妻が出張先でドバイのイケメン大金持ちに寝取られた

私は27歳のサラリーマンです。

仕事にもやりがいを感じ始め高校生から付き合っていた彼女とも昨年結婚し、自分なりに充実した人生を送っているつもりでした。

私の妻は自分で言うのもなんですがかなりの美人です。

名をサヤカと言い女優の加藤あいさんに似ていて、スタイルも良く脚がとても長い女性です。

本当に自分にはもったいない妻だと思います。

恥ずかしながら、サヤカは昔から頭の方も私より圧倒的に優秀で自分よりも何倍も大きい会社に勤めています。

サヤカにとっても私にとってもお互いが初めての人であり性にはお互い奥手で、子供もまだつくるつもりがなく、結婚後も、妻が働きたいというのでそのまま働いてもらっていました。

そしてある時、妻の一週間の出張が決まりました。

場所はドバイでした。

私は一週間妻に会えないのはつらいと思いましたが、妻は観光ができると嬉しそうに喜んでいました。

また、仲の良い子も一緒に出張に行くことになったと一日中はしゃいでいました。

この仲の良い子というのは私も知っている子で、名をエリカと言いサヤカの大学の同級生でよく私とサヤカ、エリカとエリカの彼氏でダブルデートなどをして一緒に大学時代に遊んだ仲です。

ちなみに私の頭ではサヤカと同じ大学へ行けるわけもなく、サヤカの大学での様子などはこのエリカちゃんによく聞いていました。

エリカちゃんはサヤカとは真逆のタイプの女の子で性に奔放というか、ダブルデートのたびに彼氏が変わっていたりサヤカがいることをわかっていながら私を誘惑してきたこともあり正直私にとっては苦手なタイプの女の子でした。

しかし、サヤカにとっては良い友達で、害もないため私は快くサヤカをドバイに送り出すことに決めました。

他にサヤカと一緒にドバイに出張に行く者たちもサヤカと一回りも二回りも年の違うおっさんなどだったので何の心配もしませんでした。

そして、妻が出発する日が来ました。

私もたまたま仕事が休みだったため空港までサヤカをお見送りに行きました。

はしゃいでいたサヤカも出張当日にはさすがに仕事モードになっており私は安心して彼女を送り出すことができました。

サヤカも頑張っているのだからと翌日から、私もいつもよりもいっそう力をいれて働きました。

そして、サヤカが出発してから二日たったある日の夜、暇を持て余した私の元に一通のメールが送られてきました。

サヤカからではなくエリカからでした。

メールには一枚の写真が添付されていました。

とても彫りが深く、眼光のつよい、今までに見たことのないようなイケメン外国人の画像でした。

年は見た感じ私と同じくらいでした。

わたしは向こうの俳優かなと思いエリカに返信を送りましたが、その日はエリカからメールは帰って来ませんでした。

そして次の朝、目を覚ますとエリカからメールの返信が返ってきていました。

メールには、

「ドバイの取引先の貿易会社の大金持ち若社長~」

「昨日の夜に寝室に誘われちゃって、一緒に寝ちゃった~」

「私も今までいろんな男の人と寝てきたけど、ありえないくらい気持ちよくて今まででダントツ一番。何回も逝かされちゃった。気持ちよすぎて生で中だし許しちゃった~」

「こっちは一夫多妻制で彼は妻が3人いる上に、愛人がいっぱいいるんだよ~顔と権力を使って毎日毎日ヤリまくりみたい。こっちでもヤリチン社長で有名みたいだよ」

「本当は私とサヤカ両方誘われたんだけど、サヤカは嫌がって結局私だけ寝室に行っちゃった」

「でもあの社長、押しがメチャメチャ強い上に、サヤカのこと全然あきらめてないみたいだから。やばいかもよ~~~」

「私は今日の夜も寝室に誘われてるからもちろん行っちゃう~」

「真剣に四人目の妻に立候補しちゃおっかな。イケメンで大金持ちなんて完璧だし。なんちゃって~」

「とにかくサヤカもやばいかもね~」と書かれていました。

そして、画面の最後に写真が一枚添付されていました。

今まで見たことのない大きなイチモツでした。

おそらくドバイの若社長のイチモツでしょう。

私は、一瞬ゾクッとサヤカのことが心配になりました。

しかしよく考えると、サヤカはエリカのように股が緩いバカではないし、性に元々興味がないため、常識的に絶対に社長の話には乗らないだろうとあまり心配せずに、いつも通りすぐに会社に向かいました。

