ごろ妻からメールが届きました。

「今から、出かけてきます。カレーを作っているので、温めて食べてください。土日はすみませんが、外食をお願いします」と書いてありました。

後輩とは部署が違うのですが、気になって仕方なく、後輩がいる部署の近くへ用事を作り、後輩を見に行きました。

後輩の机は片付けられていて、居ませんでした。

聞いてみると、今日は、早退したとの事でした。

私は胸が高鳴り、心臓が破裂する思いでした。

妻が・・・後輩と今日から日曜日の夕方まで一緒に・・・

一体何発ヤラれるのか。

体がもつのか。

もう仕事は手につかず、妻が後輩に挿入され、もだえている姿が頭から離れませんでした。

家に帰ると、真っ暗で、一人でさみしく、カレーを食べました。

寝ようと思いましたが、妻のことが脳裏を離れず、オナニーしたくてたまらなくなり、オカズを探していると、洗濯カゴにあった、まだ洗っていない妻のパンティを見つけました。

それを手にとり、オナニーを続けざまに2回して、酒を無理やり飲んで、寝ました。

長い長い、息苦しい土曜日も終わり、日曜の夕方、やっと妻が戻ってきてくれる!というまるで、小さな子供が母親を待つ心境に似ているような感じで妻が戻ってくるのを、今か今かと待っておりましたが、7時になっても8時になっても戻ってきませんでした。

不安になり妻の携帯に電話をしたのですが、電源が切られたままでした。

不安で不安でたまらない私は20分くらいして、また電話をかけました。

電源は入っていましたが、取ってはくれませんでした。

「どうしたんだ?何時ごろ帰る?」とメールを入れました。

10時になっても帰ってきません。

警察に捜索願いでも出そうかと思いましたが、事情が事情だけに止めておきました。

11時近くになり再度メールを入れました。

すると、すぐに返事が帰ってきました。

内容は。

「ごめんなさい。今日は帰れそうもありません」

全身が震えました。

目が血走り、口がガクガク震えました。

どういうこと?思考がストップしたかのように、何も考えられなくなりました。

いや、考えられないのではなく、考えが及ばないのです。

妻の意志なのか?後輩の指示なのか?なぜ帰れないのか?約束は?何をしているのか?何をどう考えれば結論になるのかが分かりませんでした。

0時過ぎに、またメールを入れました。

「どうしたんだ?それだけでも教えてくれ」

すぐに返事は来ませんでしたが、1時ごろメールの返信が来ました。

「パソコンのメールを開いて」と書いてありました。

急いで、仕事で使っているパソコンを開き、メールソフトを立ち上げました。

そこには、後輩のメルアドと思われるメールが着ていました。

あなた、と書いてあるのでたぶん後輩が書かせたのでしょう。

「あなた、ごめんなさい。今日は帰れません。でも、心配しないで。私は無事です。彼のアパートに居ます。あなたが考えている金曜の夜からのここでのこと、それを報告しますね。彼のアパートに行ってから、まだ、洋服は一度も着ていません。3日間ずーっとハダカで生活しています。何回イカされたかは分かりません。途中まで数えていたのは土曜日の夕方くらいの時点で20回くらいです。腰がガクガクして思うように歩けないほどです。それと、これを言っては怒られるかもしれませんが、事実なので報告しておきます。実は、私を抱いているのは彼一人ではありません。3日間で10人ほどの男性が来ました。今も彼のアパートには、彼とは別に3人の男性がいます。ごめんなさい・・・できるだけ明日の夜までには帰らせてもらうようにするつもりです。あなたには迷惑かけますが、すみません」

まさしく血管が切れるような、という表現が当てはまるほど衝動でした。

妻の携帯に電話をしました。

絶対連れ戻してやるっ!と思ったのです。

後輩に電話を変わらせ、怒鳴ってやろうと思ったのです。

しかしながら、心の隅では「電話には出ないだろうな」という気持ちもありました。

しかし・・・プルルル・・・プルルル・・・ガチャ。

「はい・・・」

妻は出たのです。

びっくりしました。

「おいっ!!どういうことだ!今すぐ帰って来い!!」と怒鳴りました。

「あいつを出せ!」

「場所はドコだ?迎えに行ってやる!」

などと口早に言いました。

・・・しかし・・・なんか様子がおかしいのです。

妻は聞いているのに、返事がないのです。

聞いている、というのは、妻の息遣いが聞こえているからです。

・・・妻の息遣い・・・

「はぁ、はぁはぁ・・」という息遣い・・・

もしかして・・・

妻は今も・・・夫である私の電話に出ながら・・・ヤラれているのか?・・・

電話の向こうから、ペチャッペチャッ!と言う肌と肌を合わせる音が聞こえてきました・・・

それと同時に妻の「ああっ!ああ・・・いい・・・いいのぉぉおお!!すごくいいっ!!!」という声も・・・

全身が凍り付き、さっきまでの勢いはどこへ。

と言う感じで、ただただ、妻の声を聞くだけになってしまいました。

「ああっ!いいわぁああ!気持ちいい!!」

突然、男の声に変わりました。

「今、奥さんのキツキツのケツの穴をいただいてまぁ〜す!」

それに続き、別の男が、「あんた、興奮してんだろ?どうだ?奥さんを犯してもらって興奮してんだろっ!返事は!?」

「・・・あ、う、うん」とそれしか返事ができませんでした。

事実、私のペニスはズボン越しにでも分かるくらいパンパンに張っていました。

「んじゃあ、奥さんの裸でオナニーしたいか?」と電話の向こうから声がします。

でも後輩の声ではありません。

私が黙っていると「どうなんだ!したいのかしたくねえのか?」と、再度聞いてきました。

「あ、う、うん」

「んじゃあよ、もうちょっと待てよ。今アナルにハメてんの中に出したらデジカメで写真取って送ってやるわーそれで、オナニーでもしな!」と言って電話が切れました。

私はしばらく放心状態でしたが、パソコンに向かいました。

まだ送られてきていませんでしたが、送られてくるまで、パソコンの画面をボーーーーっと見ていました。

定期的に送受信を繰り返していると、1通のメールが添付アリで届きました。

メールには「あなたへ」としか書いてありませんでしたが、添付は5枚ありました。

まず、妻の全裸。

座って足を大きく広げています。

大人の色香が漂う体です。

それからペニスを頬張りながら別のペニスを手でしごいている画像。

正常位でハメられている挿入部分のアップ。

バックでハメられていながらフェラしている画像。

最後は、妻の膣、すなわち、夫である私しか本来許すことを許されるはずのない、妻の膣の中に、大量の精液を放出し、それがあふれ出ている画像・・・でした。

私はその写真を見ながら、服を脱ぎ、全裸になり、右手で自分の愚息を擦りました・・・

結局、妻が帰ってきたのは月曜日の昼過ぎ。

月曜は、とても会社へ行く気になれず、休んで寝ていました。

すると、玄関がガチャガチャと開いて、妻が帰ってきました。

外に私の車があったし、玄関には靴もあったので、妻は私がいる、というのは知っていたようで「あなた、ただいま、ごめんなさい」と言って入ってきました。

私は妻を問い詰めたい気で一杯でしたが、妻の顔を見ると、なんと言ってよいのか分からず、とりあえず、起き上がり、パジャマを脱ぎ、コーヒーを飲みました。

「それは、ルール違反だろ?もう行くな」と言いましたが、妻は無理です。

結局この前の言い合いに話が戻るだけで、妻の写真をバラまかれたらどうしようもありません。

「だったらルールはきちんと守るように後輩に言え」とだけしかいう事ができませんでした。

翌木曜日は、先週と同じように、夜自宅へ帰ると妻は既に帰ってきており、夕飯の支度をしていました。

二人で食事をしながら「今日、来たのか?」と聞くと、妻は小さくうなずきました。

ベッドで二人、横になり、今日の事を聞くまい、聞くまいと思っていても嫉妬の炎が邪魔をします。

つい妻へ口を開いてしまいました。

「・・・今日は、何回ヤッたんだ?」

妻はしばらく無口でした。

本人もできればしゃべりたくないような雰囲気でしたが、「・・・4,5回」と小さな声で言いました。

私とでは、1回もイカないことも多々ありました。

それが、毎回後輩と寝るたびに何度何度もイカされれば、妻の体はどうなるんだろう、という不安が募ります。

「まさか、今日も複数の男と?」

「ううん、今日は彼だけ」

ほっとしたような、そうでないような。

4回も5回もイカされたのが複数の男なら、まぁ、納得いきます。

それが一人の男からなんて。

複数の男と妻が交わるのもイヤですが、一人の男に何度もイカされるのも、イヤなもんです。

妻を抱こうとしましたが、妻は拒否します。

そりゃそうです。

昼間散々ヤラれたのです。

今さら、イカせてくれない亭主のセックスなんてしたくないでしょう。

その日はそのまま寝ました。

翌金曜日も同じです。

会社から帰ると、既に貞淑な妻、家庭的な妻、として台所に立っています。

昼間、夫以外の男から、何度も、何度も絶頂へ導かれた女だとは到底思えません。

その日も「今日は何回?」

「今日も、4,5回」

「一人か?」

「うん」

そして、妻を求めましたが、断られました。

それからまた週末が来ました。

私は妻へ「絶対に日曜の夕方までには戻ってくるように」と何度も何度も念を押しました。

妻も、戻ってくる。

と言いました。

土曜日、一人で自宅の居間でビールを飲んでいると、妻から電話がありました。

妻の痴態を想像していた私はうれしさのあまり急いで電話にでました。

「もしもし!!」

しかし電話の向こうにいたのは妻ではありませんでした。

「あ、お元気ですか?いやぁ、奥さんがいないんで寂しいかなーと思って」とやけに陽気な後輩の声でした。

酔っているようでした。

しかも、その電話の向こうからも数人の男の声が聞こえています。

・・・妻はまたしても、輪姦されている・・・

陽気な向こう側から「もしもーし!!元気ないようですねー。

カワイイ奥さんの声を聞かせてあげますから、また、”オナニー”でもして元気になってくださーい(笑)」

そう言って、後輩は携帯電話を妻の側へ持って行きました。

一瞬、妻と会話が出来る、と喜んだ自分がバカでした。

電話口から聞こえる妻の声は「ああ〜!!す、すごい!!」「い、いく〜っ!!!」「ああ、も、もうやめて〜っ!ちょっとは休ませて〜!!」と言う妻が誰とも知らない男から責められている声でした。

30秒くらいでしょうか。

その妻の声を聞かされたあと、唐突に電話は切られてしまいました。

私は情けない自分に腹が立ち携帯を握り締めながら、泣いていました。

しかし、愚息は・・・

日曜日の夕方、妻は約束通り家へ戻ってきました。

翌月曜日、会社へ行くと、私の机にビデオテープが1本届けられていました。

社内便で宛名は後輩になっていました。

しかし後輩は外回りに出ていて、いませんでしたので、それを持って帰りました。

内容は、およそ予想が付きます。

妻には内緒にしました。

中身を見たくてガマンできずに、私は妻には遅くなると言って、ビデオデッキがある、カプセルホテルへ行きました。

早速、ビデオを再生してみると・・・

案の定、予想していたもの・・・というか、予想以上というか、先週の土日の輪姦パーティの模様でした。

男の数は、よく分かりませんが、5,6人でしょうか。

女性も2人ほどいました。

妻はそれらの前でストリップをやらされ、一人だけ全裸でみんなの前にいました。

女性2人は恋人らしき男性とキスを交わし、胸を揉まれ、みんなの前でセックスをやり始めました。

残りの男性は全員、妻で遊んでいます。

バイブを使い、フェラをさせ、すでに妻は汗が流れています。

数人の男が妻と繋がり、イッたところで、ひとまず宴会は終わりました。

時間にして1時間も無い時間でした。

私は初めて、妻が複数の男達から代わる代わるやられている様を目の当たりにし、自然と自分のペニスをしごいていました。

思わず、妻が絶叫しているところまでテープを巻き戻し、妻が「イクっ!イクッ!!イクゥ〜〜!!!」と叫んでいるところでしごくスピードを速めて、自分も手でイキました。

ティッシュで自分のペニスを拭いているとビデオの場面が代わりました。

妻は先ほどの乱交でぐったりしています。

今度は、妻はそのままで、女達2人に男たちがフェラチオをさせています。

一人は、妻のオマンコにバイブを突っ込み、更に妻をよがらせていました。

妻は「イク!!イクっ!!」とまたもや絶頂に導かれる直前でしたが、そこで、バイブを離されてしまいました。

そして、フェラをされていた男が「う、う、、イキそう」

と言って、女の口からペニスを離し、妻のオマンコへ挿入しました。

男はイク直前までペニスを持っていかれているので、文字通り三こすりで妻の中へ発射しました。

妻は「・・・ああ・・・」とイケずに、残念がっています。

そして、次の男も妻の中へ。

また三こすりで発射。

次の男も、妻の中で数回ピストンしただけで発射。

妻はまさしく、精液便所にされていました。

女の口で直前まで高められたペニスを妻の膣へ挿入し、わずか三こすりで発射。

妻はイケません。

ただ、ただ、妻のオマンコは、男どもが中で思いっきりイクためだけの穴に成り果てていました。

「ああ・・・イ、イかせて」

「お、お願い、もうちょっとでイクの・・・」

「もう少し、ピストンして・・・」

泣きながらだだをこねる子供みたいに、同じ事を何度も何度も言っています。

男たちが全員妻の中でイッた後も、バイブを弱にしてイケないようにしておきながら妻の両手を後ろ手で縛っていました。

そのうち女達がいなくなったので、帰ったのでしょう。

妻が「お、お願いよぉ・・・イカせて・・・」と涙を流しながら訴えているのを男達は大笑いしながらバカにして見ているだけです。

あんなにイクことに、懇願する妻の顔は初めて見ました。

涙を流しながらイカせて、イカせて・・・と何度も何度も男達にお願いする妻。

呆然としながら、ビデオを再生するしかありませんでした。

「なんでもするか?」

「はい、何でもします。だから、お願い、お願い、イカせてくださいーーーー!」

「だったら、俺達が見ている前でウンコしてみろ」と言って妻の手を縛っていたヒモとバイブを外しました。

なんと言うことを!!まさか妻がそんなことはいくらなんでも!と思っていましたが、妻はやけに素直に「はい」

と言う返事をし、そばに用意してあったイチジクと、深い、四角い透明の器(妻が排泄するためのものです)を自分の方に手繰り寄せ、自分でアナルにイチジクを差込ました。

たぶん、妻は初体験ではありません。

この手際のよさ、ためらいの無さ。

過去何度かすでに、妻は男達の命令で、浣腸を経験しているということは、察することができました。

「ん、ん・・・あ、出ます」と言って妻はその四角い大きな器にまたがった瞬間、ブリッ!という大きな音がして、妻のアナルから浣腸液と共に黒い塊が飛び出しました。

ブリッ!!ブリブリブリブリ・・・と、男たちの前で妻が排泄を・・・

私はビデオの前に微動だに動くこともできずただただその場面を見ていました。

公開排泄ショーが終わり、ぐったりしている妻を抱えシャワーを浴びせに行きました。

それから、場所が変わり、そこで、男達が妻の周りに集まり、妻の胸を、太ももをいやらしく触りながら、キスをしたり、うなじを舐めたりして思う存分妻の味を楽しんでいました。