そして、その日は仕事が溜まっており夜遅くまで帰れず結局、家に帰宅した時には夜の2時を回っていました。

そして気が付くとまたエリカから私にメールが来ていました。

時間別にメールが五通も来ていました。

私は朝のエリカのメールを思いだし再びゾクッとした感情に襲われました。

恐る恐る私は一枚目のメールを開きました。

一枚目のメールには、

「今から私とサヤカと若社長の部下の女の人と若社長と若社長の男友達二人、計6人でお食事で~す」

「ちなみにただのお食事ではありませーん。社長も思い切ったことするなー」と書かれていました。

また六人で一緒に楽しそうに食事をしている写真も一緒に送られてきました。

私はエリカの言葉に疑問を持ちながらもサプライズか何かだろうと、楽しそうに移っているサヤカをみて安心しました。

しかし2枚目のメールを開き私は驚きました。

若社長の部下の女の人であろう外人と、若社長の男友達の一人がSEXしている画像が貼られていました。

メールには、

「今、私と社長の男友達、社長の部下ともう一人の男友達でSEXしてま~す」

「この写真は私がSEXしながら横で撮ったものでーす」

「私のSEX写真も欲しい?」

「残念ながらサヤカはSEXしてないから写真ないよ~」

「でも・・・・・・・・・」

と書かれており。

「↓」矢印が下の方に無数に連なっていました。

矢印にそって画面を下にスクロールしていくと、もう一枚画像がそこには貼られていました。

私はその画像を見て驚きました。

先ほどのSEXをしている若社長の女部下の後ろに、サヤカが写っています。

確かにサヤカはSEXもしていないし、服もしっかりと着ているようです。

しかしその横には全裸でサヤカを口説くドバイの若社長の姿がありました。

写真を見る限りではサヤカは真っ赤な顔で恥ずかしそうに社長の口説きを拒否しているように感じられます。

また、写真をよくみると、そこが一枚目に送られてきた、サヤカ達が食事をしていた場所だときずきました。

私はエリカの書いていたことがようやくそこで理解できました。

サヤカが罠にはめられたのだと、サヤカ以外が全員仕掛け人で、食事後その閉ざされた部屋の中、社長に口説かれているサヤカの目の前で男女四人が全裸になり激しいSEXをし始めたのだと。

そして社長もSEXのために裸になったのでしょう。

サヤカをHな気分にして社長とサヤカがSEXをできる環境をエリカ達が作ったのです。

私はエリカへの怒りと共に、やっと本格的にやばいことが起きていることに気つきました。

そしていてもたってもいられず三枚目のメールをすぐさま開きました。

そこには「ごめん。社長が協力しないと、もうエリカとはSEXしないっていうから」という文面と一枚の画像が貼られていました。

そこには床に投げ捨てられた見覚えのある衣服と下着が写されていました。

サヤカのものです。

私は頭の中がまっしろになりました。

このまま四枚目のメールを開くとたぶん自分が自分ではなくなってしまう気がします。

しかし、もしかすると結局サヤカは社長に脱がされはしたもののSEXまでは許さなかったという報告かもしれないと最後の希望を持ち四枚目のメールを開きました。

私は最後の希望を持ち4つ目のメールを開きました。

そこには音声が添付されていました。

私は心臓をドクドクさせいけないと思いながらも自分の感情をを抑えることができず間髪いれずにその音声を再生させてしまいました。

数秒すると

「んっあっっっあああああ・・・!!・・・・」

「アンッッ・・・・アッ アッ アッ・・・」

「あっ・・・・んあああああっっんんんん!!!・・・」

「無理っ・・・無理・・・んっつああああ・・・・・・」

パン・・・パン・・・パン・・・パン・・・パン・・・パン!