妻はさっきから絶頂のギリギリまで持っていかされたままなので、それだけで狂ったように泣き、わめいています。

一人の男が妻のマンコへ挿入すると、その瞬間、妻は大きな声で「ああっああっああっ!!!!!!」と叫び、イッたようでした。

それからも地獄でした。

妻は休ませてもらえず、挿入した男がイキそうになると別の男と交代し、またイキそうになると別の男と交代。

妻は常にオマンコにギンギンのペニスを入れられ激しくピストンさせられています。

何度イカせられたでしょう。

髪の毛には汗がつき、ベタベタしてます。

二の腕も背中にも汗がびっしょりです。

「ああっ!イキますぅ!!」

「ああ、ああ、ま、またイキますーーーー!!」

「も、おもう、許してくださいいっ!!ああっイックぅぅうう!」

何度も何度もイカされていました。

男達は代わる代わる、自分がイキそうになれば交代すればいいのですし、すでに3回目ですから、なかなかイキません。

「気持ちいいか?」

「は、はいーーーー!」

「旦那と比べてどっちが気持ちいい?」

「こ、こっちですぅ!!」

「旦那にはやらせてないだろうな!?」

「は、はい、拒んでいます。まださせていませんっ!!」

「旦那と1回でもヤッたら、もう、俺達抱いてやらないからな!」

「ああ!させません!させませんからぁああ!」

「俺達には、いつでもヤラせるか?」

「あああああああ、は、はい、いつでも好きなときに、この体をお使いくださいぃいいい!あああ!ま、またイクっ!!!」

「旦那のチンポは大きいか?」

「はぁ、はぁ、はぁ、い、いえ、主人のは、小さいです。仮性包茎ですし・・・ああ、ああああー」

「旦那とのセックスはスキか?」

「はぁ、はぁ、はぁ、い、いえ、好きではありません。イクのも演技ですぅううう!、は、早く終わって欲しいと、そ、それだけをいつも、考えてましたぁあ!!ああ!」

男達の恐ろしい責めに、何も考えきれないようにさせられた私の妻は男達の質問に、何もかも正直に、答えていました・・・

妻の気持ちが・・・分かった今、私はどうやって家へ帰り、妻の顔を見れば良いのでしょう・・・

このビデオが私の敗因、つまり「失敗」の決定的原因だったと思う。

これを見せられ、私は後輩に反抗する気が無くなった。

それまでは、何かにつけ、反抗し、機会があれば妻を取り戻す気でいた。

しかし、妻がここまで、貶められていると思うと、後輩に男として、完敗するしかなかった。

家へ帰ると、妻が「お帰り」と声をかけてくれたが、私は言葉を交わすことはなく、寝室で寝込んでしまった。

妻は私が仕事で疲れたと思って水を持ってきてくれたが、私は水を飲むとすぐに寝てしまった。

夜中、ふと目が覚めるとすでに妻も隣で寝息を立てていた。

トイレに行き、服を着替えていると、妻が起きてきたので、普通の会話をして、その日は寝た。

翌日、会社へ行く前に、寝室の妻がすぐ目につくところにわざとビデオを置いてきた。

妻が見るかどうかはどうでも良い。

また見たからと言ってどうしようもなかったが、どうなるか展開が気になった。

それでも「あなたを愛してる。あれは無理やりなの」と言って欲しかったのかも知れない。

会社から帰ると、妻は「お帰りなさい」と言って迎えてくれた。

今ではこういう、当たり前の光景がとてもうれしく、安堵感を覚える。

いつも、会社から帰る道、「妻はいないかもしれない」と考えてしまう。

そう思いながら開ける玄関の虚しさ。

そして、「お帰りなさい」と言ってくれる妻をいることの安堵感。

言葉では言い表せない。

スーツを脱ぎ居間へ行った。

チラリと朝、置いてきたビデオを見た。

朝から置いてきたままの位置にあった。

妻は見ていないようだ。

ゴハンを食べ、風呂に入り、ありきたりだけど、幸せな時間を過ごした。

しかし、頭の中では、このビデオを妻に見せるべきか、見せないべきか、悩んだ。

どっちにしても結果としては同じになるだろうと思う。

見せてもみせなくても何ら状況は変わらない。

ならば、妻に変に気を持たせるよりも見せないで、私が知らないフリをしているのが一番だと判断し、ビデオは見せないようにした。

夜、ベッドに入った。

妻を求めたが、妻は優しく拒否した。

口でいいから、と言ったがそれも拒否されてしまった。

じゃあ手でもいいから、とお願いしたが、なおさらイヤだと拒否された。

妻にしてみれば、私とのお子様のようなセックスには興味はなくなってしまったのかもしれない。

愛情はまだ、あると思うが、セックスと愛情は別なのだろうか。

不安がよぎる。

しかし、その不安が、更に私の性欲を興奮させる。

この年になってもヤリたいと思う自分に驚く。

どうしても妻を感じて射精したかった私は妻に「じゃあ、自分でするから、見ててくれないか?」と尋ねた。

妻は最初の私のミジメな自慰姿を思い出すからイヤだと言ったが、私はどうしても納まらずパジャマを脱いで全裸になり妻に近寄った。

妻は悟ったらしく、黙って私のペニスを見ていた。

自分でシコシコ・・・とペニスを擦る。

「はぁ、はぁ・・・」と声を出す。

その横で、一言も言わず無言でペニスを見つめている妻がいる。

情けなさで後輩の顔が脳裏をよぎる。

完璧に負けた気がした。

後輩は妻を狂わす。

私は妻一人すら満足させることができない。

今やっている自慰さえ、自分しか満足できない。

妻は服を着たまま私を見ているだけだ。

濡れてもいないだろう。

「はぁ、はぁ・・・イ、イクよ・・・、いいかい?」と妻に聞いたが、返答はなかった。

私は無言でペニスを見ている妻の目をみながら自分のお腹に射精した。

それでも、毎週火曜日は妻は抱かせてくれることもあった。

それ以外は、たしかに妻は疲れている。

水、木は後輩は我が家へ来て妻を抱くし、金、土、日は妻は後輩のアパートで複数の男達にもてあそばれる。

もはや、妻の体を見る機会は主人の私より他人の方が多い。

そして後輩が会社を辞めた。

携帯電話も代えているらしく、後輩とは連絡を取ることも、顔を見て文句をいう事もできなくなった。

数日間、会社を無断欠勤してから辞めたらしい。

しかし妻は彼が無断欠勤した日は家にいたので、その辺りは、彼の無断欠勤の理由はよく分からなかった。

ただ単に会社に嫌気が差したんだろう、くらいにしか考えていなかった。

何回目かの週末が過ぎたころ、会社から短期の出張を命じられた。

月曜日の朝から行って、金曜日の夜に戻る。

会社の命令なので絶対だが、そうすると、土曜、日曜は妻は後輩のところへ行くため、丸々一週間会わないことになる。

なんとかして断りたかったが、無理だった。

以前、長期の出張を断ったため、今回は断れなかった。

会社でもヤル気を失い、成績も上がらなくなっていた。

当時は同期の中でも出世頭だったのに、抜かれることも増えてきた。

そういう事もあり、引き受けざるを得なかった。

妻はというと、なんとか理性を保ち、週末をクリアーしている、といった状況で、わずかな細い一本の糸が切れると、理性をかなぐり捨て、快楽というドロ沼にハマるような危ない表情だった。

そのため、今回の出張は、かなりリスクが高いということは間違いなかった。

妻に「今度の月曜から、金曜まで出張に行くから」と話をした。

「えっ!?・・・」と声にならない返事をした。

妻から「どうしても・・・行くんですか?」と聞かれた。

妻もその一週間で自分がどう変わるのか予想できるのだろう。

歯止めの利かない体になり、快楽をただただ、むさぼり、家庭を顧みない、肉奴隷に堕ちる事を想像したのだと思う。

出張初日、新幹線に乗り、目的地へ向かった。

見送りの妻は涙目で私を見ていた。

私も胸が苦しくなった。

妻が「あの・・・」と何かを言おうとしていたが、タクシーが来て聞きそびれてしまった。

夜、自宅へ電話を入れてみた。

しかし・・・妻は電話にでなかった。

後輩と連絡が取れない今、妻の携帯に電話するしか方法がない。

妻の携帯に掛けようかとも思ったが、後輩のところではなく、例えば実家へ戻っているとか、友達の所へ行ったとか、もっと言えば具合が悪くなって早めに寝てしまったとか、そういう場合、妻を信用していないような気がして、すぐには電話をかける気にはなれなかった。

ビールを何本飲んでも酔いが回らない。

頭は妻の事ばかり。

自宅へ電話して1時間くらい経った頃、再び自宅へ電話した。

しかし、電話には誰もでなかった。

ガマンできなくなり、妻の携帯へ電話を入れてみたが・・・

電源が切れていた・・・

どうする術もなく、妻あてにメールを送り、妻の裸体を思い出しながら自慰をして、初日は眠りについた。

次の日、仕事を済ませ、ホテルへ帰ってシャワーを浴び、ソファーで飲んでいると妻からメールが来ていることに気付いた。

「昨日はごめんなさい。彼のお友達とホテルにいます」と入っていた。

(彼の友達?)私はその言い方が気になった。

彼(後輩)はいないのか?「電話できないのか?」とメールを返した。

すぐに返事が返ってきたが「今は、無理。あとで掛けれるようなら掛けます」という内容だった。

初日と今日(二日目)。

妻はどこで、誰に、一体何をされているのか、非常に気になる。

妻と私を繋ぐものが妻の携帯(メール)しか無い今、どうすることもできない。

3日目、今日くらいは、妻から電話が掛かってくるかも、と朝から携帯を気にして仕事をしていた。

昼飯どきに一度「どうしてる?どこにいる?心配だ」

とメールを送った。

この日は取引先の人から飲みに誘われたが、とてもそんな気もなく、丁寧にお断りした。

ホテルに帰っても妻からの電話、メールは無かった。

こうなると1時間、1分がものすごく長く感じられる。

逆に飲みにでも出てたほうが気が楽だったかもしれない。

もう一度「電話できないのか?」とメールを打ったが返事は来なかった。

四日目の夜。

妻の身に何かあったのか?

後輩やその友達から電話を掛けさせてもらえないのか?その辺が分からない今、捜索願でも出そうかと真剣に悩んだ。

明後日には帰れる。

待ち遠しい。

一日千秋の思いとはまさにこのことだと思った。

妻の事を考えて悶々とする毎日。

帰りにレンタルビデオで人妻モノのAVを借りてきた。

また長くなりそうな夜。

それでも見て時間を潰そうと借りてきたものだ。

早速部屋のデッキに差し込んで、人妻モノをボーッと見ていた。

不思議なことに、悶々としているにも関わらず、ペニスは勃起しなかった。

妻でなければいけないのか?それとも、もはや多少のことでは興奮しなくなったのか?体がアブノーマルに染まってしまったのか?無理にペニスをしごいても、立つことはなかった。

夜も遅くなり、寝ようかと思っていたころ、電話がなった。

妻からだっ!と瞬時に期待し携帯に飛び掛るように電話に出た。

「・・・もしもし。あなた・・・」

涙が出そうだった。

思わず「なんだ!?どこにいるんだ!?何やってるんだ!?」

と矢継ぎ早に質問した。

「うん・・・あのね、私・・・もうダメみたい・・・」

「ダメってなにが?何が?何があったんだ!?説明してくれ!」

しつこく妻に問いただした。

「うん・・・私もよく分からないんだけど、彼(後輩)の知り合いに人妻を売買する人がいて、彼、無理やり借金を背負わされて、その借金の返済に、私の体が売られたみたい」

私は何がなんだかよく分からず、返事に困っていた。

「それでね、彼はもういないの。会社を辞めて実家に戻ってるみたい。今は、アオキさんっていう人が私を調教してるの」

「ち、調教?」

「・・・本当はもう1ケ月くらい前からアオキさんとは会っていて、いろいろされていたの・・・それで、あなたが居ない1週間は、本格的に私を調教するって・・・」

妻は泣きながら話をしていた。

しかし妻の話だけでは詳しいことは分かりません。

とにかく妻の周りで変化が起こっていたのだけは分かりました。

あまりの驚きに返事が出来ない私に妻は更に言いました。

「月曜日は、マンションの一室で知らない人に売られたわ。一晩。火曜日も。だから連絡取れなかったの。昨日と今日はアオキさん達に調教されてます」

さっきまでAVを見ても反応しなかったペニスが、妻の言葉だけで、ビクンビクンと反応を示し始めた。

「ど、どんなことされたんだ?」

「いろいろ・・・すごいの・・・もう、私・・・ダメかも・・・普通の生活に戻れないかも・・・」

そう言って妻は更に大きな声で泣き出しました。

「そ、そんなー。それだけじゃ分からないよ。人妻売買って何だよ?」

「うん、マンションの一室で、定期的に人妻を集めて、お金を払って一晩抱くの。自分で来る人もいるし、私みたいに騙されてくる人もいるみたい」

「それで?」

「だいたい一回で4,5人の女性がハダカになって、お酒を注いだり、ステージで体を見せたりして、気に入ったらお金を払うの。私は月曜に初めて行って、買われて、火曜もそこへ行ったの・・・あ、ちょっと待ってて」

そう言って妻は横にいる誰か他の男性としゃべっているようです。

「あのね、もう時間だって。続きは帰ってから」

「な、な!!!ち、ちょっとまって!!」

と妻に言いましたが、妻はすでに受話器から離れているようで声は届かない感じでした。

しかし電話は切られていません。

「おい!おい!!」

と何度か受話器に向かってしゃべっていると、再び声が聞こえてきました。

しかしその声は・・・

「あ・・・あん・・・ああっ!!」

それとともに、体と体がぶつかりあう音もします。

パン!パン!パン!