「あんっ・・・あんっ・・・あんっ・・・あんっ・・・・・・」

という聞きたくなかった女性の激しい喘ぎ声やピストン音が案の定、スピーカーを通して私の耳に聞こえてきました。

私は再生してしまうとこうなることは頭の中ではわかっていましたが実際に喘ぎ声を聴くと、これまでにないほどの絶望感に体が犯されてしまいました。

しかし、よくよく聞くと、聞こえてくるそれはサヤカの喘ぎ声ではありませんでした。

私が肩を落として聞いていたそれはエリカや外国人女性の喘ぎ声でした。

その後もエリカ達の喘ぎ声だけが数分続き、サヤカの声は一切聞こえてきませんでした。

私がよくわからずこれ以上聞いても意味がないだろうとファイルを閉じようとしたその時・・・今までに聞こえてきた声とは違う人物の声が微かにスピーカーを通じて私の耳に聞こえてきました。

「んっ!・・・ふっ・・・・ふっ・・・・あっ・・・・っふ・・・・ふっ・・・・」

と口に手を抑えているようなくぐもった嬌声です。

私はすぐさまファイルを閉じることを止め、その嬌声に集中しました。

その嬌声は、エリカ達の喘ぎ声には敵わないものの時が経つにつれどんどん大きく私の耳に聞こえてきます。

しかし必死に喘ぐことを我慢しているのでしょう。

「ふっ・・・・んふっ・・・・ふっ・・・・っふ・・・・」

という苦しそうな息ばかりが聞こえてきます。

しばらくそれらの女性たちの入り乱れた喘ぎ声を聞いていると

ピタッと急に、エリカや外国人女性の大きかった嬌声が聞こえなくなりました。

スピーカーからは

パンパンパンパンパンパンパンパン!

という激しいピストン音と

「ふっ・・・・っふ・・・・ふ・・・・っあん・・・・」

という先ほどの苦しそうな女性の吐息だけが聞こえています。

女性の息も速くなるピストンと共に先ほどにも増して荒くなってきているように感じます。

それに合わせて徐々に私の脳にも再び不安が生じなぜか心臓がとてつもなく苦しくなって来ました。

女性はもう限界なのでしょう。

ガトリングの如く激しいピストン音にあわせてしだいに

「ふっ・・・・んんんんんんっ!!!!・・・」

と淫ら声を漏らし始めました。

そして数分後

「んあっっっっっ!!!!!!!!ああああああああああっ!!・・・」

という限界を超えたであろう女性のはっきりとした淫らな嬌声が私の耳に聞こえてきました。

私はその場にくずれ落ちました。

正直、途中からほぼ覚悟はしていましたが。

こうはっきりとした声を聴かされると認めざるをえません。

聞こえてきた嬌声は間違いなくサヤカのものでした。

その後数分間今までに聞いたことのないような激しいサヤカの嬌声が脳内に響き渡り音声は途切れました。

私は四つ目のファイルを閉じ五つ目のメールを無意識に開いていました。

そこには、私に追い打ちをかけるかの如くエリカに前日に写真で見せられた、ドバイのイケメン社長とサヤカがお互いに全裸で交わっている写真がエリカの「サヤカめっちゃエロかったよ~」という文章と共に添付されていました。

疑惑が確信に変わりました。

サヤカは真っ赤な顔を両手で抑え、とてつもなく大きなイチモツをまるでひっくり返ったカエルのように正常位で受けとめていました。

サヤカは社長を拒む意識とは裏腹にどうしても表にでてしまう悦楽の表情を必死に隠している様でした。

悔しくて、悲しいはずなのにスタイルの良い美男美女の交わった画像に私のアソコはいつのまにか反応してしまってました。

私は現実から逃げるようにその日は静かに瞼をとじ眠りにつきました。

そして瞬く間に朝が来ました。

起きた瞬間、昨日のことは夢だったのではないかと一瞬思いましたがパソコンの画面の、昨日消し忘れたサヤカとドバイ社長の裸で抱き合っている画像を見て一気に現実に引き戻されてしまいました。

私はとてもではないですが会社に行く気にはなれずその日はしかたなく会社に連絡し、有給をもらいました。

何に対してもやる気が起こらず、すぐにまた眠りにつきました。

そして、再び目をさましたころには窓にはオレンジ色の木洩れ日が差し込みすっかり夕方になっている様でした。

パソコンには新たなメールがまた一通エリカから来ていました。

そのメールはお昼頃に来ていたようでファイル開いてみると、そこには「今日は仕事が昼までで、昼からはみんなで観光をする予定だったんだけど、サヤカが社長に気に入られちゃったみたい」