「ああーー!イイっ!!」

・・・そして電話は切られました。

私は妻の声であろう、その声を思い出しながら、ペニスを擦り、発射しました。

最終日。

やっと自宅へ帰れる!と思うと早く仕事を片付けてしまいたい気分でした。

できるだけ早く帰れるように、仕事を素早く片付け、予定より数時間早く電車に乗り込むことができました。

これで夜、早い時間に自宅へ帰れます。

会社へは電話をして翌週から出勤すると言いましたので、このまま直帰です。

自宅へ戻る途中で妻に電話をしましたが、出ませんでした。

メールで「今から帰る。○時には自宅に着く」と入れました。

返事はありませんでした。

自宅へ戻り、中へ入りましたが、電気は全て消えていて、ガラーンとして、妻が数日居なかったことを物語っていました。

カバンを放り投げ、スーツを脱ぎ、リラックスしていると、妻からメールが。

「あなたお帰りなさい。お迎えにいけなくてごめんなさい。今日は帰れません」と入っていました。

元々、金曜の夜から日曜の夕方までは約束で妻は居ないのですが、どうしても妻に会いたくて「今日はどうしても戻れないのか?」と入れました。

するとすぐに返事が返って来ました。

「はい、日曜にも戻れないみたいです。ごめんなさい。しばらく本格的に調教されるみたいです」と入ってました。

そ、そんな・・・

それはあまりにもつらすぎます。

思わず妻に電話をしました。

なかなか出ませんでしたが、しつこく電話を鳴らしました。

かなり鳴らしたところで、妻は電話に出ました。

「もしもし・・・」

「なんだ!?なんだ!?戻れないってどういうことだ?」と妻に怒ってもしょうがないのですが、思わず怒鳴ってしまいます。

「アオキさんが、私を本格的に調教したいんだって・・・」

「調教って何だよ!?調教って!」と言うと、妻は横で誰かと話しているようでした。

「あのね、まず何十人もの人とヤッて女の体を更に開発するんだって。アナル拡張とかも。・・・それから?」と隣にいる人に聞いています。

「それからね、豊胸手術・・・クリトリスの包皮切除・・・」

私は言葉が出ませんでした・・・

もう、何がなんだか分かりません。

なぜ、妻が、平穏に暮らしていた夫婦が、突如こういう事になってしまうのか。

私が何をしたのか。

いや、たしかに、私が最初に後輩に持ち込んだのが発端ではあります。

しかし妻も最初はゲームでした。

遊びでした。

それから後輩が暴走し、アオキという更にその道の世界に長けている人が妻を引き継ぎ・・・

もはや私の望む世界ではないし、妻の望む世界でもありません。

結局、週末は数回メールでのやり取りがあっただけで、妻は帰ってきませんでした。

月曜日、いつものように仕事に行きました。

今日こそは、仕事から帰ると妻が、自宅で待ってくれていますように・・・

そのことばかりを祈っていました。

しかし、自宅の外まできても電気は消えたまま、暗いままで鍵は掛かってあり、妻が帰ってきた形跡はありませんでした。

「頼む、帰ってきてくれ」

とメールを鳴らし、電話を掛けましたが、返事はありませんでした。

夜中に妻からメールが返ってきました。

「ごめんなさい」と一言だけでした。

寝ようかと思い一人でベッドに入った時に、電話がなりました。

出ると妻でした。

「もしもし、あなた」と妻の声を聞いた瞬間、涙が出てきました。

「どこにいるんだい?いつ帰ってくるんだい?」

「心配しないで。でもまだ帰れないみたいなの。あなたが心配しないように、毎日夜中に電話だけはしていいって」

「そうか。どうだ?無茶されてるんじゃないのか?苦しくないか?」

「・・・ううん。大丈夫。また電話します。おやすみなさい」

そう言って電話は切れました。

電話の妻は落ち着いていて、それが逆に、何をされているのか想像できなかったのですが、ひどい事をされているのではない、と分かると幾分、安心しました。

それに、毎日、電話をくれるという事も、安心しました。

次の夜もまた同じくらいの時間に電話がありました。

お互い、相手の体の心配をしてから、「いったい何をされているんだ?」と聞きました。

「・・・うん・・・あなたの出張の時から、今は毎日、アナルを調教されてます・・・」

「・・・」

”調教”という言葉が胸に突き刺さります。

他人事だと思っていました。

まさか、自分の妻に対して使う言葉だとは考えてもみませんでした。

妻は言葉を続けます。

「排泄は、ご主人様に許可をもらわなければ、勝手には出来ません。毎日10人くらいの人とさせられています」

「・・・」

私は妻が語る世にも恐ろしい、その報告に対してどう返答してよいのか、言葉が見つかりません。

「あ、それと、明日はテレフォンセックスをするそうです。じゃあ、おやすみなさい」

翌日、妻の言葉が気になった私は仕事も手につかず、急いで家へ帰りました。

昨日より1時間くらい早く電話が鳴りました。

「もしもし」と電話にでると、「もしもし」と妻の声がしました。

また、お互いの体の事や食事はちゃんと取ってるか?など話をしました。

一瞬二人に間が生まれました。

昨日の言葉がお互いの脳裏にあったのは言うまでもありません。

「あなた、服、脱いで・・・」

と妻が言いました。

私は言われる通りに服を脱ぎ、全裸になりました。

妻と擬似としてもセックスできる、という喜びからか、アブノーマルに染まってしまったからか、私のペニスはムクムクと勃起し始めました。

それを見透かしたように「あなた、大きくなってる?」と聞かれました。

「う、うん」

「じゃあ、私も脱ぐね」

そう言うと、電話の向こうから布の擦る音(服を脱ぐ音)が聞こえました。

「あなた、私もハダカになったわ」

「そうか、じゃあ、胸を揉ませてくれ」

「うん」

「クリトリスも触るよ」

「ああ、気持いい・・・」

「だんだん勃起してきたよ」

「私も、濡れてきた・・・

バイブ持って来る」

そう言うと、しばらくして、ブーンというモーター音が鳴り出しました。

「あ、あああ!い、いいわ〜」

妻の感じる声が聞こえます。

私もその声を聞きながら自分のペニスをシコシコと擦り始めました。

電話越しとはいえ、至福のひと時でした。

目の前に妻がいるような気がして、妻のペニスを触ってもらっている錯覚さえしました。

しかし・・・

「あ、ああん、い、いや・・・やめて・・・」と妻のほうが何か変なのです。

「あ、ああ、いい、気持いい。・・・もっと、もっとちょうだい・・・」

「んぐぐぐ・・・」

明らかに、そう、フェラをしているようなくぐもった音・・・

「おい!もしもし!おい!どうした?」

聞いても返事もありません。

それから、聞こえてくる音は、肉と肉がぶつかる音でした。

「ああっ!ああっ!!」

妻のアエギ声とともに「パンパンパン!パンパンパン!!」という音。

それに合わせ「ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああん!」という妻の声。

妻が電話越しに誰かとセックスをしているのは明らかでした。

夫の私は妻が、他の男とセックスをしている、アエギ声だけを聞いて、オナニーするしかありませんでした。

「○子!○子ぉ〜!!」と叫びながら、私は右手のスピードをあげ、思いっきり放出しました。

妻は夫である、私とテレフォンセックスをすると言いながら・・・、私にオナニーさせながら、別の男とセックスしていたのです。

そんな自分がミジメでした。

途中から、自分の妻が他の男のモノを咥えてる、他の男から挿入されてる、そう思っても、ペニスを擦りつづけるしかない自分がミジメでした。

何もできず、電話口で妻の名を叫んでみても妻は私の声を無視し、他の男の体にしがみつき快感をむさぼっている、正直、そんな妄想をしながら、射精しました。

電話は途中で切れたため、それ以降、電話は掛かってくるかどうかも分かりませんでしたが、私にはどうすることも出来ず、会社が終えると早々に自宅へ帰りました。

妻のことを考えると、ペニスがうずきます。

ハダカになって電話を待っていました。

昨日、あんなに屈辱的なことをされたのに、電話を待っている自分が不思議でした。

自分自身には妻のことが心配と言い訳をしながら、待っていましたが、ペニスを触りながら妻が心配だなんていう事もないだろうと、自分自身で笑ってしまうくらいでした。

結局、その日は電話はなく、深夜まで待ちましたが、ソファーでいつの間にか寝ていました。

今日こそは、とまた、会社からどこへも寄らず帰りました。

そして、昨日と同じように、ソファーにもたれて、携帯電話をすぐ取れるように、横に置いて、妻の痴態を妄想しながら待っていました。

今頃、妻は・・・

誰とも知らない男に今も、抱かれているのだろうか。

夫である私が、ミジメにソファーでハダカになってペニスを触りながら妻の事を考えているのに、その妻は知らない男から、何回も何回も太いペニスで貫かれ、体が壊れるほど、イカされているのだろうか。

もう、妻の体は私の知らない体になっているのかもしれない・・・

妻が男達からどういう事をされているのかは分かりませんが、いろいろな妄想が頭の中をよぎります。

妻は・・・妻は・・・、今も、誰かに抱かれているのか・・・

その日も疲れて眠ってしまっていましたが、深夜に電話がなり、私は目覚めました。

妻の携帯からで、私は急いで電話を取りました。

「・・・もしもし」

妻の声がしました。

その途端、ペニスがムクムクと起き上がり始めました。

妻の声だけでペニスが反応するなんて。

私はもうアブノーマルに染まってしまったのでしょうか。

「あなた、そろそろ帰ってくるわ」

「え!本当か!!」

「うん」

「いつだ?いつごろ帰れるんだ?」

そういうと、妻は隣に居る男にコソコソと聞いているようです。

「・・・えっと2週間後だって」

「2週間・・・長いな」

「ごめんなさい。

ガマンできる?」

「そりゃ、お前と会えるなら、なんだってガマンするさ」

「ありがとう。それまでは電話も連絡も出来ないって。ごめんね」

「・・・そうか。信じてるぞ」

「うん。愛してるわ」

そう言って電話は切れました。

かれこれ1ケ月以上、妻とは会っていません。

妻の体はこの1ケ月でどのように変えられたのでしょう。

たかが1ケ月。

愛情さえあれば何だって超えてみせる。

自分自身にそう固く誓いました。

あの時の電話から2週間が経ちました。

一日千秋の思いです。

毎日が100時間にも感じられました。

妻のブラやパンティをタンスから出してはオナニーばかりしていました。

不思議なもので、この年になり、妻との情事も月に1回ということもザラだったのに、今では毎日オナニーばかりしています。

それでも立ってくるからすごいものです。

会社から帰り、風呂に入り、ビールを飲んでいると妻から電話がありました。

明日、夜帰って来るそうです。

天にも昇る気持です。

タンスから取り出した妻の下着類を洗濯機に入れ、部屋を掃除し始めました。

妻がいなくなってから私は抜け殻のように、会社へ行き、帰ってきてコンビニの弁当を食べ、オナニーして寝る、という死んだような生活だったため、部屋の中は散らかり放題で、ゴミの山となっていました。

久しぶりに精気が戻り、一気に家全体の掃除をし始めました。

そして、翌日・・・

会社に出勤していても、体がそわそわ落ち着きません。

会議にも集中力が欠け、上司に何度も怒られました。

なぜかペニスがモジモジしてきて、ガマンできずに、会社のトイレで2回もオナニーをしてしまいました。

帰りにはバラの花束でも買っていってやろうかとも思いましたが、ふと、妻が一人とは限らないと思いました。

妻が帰るとは言っても、妻を軟禁状態から開放するだけで、妻への恥辱が終わったわけではないでしょう。

もしかしたら、アオキという男も一緒かも知れない。

他の男も一緒かもしれない。

そう思うと、スーッと冷静になり、今後また、どんなことをされるかという思いで気持が冷めてしまいました。

しかし、会社から帰り自宅の近くまでドキドキしながらも帰ってくると家には明かりがついており、その瞬間、体が熱くなるものを感じました。

ガマンできず、走りながら玄関まで行き、ドアを開けました。

玄関には男物の靴はなく、妻の靴だけがありました。

安堵感で心臓と体が、やっと地についたという感じがしました。

「ただいま」と声をだしました。

そんなに大きな声じゃなかったのですが、さすが夫婦というか、空気で分かるようで、妻は玄関まで足早に駆けつけました。

「・・・あなた・・・お帰りなさい・・・」

「ただいま」

「・・・今まで、ごめんなさい・・・本当に、本当に・・・」

そう言いながら妻は泣きながら私に抱きついてきました。

久しぶりに妻が作った食事を取り、二人でシャンパンを飲んでくつろぐことができました。

ソファーで妻は私にもたれかかり、私もその妻の肩を抱いていました。

いろいろ聞きたいことはあるのですが、聞くと現実に戻され、また妻がどこかへ行くようで、聞く勇気がありません。

妻も、私が聞かないので、話しません。

久しぶりに会ったというのに、会話はほとんどなく、時折見つめあったりするだけでした。

2日ほど、私は会社を休み、妻とゆっくりとした時間を過ごしました。

朝はゆっくり起きて、べったりと過ごして一日、一日をゆっくりと感じ、過ぎてゆくことが出来ました。

ただSEXはできませんでした。

妻が頑なに拒んだのです。

私も、嫌がる妻を無理やりにすることもせず、次第に時がたてばすぐに体を重ね合わせる事もできるだろうと、そんなに必要とはしませんでした。

今は、ただただ妻が帰ってきてくれたことが何よりもうれしかったのです。

それに、アオキからの電話もなく、本当に、もう、全てから開放され、終わったと思っていました。

しかし・・・

いつまでも会社を休んでばかりも居られず、明日は出社しようと思っていた晩、妻がお風呂に入る時、ドアをきちんと閉めておらず、隙間から妻の裸体を覗き見ることができました。

・・・びっくりしました。

たかが一ヶ月でこんなにも妻の体が変化していたなんて・・・

まず、胸が大きくなっていました。

2サイズくらいはデカくなっていたでしょうか。

熟れた果実、という表現がまさに似合うような胸でした。

それからウエストが更にキュッとしまり、ヒップがキュンと上を向き、体全体が、「いい女」に磨きがかかったという感じに変化されていました。

まるで、違う女の体です。

風呂から上がった妻をどうしても抱きたく、いや、見るだけでもいいから、と思い、その日の晩、ベットで妻に迫りましたが、妻はいつものように頑なに拒みました。

しかし、私は昨日までの余裕はなく、妻を抱きたい一心で一杯でした。

普段なら妻にここまで拒まれると私も、それ以上は迫らず、寝るのですが、その日は、断られても強引に妻に迫ってしまい、妻も必死で抵抗しました。

ここまでくるとなぜ、そこまでして妻が拒むのか、私達は夫婦なのに!と逆に怒ってしまいます。

「なんでだ!他の男にはヤラせても夫にはヤラせないのか!」

つい、言ってはいけない言葉を言ってしまいました。

妻は一瞬体を固まらせ、びっくりした目で私を見ました。

そして、「・・・もう、あなたの知っている体じゃなくなったの。妻として、夫に対して申し訳ないし、変わってしまった妻を見るのはあなたもイヤだと思うわ」と言いました。

「そんなことは無い。私達は夫婦だ。どんなことがあっても別れないし、セックスはお互いを確かめる一手段であって、それが全てじゃない。たかが妻のセックスが変わったくらいで、僕の愛情は変わらない」

「・・・分かったわ・・・信用していいのね。私を嫌いにならないでね」

妻は目に涙を一杯ためてそう、言いました。

そして、寝室で、妻は静かに着ているものを脱ぎ始めました・・・

久しぶりの妻のハダカに、もう、頭はカッカきていて、ペニスもズキンズキンしています。

まばたきもせず妻の肢体に見入っていました。

妻は静かに、一枚、一枚着ているものを取っていきました。

そして、ついに、生まれたままの姿に・・・

びっくりしました。

息をするのも忘れていたというのはまさにこのことです。

妻は自分の知っている体ではなく、まるで他人の女性のようでした。

胸は大きくサイズがアップし、熟女のように、少し垂れ下がり、陰毛は全て剃ってあり、ツルツルにしてありました。

逆にワキ毛は生やしており、下半身は子供のようにツルツルでワキは毛が、というアンバランスさがいやらしく、ヘソの下らへんには「精液便所」とタトゥーが入っていました。

ヘソとラビアにはピアスが埋め込まれており、オマンコのオツユでいやらしく光っています。

「・・・ごめんなさい。あなた」

「・・・す、すごいな」

私はただ、それだけしか言えませんでした。

「これでも、私を抱きたい?」

妻が泣きそうな声で聞いてきました。

私は妻に近寄り抱き寄せ、キスをし、ベッドに寄り添いながら胸を揉み、妻の首すじや乳首を嘗め回しましたが、ペニスは反応しませんでした。

「・・・ご、ごめん」

私は妻にそれだけ言って背中を向けました。

妻も、泣きながら眠りにつきました。

翌朝、二人は少し戸惑いながらも、昨日のことに触れないように日常会話をして、私は会社に行きました。

夕方、妻からメールが入り、「今から出かけます」とのこと。

すぐに、ピンと来ました。

「行くのか?」と返信すると「ごめんなさい」と一言はいってきました。

「いつ帰る?」と返信すると

「たぶん、明日。夜またメールします」と入ってきました。

ついに、恐れていた事態がまた始まったようです。

また、妻は獰猛な男達の輪の中へ投げ込まれるのです。

いや、自ら、自分の意思でいくのだろうか・・・

私はコンビニで弁当を買って暗い家に帰りました。

そのまま、弁当を食べていると無性に、興奮し、たまらなくなり、妻の下着をタンスから出してみました。

そのまま匂いをかいだり、パンティやブラを舐めてみたりしました。

そうすると、不思議なことに、ペニスに血がドクドクと流れていくのが分かりました。

妻を目の前にして抱けなかったのに、なんということでしょう。

このとき、自分は自分の中で異様な性癖があるのに気付いてしまいました。

一生懸命、その見え隠れする性癖を消し去ろうとしても、それは私の脳裏から離れることはなく、ひたすら、私についてきて、私に、更に自覚するように、自覚して、もっともっと自ら地獄へ落ちるように誘導しているようでした。

結局、私はこの晩、薄々とは気付いていた自分の性癖に完全に屈服し、妻の下着に囲まれて3発も出した後、いつの間にか眠ってしまいました。

起きたのは昼前で、会社に行きそびれてしました。

会社へ連絡し、具合が悪いので休むと伝え、ゆっくりしようと思いました。

ゆっくり、と言っても、妻のことばかり考えてしまい、体が落ち着きません。

ソワソワして、「今頃妻はどうされているのだろう・・・」とそればかり考えてしまいます。

「妻は今何回精子を受け止めたのか」

「妻は何人目の男を受け入れたのか」

「どんな格好をされているのか」

妻のことばかり考えてしまいます。

しだいに、考えれば考えるほど、自分が卑屈になり、もう、妻とは一生セックスをしなくていいから、妻の調教過程を教えてほしいと思うようになりました。

自分の中で素直に、”マゾ”を認めることが多くなってきました。

自分を卑屈にすればするほど、興奮してしまうのが分かります。

「妻が寝取られた・・・それを報告されて喜ぶ自分」

そう思うだけで、体の中のモワモワした気分がペニスに伝わります。

妻から夕方メールがあり、夜帰ってくると入っていました。

コンビニの弁当を食べながらテレビを見ていると、玄関に人の気配がして、妻が帰ってきたのが分かりました。

私は小さな飼い犬のように、急いで玄関に走っていきました。

「お帰り」

私が先に声をかけ、妻のバックなどを持ってあげました。

妻は小さく「ただいま。ごめんなさい」と一言言って上がってきました。

そのままシャワーを浴びて、寝室へ入りました。

私も夜遅いので、そのまま寝室へ入りました。

「・・・されたのか?」と聞くとこくりと妻はうなずきました。

「・・・どんなことを?」と更にたずねました。

その話をさえぎるように妻が「ねぇ、あなた、アオキさんから、いくつか命令を受けてきたの」

「どんな?」

「うん・・・」と言ってメモ紙を出して読み始めました。

「?私とは今後一生セックスしないこと。風俗も禁止。あなたは、自慰のみとする。?定期的に私のオマンコの毛を剃ってきれいにすること?私のトイレ姿を見て、用をし終わったらティッシュで拭く事?指定したホテルへ私を送る事」

「な・・・なんだそれは?」

私は愕然とし、思わず聞いてしまいました。

しかし、妻へ聞く反面、マゾを自覚した今となっては、うれしささえもこみ上げてくる自分にも素直に受け入れることができました。

「?は、もう、私達夫婦は、表面上の事だけで、性生活は無いってこと。私はアオキさんたちの性奴隷だわ。これは一生逃れることは出来ないって今日認識させられたの。もう、素直に受け入れるしかないんだって。?はアオキさん達は毛が無いほうが好きだからって。女房を喜ばす男達のために旦那がきれいに剃るのは努めだって」

私が妻を抱けなかった時を境に妻も気持を決めたのでしょう。

淡々と私達の今後のことを話していきます。

妻も、もう、運命を受け入れる覚悟をした様子が伺えました。

更に妻は続けました。

「?は、私の調教の一部とあなたという立場が私より下だってことを確認させるためだって。アオキ>妻>夫っていう図式みたい。?はこれも調教の過程で、私を男性に売るらしいの。そこへアナタが運転手になって連れて行きなさいって事らしいわ。でも、これはもう少し先になるって言ってたけど」

なんと言うことでしょうか。

アオキの考えでは、私は奴隷である妻よりも立場が下になるそうです。

今後また、どんな命令をされるか分かりませんが、私はこれから妻に屈辱的な事をされるのでしょう。

それに、?は自分の妻を知らない男に抱かせるために、私がそこへ妻を連れて行けと。

・・・屈辱すぎて、屈辱過ぎて・・・

言葉がありません。

「ねぇ、あなた。全部承諾する?私はあなたに従うわ。愛してる・・・」

承諾も何も・・・

普通の夫ならするはずも無い、こんな理不尽な事。

しかし・・・私は「・・・うん、分かったとアオキへ、いや、アオキ様へ伝えてくれ」と言ってしまいました。

いったい私達はどうなってしまうのでしょう。

妻の「愛している」

という言葉を信じて、いつかは戻ってきてくれる、と思わないとやっていられません。

その屈辱の命令から数日が過ぎたある日、妻がまたメモを見せました。

「なんだ?」と聞くと、「・・・アオキさんから預かりました」と返事がありました。

私はそのメモ用紙に目を走らせました。

そのメモには、今日から、私の妻への奉仕を始めるということが書いてありました。

まず「射精したいときは妻の体を見ながら自分ですること」

それと「妻がトイレで排泄したらティッシュで拭いてあげること」

この2点でした。

妻もアオキから前もって言われていたのでしょう。

下を向いて恥ずかしそうにしています。

これらは、自宅で行うことですから、もちろん約束を破ってもアオキには分からないのです。

しかし、既にマゾ人格を目覚めさせられた私は妻に「・・・分かった。この2つは今日から実行する」と言いました。

夕食をとり、風呂に入り、さて、後は寝るだけ、となった時間に、私は緊張しながらも、妻に「・・・見せてくれないか?出したいんだ」と言いました。

精子を出したい、というより、この状況に酔いたい自分がいると、本当は分かっています。

妻はは小さくうなずくと、ベッドに側でハダカになり、ベッドに上がり、足をM字型に開いてくれました。

私は下半身だけ素早くハダカになり、自分のイチモツを握り擦りはじめました。

ミジメでした。

自分の妻に指一本触れられず、妻の体を見ながら自慰をしなければならないなんて。

妻は私に気を使ってか、目を合わせないように、目を伏せながら横を向いていました。

妻を見ながら、私は異常に興奮し、「はぁ・・・はぁ・・・」「ああ・・・ああ・・・」と声を出しながら自分でシコシコと擦りました。

妻に、自分をもっともっと蔑んだ目で見てほしくて、わざと声を出していました。

そして、ついに妻の見ている前で、私は自分の意思で「ああ!!○子、イキ、イキそうだよ・・・イッていい?イッていい?」

と情けなく尋ね、妻の「・・・うん」と言う一言で射精をしてしまいました。

ベッドではお互い無言で眠りにつきました。

眠りについて2時間くらいした頃でしょうか。

妻が私を揺すって起こしました。

「・・・ん?なんだい?」

「あの・・・おトイレに行きたい・・・」

最初は、分かりませんでした。

「ん?ん?」と言いうと

「・・・ほら、今日、メモ用紙に書いてあったでしょう?」と、言われ、思い出しました。

「・・・あ、ああ、そうだったな。どっち?」

「・・・大きいほう・・・」

私はいきなり、言葉を失ってしまいました。

「そ、そうか・・・それじゃ、トイレに行こう」と行って、妻と一緒にトイレに行きました。

妻も、いきなりのトイレ露出で、私にウンチ姿を見せるなんて恥ずかしいに違いありません。

しかし、それでも、私を起こしたのは、妻もやはりアオキに精神的にも肉体的にも支配されているのでしょう。

そう感じました。

そう、思うと、もはや、後戻りはできない。

堕ちるところまで堕ちようと覚悟を決めました。

トイレに行き、ドアは開けたままで妻は下半身を脱ぎ、洋式便器に座りました。

恥ずかしそうに、顔は赤く染めて、横を向いています。

少しだけ、お腹にチカラを入れて、リキんだようです。

すると最初、オシッコがジョボジョボ〜と流れ落ちました。

妻の、いや、女性のおしっこ姿を生で見たのは初めてでした。

すぐに私は興奮してしまい、パジャマの上から股間を触りましたが、おしっこが終わってもまだ足を広げて恥ずかしそうにお腹にチカラを入れている妻を見ると、ガマンできず、パジャマを脱いで下半身裸になり、まだ、だらんと垂れ下がっているイチモツを握り、シコシコと自分で擦り始めました。