「サヤカだけ今社長の部屋にいるの」

「いったい何してるんだろうね。サヤカは一応嫌がってたけど、取引先の社長ということもあって私達が無理矢理行かせちゃった」

「まぁ実際はそんな理由は関係なく、社長がそうしないと私の相手してくれないっていうから行かせただけだけどね」

「でもこれで私も社長に相手してもらえることになったから、その時一緒にいろいろ教えてあげるね」と書かれていました。

エリカは私に何の恨みがあるのだろうか、もとはといえばこうなったのもこいつのせいだ。

本来ならエリカにとてつもない殺意が湧き、今すぐにでも辞めろとという電話をするのだろうが、どうせもう無駄だろうと反論する力もなく、私はしばらくしてまた眠りについてしまっていました。

目を覚ますと今度は深夜の一時になってしまっていました。

パソコンにはしっかりとエリカからのメールが送られてきていました。

脳内では拒否していても体がかってにファイルを開いてしまいます。

開いた瞬間、まず一枚の写真が私の視界に大きく入ってきました。

その写真にはサヤカが、ニヤっとしたドバイ社長に頭を両手でつかまれ、その大きなイチモツをその美しく小さな口にねじ込まれている姿が写っていました。

イマラチオというやつです。

私は今までサヤカにフェラなどをやらせたことはありません。

私は社長に怒りを感じると共にサヤカが苦しそうな反面、悦楽の表情をしていることに疑問を感じました。

次に視界に飛び込んできた写真はサヤカの美しい顔に社長が白濁色というには濃い、真っ白で大量の精液をぶっかけている画像でした。

私はこれらの様な行為はAVの中でだけの出来事だと思っていました。

そして、これらの画像から社長が私のサヤカをあたかも自分の所有物ように扱っていることがわかり私はものすごい屈辱感に襲われました。

そして最後にエリカから

「私が、社長の部屋に戻った時にはサヤカ、私が入ってきたこと気つかないくらい社長と激しいSEXしてたよ~」

「表面上社長とのSEXは嫌がってるみたいだけど、身体はもう堕とされてるんじゃないの~」

「やばいよ~」という文章が添えられていました。

妻はあと数日はドバイから戻って来れません。

私は考えることを止め、再び眠りにつきました。

憂鬱な朝がやってきました。

パソコンのメールボックスに目を向けると、また新たなメールがエリカから私に来ていました。

内容を見てみると「サヤカ朝から社長に精液飲ませてもらってるよ~」

「私には飲ませてって言っても飲ませてくれないのに。いいな~」

と書かれていました。

そこには社長のイチモツをいっぱいいっぱい口に含ませた、いままさに精液を飲まされている所であろう少し苦しそうなサヤカの顔のアップが一緒に添付されていました。

朝からまた嫌なものを見てしまいました。

しかし、ファイルを開いたのは自分です。

今日も会社を休むことはさすがにきついので重い足をひきずりながらも会社に向かいました。

体に力が入らず小さなミスを何度かしてしまいましたが何とか仕事を終わらせ夕飯時には家に帰ることができました。

家に帰ってパソコンのメールボックスをいち早く確認しましたが今日は新たなメールは一通も入って来ていませんでした。

私は翌日が休みだったこともあり、夕食を食べすぐに友達と夜釣りにでかけました。

久々に気持ちが解放されリラックスすることができたとても充実した時間でした。

そして釣りを終え、朝早く家に帰ってくると今度は二通もメールが私に来ていました。

やはり二通ともエリカからのものでした。

すぐにファイルを開くと

「私達明日はオフで自由時間の日だから今日の夜から明日の夜まで社長と一日中SEXするの~」

「もちろんサヤカも横にいるよ」

「社長はこの一日を使ってサヤカをモノにするつもりかもね~」

という恐ろしい言葉と共に動画が添付されていました。

動画を再生すると、そこにはドバイ社長にものすごい速さで、後ろから両腕をつかまれ、バックの姿勢で突かれているサヤカの姿がありました。

パンパンパンパンパンパンパンパン!