妻が、再度お腹にチカラを入れました。

すると、「プッ」という音が。

妻がオナラをしたのです。

夫婦ならベッドで寝ていてオナラをすることなどはありますが、これは新鮮でした。

それから、「プッ、プ〜」と可愛く小さくオナラをした後、ウンチが出てきました。

妻は両手に顔を当てて、下を向いています。

耳まで真っ赤です。

結構、固く、にょろにょろと長い太めのウンチが妻の肛門から落ちてきています。

固いので、なかなか切れることもなく、10センチくらい繋がってます。

まさに健康なウンチでした。

私はそれを見ながら、数時間前に出したばかりだというのに、すごい勢いで擦っていました。

「ポチャン!!」とウンチが便器に落ち、小さいのも「ポチャッ!!」「ポチャッ!!」と落ちて、妻の公開ウンチは終わりました。

恥ずかしそうに「あなた、拭いてもらえますか?」と言いました。

私は「うん、立って、後ろ向いて。そうそう、もう少し、足を広げて。手を壁についてもっとよくお尻を見せて」と、妻を後ろ向きにさせ、トイレットペーパーを自分の手に巻き取り、妻の肛門とオマンコを拭き上げました。

妻のウンチの匂いがしましたが、なぜか臭いとは思わず、逆に愛しいと思いました。

妻に「かわいかったよ」と一言いうと、また顔を真っ赤にさせ、下を向きながらパンティを履いていました。

ベッドに戻りましたが、私は先ほどの興奮が収まらず、

妻に「ごめん、さっきのトイレで興奮してしまったよ。もう一回出したいんだけど」と言うと、

妻は「はい。どうすればいい?」と聞いてきたのですが、先ほどみたいに脱いでもらうシチュエーションではなくて、今度は見てもらいたいと思い、

「黙っててみててほしい」といいながら、下半身裸になり、妻が見てくれている横で、またペニスを握り、シコシコと擦りはじめました。

妻にみてもらいながらの自慰も、それはそれで興奮したのですが、妻のアナルを見たので、今度は自分のアナルも見てほしいと思いました。

妻に「さっきはお前のアナルを見たから、今度は僕のアナルを見てくれないか?」と聞きました。

もう、変態です。

どっぷり浸かってしまいました。

妻も、それには驚いたようで言葉を返しません。

しかし、私は構わず、ベッドの上で妻の足元に向かって顔を寄せ、四つんばいになりました。

つまり枕側に妻の顔がありますので、裸で四つんばいになると私のアナルが丸見えです。

その姿勢で、「見えるかい?」と聞きました。

「・・・はい・・・」と恥ずかしそうに返事をしました。

私は妻にアナルを見られながら、四つんばいでシコシコと自分のペニスを摩り始めました。

夜、一回出していたので、この年になるとなかなか発射しませんでしたが、アブノーマルな自分に酔いしれ、ティッシュをペニスに巻きつけ、更にシコシコと擦りました。

シコシコ・・・シコシコ・・・シコシコ・・・シコシコ・・・

妻が見ているんです。

風俗のお姉さんなんかじゃなくて。

妻なんです。

自分の妻が私の自慰を、オナニー姿を見ているんです。

それも、四つんばいになってアナル丸出しにして。

ペニスにティッシュを巻きつけながら、妻に指一本触れられず・・・

それでもついには妻が見ている前で妻のオマンコではなく、ティッシュに射精しました。

翌朝、会社へ出勤しても、すでに私の脳は、「マゾ」に洗脳されており、仕事も手につかず、妻との変態行為ばかりを思いだしてました。

途中、トイレでオナニーでもしたかったのですが、何しろ若くはないので、ここで出すのももったいないと思い、我慢しました。

夕方になるころには「今日も、また命令が書いた紙を渡されるのだろうか」などと考え、そわそわ落ち着きがなくなりました。

会社帰りに飲みに誘われても断り、速攻で家に戻りました。

「ただいま〜」と帰ると、「おかえりなさい」との声がしました。

そのままスーツを脱ぎ、風呂に入り、夕食をとりましたが、ごく日常的なもので、妻からメモ紙は渡されませんでした。

ガマンできず、「き、今日は、会わなかったの?」と聞いてしまいました。

「うん、今日は会わなかった。でも、夜電話するって言ってました」

電話・・・

電話で指示を出されるのか。

私はそのことを妻から聞いてからどんなことが始まるのか、そわそわとその電話を待っていました。

テレビを見て、さて、と寝室へ入ったところで、妻の携帯に電話がかかりました。

こんな時間です。

すぐにアオキからの電話だと分かりました。

妻は「・・・はい、はい」と素直にうなずいています。

すぐに電話は切れました。

それから、妻が言いました。

「いま、電話が・・・」

「うん、分かってる。何て言われた?」

「出て来いって」

「え!?今から?」

「うん」

「うーん、どこへ?」

「○○ホテル」

「ホテル?」

「そこに、私を抱く男性がいるらしいの・・・あなた、○○ホテルまで送って・・・」

「・・・」

言葉が出ませんでした。

妻を他の男に抱かせるために、夫である私が、ホテルまで妻を送る・・・

一気にペニスが充血しました。

妻はドレッサーに向かい、化粧をし始めました。

そのまま、少しづつ話をしました。

○○ホテルまで妻を送った後2時間、駐車場で待つように言われました。

泊まらないらしいです。

私は妻がだれとも知らない男に抱かれている間中、駐車場で待っていなければならないのです。

その後、妻の目の前で、妻を裸にして、好きなポーズを取らせて、オナニーしても良いと言ってくれたそうです。

妻の化粧と着替えが終わりました。

真っ赤な口紅に、派手な洋服、かなり短いスカート。

かなりいやらしい格好です。

思わず、妻の肩を抱いて、キスしようとしましたが、妻は顔を背け、キスを拒否しました。

私は車を車庫から出し、妻のために助手席を中から開けましたが、妻はそれを閉め、4ドアの後ろに乗り込みました。

私は「運転手」というわけです。

途中、「相手は、お前は知ってるのか?」と聞きました。

妻は「いえ、聞かされてません。たぶん知らない人です」と応えました。

ああ、なんということでしょう。

今から妻が抱かれる相手は、だれとも分からない相手。

その誰とも分からない相手に対して、私は車で妻を送り届けているのです。

ハンドルを握っている両手が震え、汗がにじんでいました。

ホテルの玄関に着き、車を止めました。

妻が「・・・それじゃあ、行ってきます」

「・・・うん。駐車場で待ってるから、終わったら、携帯に連絡くれ」

そう言って妻と別れました。

妻と別れて2時間10分が経ちました。

私は途中、コンビニに行って、ジュースを買ってきました。

のどがカラカラに渇くんです。

ビールにしようかとも思いましたが、車を運転しているし、その後、妻の話を聞きながらオナニーすることを考えると、アルコールは控えました。

更に20分経ち、2時間半になりましたが、妻から連絡はありません。

私の息子は、ビクビクと脈打っています。

妻に連絡しようかとも思いましたが、ここは、待っていたほうが良いと思いました。

いつまでも、その”行為”が終わるまで待つのがマゾの作法かと判断したのです。

それからすぐに私の携帯に電話がなりました。

妻からでした。

私は急いで、電話を取りました。

「もしもし!無事か?」

「・・・はい。今、3人目が終わりました。あと2人くらいいらっしゃいますので、もう少し待っててください。ごめんなさい」

そう言って電話は切れました・・・

えっ!?3人?あと2人?どうなってるのでしょう?妻とホテルにいるのは5人の男性?妻は5人から責められてる?息子が疼き、ガマンできなくなってきました。

もうガマンできないっ!と思った私は妻から電話があって10分くらいして妻へ電話をしてしまいました。

プルルル・・・プルル・・・

しばらくして、妻が出ました。

しかし・・・

「ハァ・・・ハァ・・・あ、も、もしもし・・・ああっ!ああっいいっ!!」

私が電話をしたとき、妻はすでに誰とも知らない4人目の男に抱かれていたのです。

「も、もしもし!○子か!」

「はあ、はぁ、はい、私です・・・ああっ!ああ!!い、イックゥ〜っ!!」

プツッ・・・

その瞬間電話は切れました。

私はホテルの駐車場だと言うのに、いつ誰がくるかも知れないというのに、ズボンのチャックを下げ、ビクビクしているペニスを取り出し、先ほどの妻のアエギ声を思い出しながら、激しく、激しく、チンポを擦り、あっという間に射精しました・・・

結局、3時間半くらいして、妻は戻ってきました。

かなり疲れた顔をしています。

化粧も取れきっています。

来たときと同じように、助手席ではなく、後部座席に乗りました。

そのまま目を閉じ、疲れを取ろうとしていました。

妻のことを考え、しゃべりかけないで家まで帰ろうと思いましたが、我慢できず尋ねてしまいました。

「何人の人とヤッタの?」

「・・・5人」

「知ってる人?」

「ううん、全員知らない人」

「どんな人?」

「アオキさんが、5,000円で私を抱かせたみたい。何発でもOK。中出しOKって聞いたって」

「・・・」

「その辺のサラリーマンよ。しかも50代とか。頭がハゲてたり、脂っこかったり」

「中出しもされたの?」

「・・・うん」

「何回くらいされたの?」

「・・・ごめんなさい。ちょっと疲れたの。休ませて」

それからは無言で家まで帰りました。

家へ帰り車庫に車を入れると、妻もヨロヨロと立ち上がり部屋へ戻りました。

そのまま服を脱ぎ、シャワーを浴び、寝室へ戻ってきました。

かなり疲れているようでした。

そのまま寝そうでしたので、「あ、約束・・・」と言いました。

「え?なに?」

「あ、ほ、ほら、帰ってきたら、君の裸を見せてくれるって。それでオナニーしてもいいって・・・」

「・・・ごめんなさい。もう、本当に今日は疲れてるのよ。許してくれない?」

「あ、ああ。そうだね。悪かった」

と言って二人で一旦は寝ましたが、私は悶々として眠れません。

ガマンできず、妻に「あ、ご、ごめん。やっぱり、ガマンできない。○子はそのまま寝てていいから、俺、横に立って、自分でしていいか?」と聞きました。

妻は眠そうな目をこすりながら、半ば呆れた顔をして、さらに見下した目まで向けながら、「・・・どうぞ」と一言だけ言って、うつぶせになって寝ました。

その横で、私は全裸になり、妻の寝姿を見ながら、シコシコとミジメなオナニーをしました。

頭では分かっていたつもりだったが、この現実を見せられ、本当に、本当に、私達夫婦はもう、戻れないところまできてしまったのだ、という絶望感で頭が一杯になった。

とても怖かった。

震えがきてしまった。

それ以来、朝から、すでにマゾ生活のことを考えるようになった。

仕事のことやプロ野球の結果など、全く興味をもたなくなった。

私の脳みそは全て、妻のこと、マゾのことしか考えることが無くなった。

「妻が今日は誰にヤラれるのか、どのようにヤラれるのか」と毎日のように考えて妄想してしまう。

朝から「おはよう」と言ってくれる妻を見ては「ああ、そのかわいい唇で名前すら知らない、初めて会った男のモノを咥えるんだなぁ」と思い、パンにジャムを塗って、渡してくれる白いきれいな長い指を見ては「そのきれいな手で、指で、男のイキリ立ったものを握るのか」と想像する。

一瞬でも妻に触れることはなくなった。

できなくなった。

夜は、一緒にベッドには入るが、お互い寄り添うことはない。

お互い背中を向いたまま寝てしまう。

夜中起きると、私は居間のソファーに移り朝を迎えることもある。

妻もそのことを分かっているのか、全くそれについては触れようとしない。

私のようなマゾには妻も神々しく、畏れ多いものになってしまった。

私などが、手を触れてよいべきものではないのだ。

直接、妻に手を触れなくなってから逆に、妻が普段、家庭で触っているものが、時には私のオナネタになる。

洗面台のバスタオル、ハブラシ、髪をとくブラシ、果ては冷蔵庫を開け閉めする取っ手なども。

台所はオナネタの宝庫になった。

ナベやフライパンですら、私はそれを手にとり取っ手の部分にほおずりし、舐めてしまう。

時には取っ手をペニスに見立て、口に含み、前後に動かし・・・

妻に指一本触れなくなって2ケ月くらいが過ぎた。

その間、初回を含めて3回、妻をホテルに送った。

それから、ホテルの駐車場で行為が終わるのを3時間も4時間も待ち、妻が外に出てくると、急いで車を玄関に走らせる。

妻は一言も言わず、後部座席に乗り込み、疲れたように目を閉じる。

自宅へ帰るまでの間中無言だ。

ある夜、妻が「ちょっと、お願いがあるの」と言ってきた。

「なに?」と聞いた。

「アソコの毛を剃ってほしいの」

「えっ!?」

「最近、よく、私を抱く人が、アソコの毛が無い人妻を抱きたいんだって。しかもそれを亭主に剃らせたいんだって」

私は言葉が出ませんでした。

どこの誰とも知らない男が、自分の妻を抱く。

その為、私は妻を男の下へ送っているんです。

それだけでも発狂ものなのに、自分の趣味だから毛を剃ってほしいと?しかも、私が?亭主の私が、自分の妻の毛を男のために?しかし、私はこう言うのです。

「・・・うん、分かった」

妻はソファーに座り、浅く腰掛け、腰を手前に持ってきて、足を大きく開きました。

私は洗面器にお湯を汲み、いつも使う髭剃りを持ってきました。

シェービングフォームをあわ立て、妻のアソコに塗りました。

間接的ではありますが、久しぶりに自分の妻に触ることができた瞬間、ペニスがビクッ!としました。

ムクムクと少しづつ固くなってくるペニスをよそに、シェービングフォームを比較的広範囲に広げました。

髭剃りを暖め、妻のアソコの毛に当てます。

まるで、初めて女性のアソコを見るような青年の気持で、手を震わせながら、妻のオマンコをさわり、広げたり、してゆっくり毛を剃っていきました。

久しぶりに見る妻のオマンコはなんだか、クリもビラビラも肥大化しているような感じがしました。

薄い桃色だった色は赤く成熟したどっちかというと熟れたカキのような色になり、オマンコ全体の弾力がなくなったような気がします。

丁寧に、丁寧に、ゆっくりと時間をかけて、妻のオマンコから毛を無くしました。

早く終わらせるのがもったいなかったのです。

次はいつ、妻のオマンコを見れるか分かりませんから。

いや、妻の体の一部にでも触れる機会すらないのです。

「・・・終わったよ」と私は妻に告げました。

「ありがとう」と妻は言って、立ち上がりシャワーを浴びに行きました。

私は一足先にベッドに入っていると妻も戻ってきて、ベッドに潜り込みました。

妻はすぐ「おやすみ」と言って背中を向けましたが、私はオナニーしたくてたまりません。

妻に返事をしないでいると、妻もしばらくして感づいたようで「・・・したいの?」と聞いてきました。

「・・・うん」と応えると「どうぞ」と呆れた口調で言って眠りに着きました。

この”どうぞ”はもちろん、”私の体を使ってセックスしていいわよ”のどうぞ、ではありません。

”この、変態マゾ。勝手にやったら?”のどうぞ、です。

私はベッドから抜け出し、パジャマを脱いで裸になりました。

妻にそのように言われてうれしいのです。

しかも今日は久しぶりに妻のオマンコを見ることもできました。

こんな日はいつもと違ったオナニーを楽しみたい、いつもよりちょっと贅沢したい。

そう思った私は妻に「お、おかず・・・くれないかな?」と恐る恐る聞きました。

普段なら畏れ多くて言えません。

でも、今日は、贅沢なオナニーがしたかったのです。

妻はチラッと私を見て、布団の中でパンティを脱いで、無言で渡して、また目を閉じました。

私はまさか、こんなお宝をもらえるとは思わず、小躍りしそうな心境でした。

つ、妻のパンティだっ!!手に取った瞬間、ペニスは、ギューンと上を向き、私は右手でペニスをしごき、左手でパンティを顔にあて、マジマジと見たり、匂いを嗅いだりしながら、楽しみました。

それ以来、1週間に1回くらいのペースで妻のオマンコの毛を剃らせてもらうことができるようになりました。

しかもたいてい、その日は、妻はご褒美にパンティを投げてくれます。

私はそれを手に取り、全裸になってオナニーに励みます。

何回目かの妻の毛を剃ったとき、妻と夕食を取っていると、妻の携帯に男性から電話がありました。

妻はなにか男性としゃべっていましたが、「あなた、代わって」と私に携帯を渡しました。

「えっ!い、いいよ、ヤダよ」と言いましたが、妻は強引に私に携帯を持たせます。

しょうがなく、「も、もしもし・・・」と応えると、「お、あんたが、○子のオマンコの毛を剃ってくれてる旦那か?」と聞くので「はい」と答えました。

「そうか、あんたのおかげで○をもっと喜ばせてやってるよ。俺はどうも毛がキライでな。あんたは毛を剃るのが上手だ」と言って電話が切れました。

私の妻なのに呼び捨てで○子と呼び、毛を剃るのがうまいと褒める男。

普通じゃない感覚ですが、単純に、毛を剃るのがうまいと言われて喜んでいる自分がいました。

最近は、妻のオマンコを剃るときは、妻を抱いてくれている男性に喜んでもらえるように、丁寧に、丁寧に、ゆっくりときれいに毛を剃ります。