「あんっ!!・・・あんっ!!・・・・あっ!!逝く、逝く、逝く、逝っちゃうっっっ!!!!!!・・・・」

体を過剰に痙攣させているサヤカの姿がありました。

動画に写る全裸の男女はまるで理性を失った獣の様でした。

私はもちろんサヤカを逝かせたことなんてありません。

サヤカの初めてをまた一つ奪われました。

そして逝きつかれて朦朧としているサヤカに社長が優しくキスをしたところで動画は終わりました。

私はすぐに二つ目のファイルを開きました。

二つ目のファイルにも動画が添付されており、再生すると今度はドバイ社長とサヤカが対面座位でSEXをしている動画が目の前映し出されました。

ドバイ社長はこれでもかという程強く、サヤカを自分に抱き寄せて、そのいかつい両腕でサヤカの華奢な両乳首を弄びながら激しいピストン運動を行っています。

また数分経つと、悦楽に逝き狂うサヤカに追い打ちをかけるかの様に社長は自らの唇でサヤカの口を覆い、サヤカの口内に舌をねじこむという行為を始めました。

始めは舌を拒んでいたサヤカも時間が経つにつれて社長から与えられる快楽に負けてしまったのでしょう気が付けば完全に社長の舌を受け入れ、その口内に大量の唾液を注ぎ込まれてしまっていました。

しばらくすると、視点がサヤカの周りに捨てられているいくつもの使用済みのコンドームに移され動画が終わりました。

私が頭の整理をできずにいる間にすっかり陽が昇り、また新しいメールがエリカから入ってきました。

内容は昨日と同じで

「今朝もサヤカが社長の精液飲ませてもらってる~いいな~」

というものでした。

また、昨日と同様にサヤカがドバイ社長のイチモツをいっぱいいっぱいに口に含ませ、精液を飲まされている所の顔のアップ画像が一緒に添付されていたのですが、今日のサヤカの画像は明らかに昨日の朝の画像とは異なったものでした。

サヤカは自分の口にイチモツを入れられ、口内に精液を注ぎこまれているのにも関わらず頬をあからめ気持ちよさそうな顔をしていました。

私はこの画像をみて事態の重大さを改めて実感しました。

私が昨日一晩中、釣りを楽しんでいた間サヤカは社長と先ほどの動画の様なはげしいSEXをし続けたのでしょう。

この一晩でサヤカが大きく変えられてしまった気がしました。

そして今もサヤカは社長とのSEXに励んでおり、今日の夜にはさらに変わったサヤカになってしまっているのだろうと頭が痛くなりました。

そしてそうこう考えているうちにお昼になりまたエリカから一通のメールが来ました。

中を見るとそこには

「真剣にやばいかも~」

「社長が本当にサヤカのこと気にいっちゃてサヤカを四人目の妻にしようと今、横でSEXしながらサヤカのこと必死に口説いてる」

「サヤカはアンアンいいながら断り続けているみたいだけど時間の問題かもね~」

「サヤカはもしかしたらもう日本に帰って来ないかもしれないよ~」

と冗談にもならないことが書かれていました。

そこでまた私はとてつもないことを思い出しました。

エリカが以前にも少し話にだしていたことですがドバイは一夫多妻制の国家なのです。

ドバイの金持ちは四人まで妻を持つことができ、その一人一人に子供を産ませることができるのです。

エリカが社長の四人目の妻になろうかなと以前に言っていたことはまさにそういうことだったのです。

あの時は何をいっているんだかとスルーしていましたが、いままさにサヤカの取引先のドバイの社長はサヤカをその四人目の妻にしようとしています。

幸いサヤカは今、その誘いを頑なに断っている状況です。

私は一目散にサヤカの携帯に電話をいれました。

何度も何度もサヤカに電話をかけました。

しかし案の定、サヤカには連絡がつきませんでした。

私は出られなかったのだと信じたいです。

そして混乱した頭でいろいろ考えているうちにしっかりと陽は沈み、夜になってしまいました。

食事も喉を通らず、お風呂に入って寝ようとしたその時エリカからまた一通のメールが私に届きました。